洗車とコーティングに役立つ知識

油膜の原因と対策を徹底解説!プロが教えるフロントガラスの油膜取り方法

イケメンがフロントガラスの油膜を取っているイメージ画像

車のガラスやボディに付着する油膜は、多くのドライバーが悩む問題の一つです。油膜が原因で視界が悪化し、運転の安全性が低下するだけでなく、車の見た目も損なわれます。特にフロントガラスの油膜は、夜間や雨天時に視界を大きく妨げるため、早期の対策が必要です。

油膜取りは、ガラスやボディの表面に付着した油分を除去し、視界をクリアに保つための重要な作業です。この記事では、油膜の原因から効果的な取り方、さらにはおすすめの製品までを詳しく解説します。また、油膜取りのデメリットや注意点についても触れ、読者が最適な方法を選べるようサポートします。

油膜取りに関する情報を網羅し、DIYでの方法から専門業者によるプロの技まで、さまざまな視点から解説していきます。さらに、油膜の再発を防ぐための予防策や、コーティングの重要性についても詳しく説明します。この記事を参考にして、あなたの車を常に最高の状態に保ち、安全で快適なドライブを楽しんでください。

油膜取りの重要性とメリット

油膜の原因と影響

油膜は、車のガラスやボディに付着する薄い油の層で、視界不良やギラつきを引き起こします。主な原因は以下の通りです:

  • 道路上の油分:雨水と一緒に飛散する道路上の油分がガラスやボディに付着します。
  • 洗車後の残留物:洗車時に使うシャンプーやワックスの残留物が油膜となることがあります。
  • 車内からの排出物:エアコンやヒーターの使用による内部からの油分。
  • ミネラル分と水垢:硬水や雨水に含まれるミネラル分が乾燥して残ることで、油膜やウォータースポットが発生します。

これらの要因が複合的に作用し、油膜が形成されます。

油膜取りの効果とメリット

油膜取りは、視界をクリアに保ち、運転の安全性を高めるために非常に重要です。主なメリットは以下の通りです:

  • 視界改善:油膜を除去することで、視界がクリアになり、夜間や雨天時の運転が安全になります。
  • 美観向上:車のガラスやボディがきれいになることで、見た目が良くなり、洗車後の満足感が増します。
  • 塗装の保護:油膜やウォータースポットが長期間放置されるとガラスやボディが劣化するため、それを防ぐことができます。
  • メンテナンスの簡素化:油膜が除去されることで、次回の洗車やメンテナンスが容易になります。

油膜取りのデメリットと注意点

油膜取りにはデメリットや注意点もあります:

  • 手間がかかる:特に頑固な油膜やウロコの除去には時間と労力が必要です。
  • 費用がかかる:高品質な油膜クリーナーやポリッシャーを購入する場合、コストがかかります。
  • 適切なメンテナンスが必要:施工後も定期的なメンテナンスを行わなければ、効果が薄れてしまうことがあります。
  • 製品選びの重要性:コーティングの種類や施工店の選び方によっては、期待通りの効果が得られない場合もあります。

油膜取りの方法と手順

DIYでの油膜取り方法

自分で油膜を取るための具体的な手順を以下に紹介します。

準備するもの

  • 油膜クリーナー(例:クリンビュー ガラスクリーナー)
  • 専用クロス(例:ソフト99 窓ふきクロス)
  • カーシャンプー
  • コンパウンド(必要に応じて)
  • ポリッシャー(必要に応じて)
  • 水とバケツ

手順

  1. ガラスの洗浄:カーシャンプーを使ってガラス表面を洗い流し、大まかな汚れを取り除く。
  2. 油膜クリーナーの使用:油膜クリーナーを均等にスプレーし、専用クロスでしっかりと拭き取る。
  3. コンパウンドとポリッシャー:頑固な油膜やウロコにはコンパウンドを使い、ポリッシャーで研磨する。
  4. 仕上げ:ガラスが乾燥した後、表面に残ったクリーナーをきれいなクロスで拭き上げる。

専門業者による油膜取りの方法

専門業者に依頼する場合、プロの技術と機材を使用して完璧な仕上がりを実現します。一般的な手順は以下の通りです:

  1. ガラスの洗浄:業者は高圧洗浄機や専用シャンプーを使用して、ガラスを徹底的に洗浄します。
  2. 油膜除去剤の使用:業者は専用の油膜除去剤を使用し、ガラス表面の油膜を効果的に除去します。
  3. 研磨:必要に応じて、業者はポリッシャーや研磨剤を使って、ガラス表面を研磨します。
  4. コーティング:最後に、ガラスコーティングを施して、油膜の再発を防ぎます。

油膜取りに必要な洗車用品と製品

市場には多くの油膜取りクリーナーや洗車用品がありますが、特におすすめの製品をいくつか紹介します:

  1. クリンビュー ガラスクリーナー:強力な油膜除去能力が特徴。スプレータイプで使いやすい。
  2. ソフト99 窓ふきクロス:特殊繊維で作られたクロスで、油膜をしっかりと取り除く。
  3. ガリバー ガラスクリーナー:プロフェッショナル仕様で、頑固な油膜も簡単に除去。
  4. ピュアガラスコート:長期間持続するコーティング効果があり、ガラスをしっかりと保護。
  5. スーパーレインX:撥水効果が高く、雨天時の視界を確保。

油膜予防とメンテナンス

油膜の再発防止策

油膜の再発を防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要です。以下の対策を講じることで、油膜の再発を防ぎます:

  • 定期的な洗車:定期的に洗車を行い、ガラスやボディの表面に付着した汚れや油分を取り除く。
  • 撥水剤の使用:撥水剤を使用して、雨水や油分が付着しにくい状態に保つ。
  • ガラスコーティング:ガラスコーティングを施して、長期間にわたって油膜の付着を防ぐ。

コーティングの役割と効果

ガラスコーティングを施すことで、油膜の付着を防ぐことができます。コーティング剤はガラス表面に保護層を作り、油分や汚れの付着を防止します。おすすめのコーティング剤は以下の通りです:

  1. ピュアガラスコート:長期間持続するコーティング効果があり、ガラスをしっかりと保護。
  2. スーパーレインX:撥水効果が高く、雨天時の視界を確保。

定期的なメンテナンスの重要性

油膜やウォータースポットの再発を防ぐためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。定期的に以下のメンテナンスを行うことで、車のガラスやボディを常に良好な状態に保つことができます:

  • 定期的な洗車:少なくとも月に一度は洗車を行い、汚れや油分を取り除く。
  • コーティングの再施工:ガラスコーティングの効果が薄れてきたら、再施工を行う。
  • 撥水剤の定期的な使用:撥水剤を定期的に使用して、ガラスの表面を保護する。

Q&A

Q: 油膜取りに最適な時期はいつですか?
A: 油膜がひどくなる前に、定期的にメンテナンスを行うのがベストです。特に梅雨の前や冬季の前に行うと効果的です。季節の変わり目や長距離ドライブの後に実施するのも良いタイミングです。

Q: DIYで油膜を取るのが難しい場合、どうすればいいですか?
A: DIYでの油膜取りが難しい場合は、専門業者に依頼することをおすすめします。プロの技術と専用機材を使うことで、完璧な仕上がりを得ることができます。特に頑固な油膜やウロコがある場合は、専門業者のサービスを利用すると良いでしょう。

Q: 油膜取りにはどの製品が最適ですか?
A: 油膜取りにはいくつかの優れた製品がありますが、以下の製品がおすすめです:

  • クリンビュー ガラスクリーナー:強力な油膜除去能力が特徴。スプレータイプで使いやすい。
  • ソフト99 窓ふきクロス:特殊繊維で作られたクロスで、油膜をしっかりと取り除く。
  • ガリバー ガラスクリーナー:プロフェッショナル仕様で、頑固な油膜も簡単に除去。

Q: 油膜取り後のコーティングは必要ですか?
A: 油膜取り後のコーティングは非常に有効です。ガラスコーティングを施すことで、油膜の再付着を防ぎ、視界をクリアに保つことができます。おすすめのコーティング剤は「ピュアガラスコート」や「スーパーレインX」です。

まとめ

油膜取りは、車のガラスやボディのメンテナンスにおいて非常に重要な作業です。油膜は視界不良や美観の低下を引き起こすため、定期的なメンテナンスが必要です。この記事では、油膜の原因、効果的な取り方、おすすめの製品、さらに油膜の再発を防ぐ方法について詳しく解説しました。

油膜取りにはDIYで行う方法と専門業者に依頼する方法があります。DIYでは、適切な製品と手順を使うことで効果的に油膜を除去できますが、難しい場合は専門業者のサービスを利用するのも一つの手です。

油膜取り後のコーティングや定期的なメンテナンスを行うことで、車のガラスやボディを常に良好な状態に保つことができます。この記事を参考にして、あなたの愛車を常に最高の状態に保ち、安全で快適なドライブを楽しんでください。

筆者がおすすめする油膜取りとコーティング

筆者がおすすめする

油膜取りは日本磨料 グラスターストロングMG

ウィンドウ撥水剤は超ガラコ

こちらががおすすめです。

油膜を取る時は自分の筋肉を意識した動きで鍛えましょう!!

 

車磨きで筋トレも同時に!!筋肉とウインドウ下地処理の画像

 

Lineでお見積もり

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 08:30 – 18:00(金曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくい場合があります。
  • この記事を書いた人
アバター画像

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴37年。

-洗車とコーティングに役立つ知識

© 2024 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー