「アストン・マーティン」 一覧

イギリス車メーカーアストン・マーティンのコーティング施工画像です

アストン・マーティン

Aston Martin DB11 V12|新車施工事例

今回のご入庫は港区よりアストンマーティンDB11の新車、ロイヤルディンゴ?カラーのスポーツカー。磨きとガラスコーティングにお持ちいただきました。 2+2クーペ、5.2リットル、V12ツインターボで608馬力をひねり出し、0-100km/hは3.9秒最高速は322kmを誇るのです。 ボディサイズは4739×1940×1279mm 車重は約1.7トン。車両価格は2,600万?流麗なボディにV12気筒の咆哮が官能的ですね〜 駆動方式はFR!!男だねぇ!! 今回の施工はボディ下地処理を入念に行い、最新式の最上級コ ...

アストン・マーティン

アストンマーチン ラピード Luxe 世界一豪華な4ドアセダンと謳われる!

アストン この響きは独特の世界をもつ、憧れの車でありますね〜 12気筒NAで4座4人乗り、エンジンスタート音はC63AMGなどの比ではなく、おばあちゃんだったら腰を抜かすほど。 どの顔もアストンはアストン。 アストンのエンジン音のサイトがあるようなので是非 アストンの顔ともいうべきヘッドライト。にている意匠ながらどれがどの車種は言えないから難しいですね、たぶんそうそう簡単に購入出来る車じゃないからなのだろうか〜(笑) ヘッドライト点灯時はこのような感じであります。 ウィンカーが点灯するとこのような感じです ...

アストン・マーティン

アストンマーティン V12 ヴィラージュ|ガラスコーティング施工事例

NA12気筒の咆哮はしびれますぅ スタンダードモデルたる「DB9」と高性能版「DBS」の間に位置づけられるそうな ヴィラージュ いずれにしてもそうそう簡単には購入はできまい V12気筒 ノーマルアスピレーション ヴィラージュ の意味は コーナー とか 曲がりの意味なのだそうだ かつての短命モデルのそれとは違い DBSの良いところはすべて 投入されているというモデル。 スワン・ウイング・ドア 12度斜め上方に開く 開けるたびに 気になりますょ ご覧になられていない方は まずは下記画像から イメージされてみて ...

アストン・マーティン

アストンマーチン VANTAGE[0002]|ガラスコーティング施工事例

今回で2回目となりますが ぬぅ ぬぁんと 走行距離は1万キロオーバー。走ってなんぼが 信条のオーナー様流石です。ッと言う事は大きな故障もなく走ると言う事。実際のイメージとはかけ離れているのですねー しかも都内で走る分には燃費も良好とのこと、凄いです。 ライトオンで このような感じです。   メーターは最近のトレンド。アストンは先んじて搭載されておりました。     エキゾチックな時計。わりかし小さめです。   エンジン音 はこちら   アルミホィール 足周りを洗浄し   ボディーのザラザラを取り去り、完全 ...

アストン・マーティン

アストンマーチン VANTAGE[0001]|ガラスコーティング施工事例

アストンマーチンラゴンダ バンテージ 実にカッコよい。まさしく手作りでこの性能を生産維持する事は奇跡に近いですね。   魅力的なボディにでかいローター サイドスリット ううぅーん 趣味的ですねー! 目つきだってエキゾチックですもん。   エンジンだって負けちゃーねーですよ ここから400馬力弱が吐き出されるということを考えるとわくわくします。   アルミを多用してますね。アルミって何でいまだに高級な感じやレーシーに感じるのでしょうかねー ウムウム     給油口 テールレンズ 横長がトレンドか。     ...

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2018 All Rights Reserved.