洗車とコーティングに役立つ知識

マツダコーティングのおすすめは?ディーラー専門店どちらがよいか

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。

「マツダの営業に、コーティングを勧められてるけど、やったほうがよいのかな。」

「マツダ純正のコーティングと、専門店での施工どちらがよいのだろう。」

マツダらしいエレガンスを追求した「魂動デザイン」に見惚れ購入した愛車を、ずっと綺麗に保ちたい!という思いから、コーティング施工の検討をされている方は多くいらっしゃるかと思います。

しかし、営業の勧めるマツダ純正コーティングがよいのか、それとも専門店がよいのか、悩まれている方もいると思います。念願のマツダ車を購入してこれからコーティングをすべきかどうかで悩んでいませんか?

そこで本記事では、マツダ純正コーティングの内容や価格、専門店との違いについて、紹介します。

弊社ポリッシュファクトリーは車コーティング一筋30余年、新車中古車の施工台数は20,000台超という経験がございます。

これまで頂いたお客様からの情報や、同業界における経験に基づく知識をもとに、説明させていただきたいと思います。

参考

なぜ新車にコーティングが必要なのか、を確認されたい方はこちら

新車コーティングはどこでやるのがおすすめ?ディーラーより専門店?

マツダ純正コーティングの内容・価格

 MG-PREMIUMMG-PREMIUM3MG-3MG-1
サポート期間5年3年3年1年
MAZDA2,ROADSTER,軽自動車の価格83,380円72,380円51,150円40,150円
CX-3,CX-30,MX-30,MAZDA3の価格88,880円77,880円56,650円45,650円
MAZDA6,CX-5,CX-8の価格99,880円88,880円67,650円56,650円

まずは、マツダ純正のコーティング内容について説明させて頂こうと思います。

純正コーティングには、MGシリーズというボディコーティングが3種類あります。MGシリーズには、大きく3つの特徴があります。

独自開発されたガラス質のコーティングであること

マツダのMGシリーズのコーティングは、独自開発されたガラス系コートにより、きらめくような光沢と深く質感のあるツヤ、そして撥水性能をお車に持たせます(マツダHPより引用)

注意する点としては、完全無機質のガラスコーティングではなく、有機系溶剤を含む「ガラス系」コーティングであるということです。

有機系の溶剤を含む「ガラス系」コーティングは、無機質のコーティングに比べ、熱や紫外線による影響を受けやすく、有機系の汚れ(花粉や黄砂、排気ガスなど)もつきやすいので耐久性が劣ります。

サポート期間があること

コーティングのグレードにあわせて、サポート期間なるものが存在するようです。MG-3コーティングであれば、3年、MG-プレミアムなら5年になります。

マツダより引用

このサポートの内容と条件はよくディーラーに確認頂くことをおすすめします。

サポートとは、塗装の光沢が通常の使用状態において明らかに劣化した場合、無料でその部位の再施工をする、ことを指すようですが適用条件として、「定期的で適切なお手入れや洗車が必要」とあるので、具体的な条件は把握しておきたいですね。

MG-1とMG-3はコーティング剤としては同じで、メンテナンス期間のみによる差と聞いたこともあるので、サポート内容詳細によっては、MG-1のほうがよいかもしれません。。。

樹脂部分のコーティングは施工できないこと

マツダのMGシリーズのコーティングは塗装面のみで、樹脂部分のコーティングは施工できないようです。樹脂部分は、自身でマツダ純正のエクステリアプラスチックケアを購入し、DIYでの施工が必要になります。

一方で最近の車は、製造コストを下げるために樹脂が増えてきており、CX-5やCX-8などマツダ車でも樹脂が使用される部分が増えてきている印象です。

特に言えるのはフロントグリルのハニカム形状の樹脂部分はとても汚れておりますし、新車納車時には汚れがこびりつき取れないなんて事も多々あります。

樹脂部分が黒々と綺麗に保たれるだけで、グッと引き締まる印象でカッコよいので、樹脂部分は是非施工をしたいものです。

MG-プレミアムとは

MG-プレミアムコーティングは、新世代のマツダオリジナルコーティングになります。

マツダより引用

従来のMGシリーズが持つ、「対衝撃性」「耐久性」の特性を向上させつつ、被膜硬度が約2倍になることで、傷がつきにくく、塗装表面を守れます。

また撥水性能も向上しており、雨上がり後などの塗装表面への汚れが固着しにくくなる効果が期待できます。

マツダとスバルはほかのディーラーでのコーティングと比べると、は良心的な価格帯だと思います。ですが今回のプレミアムシリーズは以前のMG-5に比べて金額が大きく値上がりしたので性能のいかんに関わらずちょっとガッカリ感は否めません。

硬度が9hといえども、もともとの塗装の硬さによるところが大きいので追求する部分はそこではない気がします。

マツダ純正コーティングと専門店の比較

では、マツダ純正コーティングと専門店はどちらがよいのでしょうか?

 専門店マツダディーラー
価格5万 – 30万4万-10万
メリットコーティング専業のため、施工環境、施工者のスキル、コーティング剤すべて質が高いところが多い。納車時にはコーティングされているので、どこかに持っていく必要もなく利便性が〇
デメリット価格が高くなりがち。

コーティング効果が長続きしない(防汚性、光沢性)

定期点検や車検、コーティングなど、あらゆるサービスを一つの場所で実施することに便利さを感じ、利便性を重視されている方は、マツダ純正コーティングが良いかと思います。

一方でせっかくコーティングをやるからには、コーティングで確かな効果を実感されたい質を重視される方は、専門店がおすすめです。

質がよい理由としては、下記3つの点で専門店のほうが優れているためです。

専門店が優位な点

  • 施工者のレベル
  • 施工環境
  • コーティング前の下地処理

施工者のレベル

マツダでのコーティングは、施工者が誰になるか知っていますか?

内製と外製のパターンがあり内製の場合ですと、ディーラー社員自身が行うケース、外製の場合ですと専門店に委託して施工するケースがあるようです。

では、コーティング専門店では、誰が施工するのか。

コーティングだけに特化したお店で、施工経験が豊富な社員さんが実施されることが多いかと思います。中には、創業何十年で施工台数何万台という、圧倒的な経験をもつオーナー自ら施工するケースもあります。

コーティングは、塗って乾かして終わり、のような単純作業ではなく、保管環境や洗車頻度、塗装の状態などに合わせて施工内容を変えていかないと光沢性や防汚性を維持するコーティングにはなりません。

施工後ぱっと見は綺麗でもすぐ撥水効果がなくなったり、水シミが付着したり、高価なコーティング代金をどぶに捨ててしまうことになる可能性もあるのです。

施工環境

コーティングの施工環境で重要なことは、下記3つです。

ポイント

  • 照明設備が充実していること
  • コーティング専用の密閉された作業区間があること
  • 温度湿度の室内管理ができること

照明設備が充実していること

車の塗装を磨くときに使用する各種照明画像

コーティングに適した照明

照明設備が整っていない中でコーティング施工となると、塗装の傷が見えなかったり、シミなどに気づかず施工してしまい、専門店からすると中途半端な仕上がりで完了となってしまう可能性あります。

マツダディーラーで施工する場合、そのような照明設備があればよいのですが、場合によっては室内で行わず、モータープールで施工することもあると伺うので、確認されたほうがよいでしょう。

専門店では、照明に拘りをもっていることが多く、照明だけでも蛍光灯、高輝度LED照明、白熱灯投光ライトなど各種路温度や光源の強さまで様々なものを用意されています。

コーティング専用の密閉された作業空間

コーティングを施工される場所は、専用の密閉空間である必要があります。

吹き曝しの環境で施工するとなると、ポリッシャーという磨きの機械と塗装面の間に砂塵が飛んできて巻き込んでしまい、レコード盤のような傷が塗装に残るリスクがあったりするためです。隣で修正作業や塗装作業ができてしまう環境もありえません。油汚れなどコーティングの出来に悪影響を及ぼす可能性があります。

温度湿度の室内管理ができること

温度湿度のコントロールできる環境も重要です。

コーティング施工する際に、温度が高いと、コーティングの硬化がはやく、拭ききれなかったり、拭きムラがでてしまったり、また急いで拭いたために塗装面に傷が残ってしまったりリスクがあります。一方で温度が低い中で施工となると、乾燥せずコーティング硬化が遅れてしまいます。

そのため、温度コントロールできる環境下での施工は必須になります。モータープールでの施工はありえません。

室外での施工もあると伺うマツダディーラーでのコーティングを検討されている場合は、そちらもご確認頂いたほうがよいかと思います。

コーティング前の下地処理

新車なのに、下地処理必要なの?なんで?

と思われる方多くいらっしゃると思います。

まずはこちらをご覧ください。

新車なのに塗装に残った傷

傷が見えますでしょうか。このように新車でも傷やシミが付いていることは結構あります。

なぜ新車なのに傷やシミがついているかというと

  • 生産現場において、塗装を手直しした際に傷が残ってしまう。
  • 納車されるまでの間に、搬送中、保管中、整備中に傷、シミがついてしまう

が原因として考えられます。

このような傷やシミがついている車に、簡単なシャンプー洗車をして、コーティングを塗る、だけでよいのでしょうか?塗装面が平滑に整えられていない中で施工してしまうと、コーティングがすぐ剥がれ光沢が失われ、撥水しなくなり、お金の無駄遣いになってしまうリスクがあります。

そのため、コーティング専用空間で様々な照明を用いて、傷やシミを見極めることがまず重要です。その上で必要に応じてケミカルを用いたり、磨き作業を行い、塗装面を整える、下地処理が必要になります。

マツダ純正コーティングでは、下地処理をせずに、コーティング施工することがあるようですので、検討されている場合は、納車前の車の保管場所や、どのような下地処理内容を決めているか確認されたほうがよいでしょう。

まとめ

マツダの純正コーティング内容や特徴、専門店との違いについて説明させて頂きました。

コーティング効果を重視される方は、圧倒的に専門店がおすすめです。もちろん質よりも利便性を重視されて、ディーラーでのコーティングを選択される方もいらっしゃると思います。

それぞれメリットデメリットを把握されたうえで、後悔のないコーティング選びをしていただければと思います。

ポイント

  • 質よりも利便性重視な方は、マツダ純正コーティング向き(どこかに持っていく必要もなく、コーティング施工済みで納車できる)
  • コーティングの防汚性/光沢性の効果を期待され、ずっと綺麗な車を望む方は専門店向き
  • 専門店とマツダ純正コーティングの違いは、①施工者レベル ②施工環境 ③下地処理

 

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-洗車とコーティングに役立つ知識
-,

© 2021 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー