マセラティ

マセラティ クアトロポルテ[0001]|ガラスコーティング施工事例

DSC_5137b

マセラーティ クァトロポルテ V8。ガンディーニさんのリアフェンダーにほれ込んだ方は、数多くいらっしゃるのではないでしょうか。内装しかり、外装しかり、しっかりと濃い味がします。ほとんどの方が実車をまの当たりにすると、すげー かっこいいー っと唸ります。デザインの魅力ですか。ちなみに私は初代のクァトロポルテのデザインが大好きです。そして現行モデルは同じように進化したような感じです。かなり魅力的ですが、勇気がいります(笑)丁寧に磨きまして、ガラスコーティングで覆い尽くします。

DSC_5149a
紋章 この紋章はイイ 何とも言えない質感です

 

DSC_5137b
この紋章も 魂がふき込んであるようで、これまた良いですねー

 

DSC_5136a
アルミは 純正 とてもキレイですが、各所に黒い粒々が・・・ シクシク

 

DSC_5140
見る内装、ドアの開口角度は抜群!

 

DSC_5142a
色合いがスーパーカーです

 

DSC_5144b
リアシートも同様、とてもキレイで張りもあります

 

DSC_5145
ここがガンディーにセンセの力のこもった部分!

 

DSC_5151c
このスタイルも日本人では想像つきがたく踏み出せない形か・・

 

DSC_5152
ハデさはないものの力は 感じます。

 

DSC_5153b
どことなく寂しげな孤高の戦士 マセラッティ という感じですね

 

DSC_5190a
傷でーす 全体こんな感じですので ご飯茶わんのような、白磁のような感じは今はでていません。もちろん磨くと すっきりー します!

 

DSC_5181a
早速ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 進行中です!

 

DSC_5194a
照明により微細な傷も発見出来ますし、作業効率も上がります。ですがーっ 眼は非常につかれまーす。

 

DSC_5197a
磨き中 磨き中

 

DSC_5221a
磨き上がりました! 黒ずんでいた雰囲気も取れまして シャキッと仕上がっております。

 

DSC_5222
ピチピチです

 

DSC_5231a
スーパーカーな形状ですねー ここの中も汚れておりましたのでー

 

DSC_5242a
磨き上がりましたので、これより細部、ガラスコーティングと相成ります。

 

DSC_5318a
エンジン 燃え盛る赤いヘッド!

 

DSC_5319
キレイですねー

 

DSC_5322a
サロン画像

 

DSC_5323a
サロン画像

 

DSC_5326a
マセラッティ時計 ピカピカですねー

 

DSC_5327a
メーターもご覧の通り魅力的です

 

DSC_5329
助手席の前はこんな革のインテリアです。雰囲気ありありです。

 

DSC_5330
ドアポケットには小さな毛はたきが! 洒落ていますねー 化学モップじゃないんですね(笑)

 

DSC_5341
磨き上りとコーティング終了です

 

DSC_5344
仕上がりです

 

DSC_5348
白磁のような質感ですねー

 

DSC_5350a
後ろ姿で圧倒出来るデザインはそうそうおめにかかれませんねー! 完成です ありがとうございます

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

関連記事

-マセラティ

© 2021 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー