洗車とコーティングに役立つ知識

「ヘッドライトの黄ばみ対策と効果的なメンテナンス術」

黄ばんだヘッドライト画像

車のヘッドライトが黄ばむことは、見た目の問題だけでなく、夜間の視認性を低下させる重大な問題です。ヘッドライトの黄ばみは、紫外線、酸化、汚れの蓄積などが原因で発生します。この黄ばみは、時間とともに悪化し、車の外観を損なうだけでなく、安全運転にも影響を与えます。

この記事では、「ヘッドライトの黄ばみ」に焦点を当て、その原因や対策方法について詳しく解説します。特に、ヘッドライトの黄ばみを防止するためのメンテナンス方法や、効果的なクリーニング方法について取り上げます。車の美しさと安全性を維持するために、ヘッドライトの黄ばみ対策は非常に重要です。これから詳しく見ていきましょう。

本記事は、1987年創業、カーコーティング専業一筋30余年、新車中古車の施工台数は20,000台超という経験の東京の車コーティング専門店を営む現役施行者である及川が監修しています。

ヘッドライトの黄ばみの原因

ヘッドライトが黄ばむ主な原因には、いくつかの要因が考えられます。それぞれの要因について詳しく見ていきましょう。

紫外線の影響

紫外線はヘッドライトの黄ばみの最大の原因です。車が太陽光に長時間さらされると、ヘッドライトカバーのプラスチックが劣化し、黄ばみが生じます。特に、紫外線によるプラスチックの分解が進むと、黄ばみが顕著になります。またライト自身で放出する紫外線が原因で黄変やひび割れを起こすことがあります。

酸化現象

酸素との反応による酸化現象も、ヘッドライトが黄ばむ一因です。プラスチックは酸素と化学反応を起こしやすく、時間が経つにつれて劣化して黄ばんでしまいます。

汚れと汚染物質の蓄積

道路上の汚れや汚染物質もヘッドライトの黄ばみを引き起こします。虫の死骸、泥、塵などがヘッドライトに付着し、適切に清掃されないと、これらの物質が黄ばみの原因となります。


ヘッドライトの黄ばみを防ぐ方法

ヘッドライトの黄ばみを防ぐための方法をいくつか紹介します。

保護フィルムの使用

保護フィルムをヘッドライトに貼ることで、紫外線や汚れから守ることができます。このフィルムは透明で、見た目を損なわずにヘッドライトを保護します。寿命は硬化系のコーティングよりもはるかに長いのでおすすめですが、メーカーによっては黄斑が早い場合もありますので注意が必要です。

定期的な洗浄

定期的にヘッドライトを洗浄することは、汚れや汚染物質の蓄積を防ぐのに効果的です。車の洗車時には、ヘッドライトもしっかりと洗浄しましょう。ランプカバーの表面についた水垢などの汚れを定期的に落とすことにより痛みの進行を遅くできます。

専用クリーナーの利用

ヘッドライト用の専用クリーナーを使用することで、効果的に黄ばみを防止することができます。これらのクリーナーは、プラスチックに優しく、黄ばみを抑制する成分が含まれています。強アルカリなどの強いクリーナーの使用は控えましょう。

 

ヘッドライトの黄ばみを除去する方法

ヘッドライトの黄ばみを取り除くための方法について解説します。

DIYクリーニング法

自分で行うDIYクリーニング法として、研磨剤を使った磨き作業があります。市販のヘッドライト研磨キットを使用すると、簡単に黄ばみを取り除くことができます。

プロフェッショナルなクリーニングサービス

専門業者に依頼するプロフェッショナルなクリーニングサービスは、DIYよりも高い効果が期待できます。プロの技術でヘッドライトを新品同様に復元してくれます。ランプカバーそのもののクラックが入っている場合は本格的な研磨が必要になります。

コーティング剤の適用

黄ばみを除去した後に、ヘッドライトにコーティング剤を適用することで、再度の黄ばみを防ぐことができます。コーティング剤は紫外線からヘッドライトを保護し、透明度を長期間維持します。


ヘッドライトのメンテナンスとケア

ヘッドライトを長持ちさせるためのメンテナンス方法について紹介します。

日常的なケアの重要性

日常的なケアは、ヘッドライトの黄ばみを防ぐために非常に重要です。こまめな洗浄とチェックを行い、常に清潔な状態を保ちましょう。

長期的なメンテナンス計画

長期的なメンテナンス計画を立てることで、ヘッドライトの寿命を延ばすことができます。定期的にプロのメンテナンスを受けることも検討しましょう。

注意点とアドバイス

メンテナンス時の注意点としては、研磨剤の使い過ぎによるヘッドライトの傷つけに注意が必要です。また、コーティング剤の適用後は、しばらく雨や水にさらさないようにすることが推奨されます。(6-12時間乾燥硬化が必要な場合がほとんどです)


Q&A

Q: ヘッドライトの黄ばみはどのくらいで発生しますか?
A: 一般的には数年経過すると黄ばみが見られるようになりますが、車の使用環境や保管方法によって異なります。

Q: 黄ばみを完全に防ぐ方法はありますか?
A: 完全に防ぐことは難しいですが、保護フィルムの使用や定期的なメンテナンスで黄ばみを遅らせることができます。

Q: ヘッドライトの黄ばみを放置するとどうなりますか?
A: 黄ばみを放置すると、視認性が低下し、安全性に影響を与える可能性があります。また、見た目も悪くなります。

Q: 市販のクリーナーで黄ばみはどれくらい除去できますか?
A: 市販のクリーナーでも一定の効果はありますが、黄ばみの程度によっては完全に除去できないこともあります。重度の場合はプロに依頼することをおすすめします。

Q: DIYでヘッドライトの黄ばみを除去する際の注意点は?
A: 研磨剤を使用する際は、強く擦りすぎないように注意してください。また、研磨後は必ず保護コーティングを行いましょう。

Q: プロのクリーニングサービスはどれくらい費用がかかりますか?
A: サービス内容や業者によりますが、通常は数千円から数万円程度です。詳細な費用は業者に問い合わせて確認してください。

Q: 黄ばみ除去後のメンテナンス方法は?
A: 黄ばみ除去後は、定期的に洗浄し、保護フィルムやコーティング剤を使用して再度の黄ばみを防ぐことが重要です。

Q: コーティング剤はどれくらいの頻度で再適用するべきですか?
A: 使用するコーティング剤の種類によりますが、一般的には半年から1年に一度の再適用を推奨します。

Q: ヘッドライトの黄ばみ除去にはどのくらいの時間がかかりますか?
A: DIYの場合、1~2時間程度で完了します。プロのサービスでは、予約状況にもよりますが、1~2日程度かかることがあります。

Q: 黄ばみ除去後、再び黄ばみが発生するのを防ぐ方法は?
A: 定期的なメンテナンスと、紫外線防止のためのカバーや保護フィルムの使用が有効です。

Q: ヘッドライトの黄ばみは車検に影響しますか?
A: 黄ばみが酷く、光の透過率が低下している場合は車検に通らない可能性があります。早めに対策を取りましょう。近年の車検では厳しくなりましたので車検が通らないことが多くなりそうですので特に注意が必要です。

これらのQ&Aを参考に、ヘッドライトの黄ばみについての理解を深め、適切な対策を講じることで、安全かつ美しい車を維持してください。


まとめ

ヘッドライトの黄ばみは見た目の問題だけでなく、夜間の視認性を低下させる重大な問題です。紫外線、酸化、汚れの蓄積などが主な原因となり、これらを防ぐためには日常的なケアと定期的なメンテナンスが欠かせません。保護フィルムや専用クリーナーを使用することで、黄ばみの進行を遅らせることができます。

黄ばみが発生した場合、自分で除去する方法とプロフェッショナルなサービスを利用する方法があります。DIYクリーニングは手軽に行える反面、深刻な黄ばみには限界があります。そのため、状態に応じて適切な方法を選びましょう。プロのクリーニングサービスは費用がかかりますが、確実な効果を得ることができます。

また、黄ばみ除去後のメンテナンスも非常に重要です。再度の黄ばみを防ぐためには、定期的にコーティング剤を適用し、日常的にヘッドライトを清潔に保つことが必要です。特に、紫外線の強い環境では、保護フィルムの使用が効果的です。

ヘッドライトの黄ばみを防ぐための対策を講じることで、車の美観を保ちつつ、安全運転をサポートします。これらの対策を実践することで、長期間にわたりクリアなヘッドライトを維持し、快適なドライブを楽しむことができるます。適切なメンテナンスとケアで、あなたの愛車を常に最高の状態に保ちましょう!!

筆者及川が考えるヘッドライト黄ばみ対策

私が愛車に行うとしたら下記の2つ

①専用のコーティングを行い定期的にクリーニングをして、適宜メンテナンスをして何年もきれいな状態を保つ。

②ちょっとお高くなりますがヘッドライトプロテクションフィルムを行います。その上で表層のクリーニングと適宜コーティングを行います。10年後も綺麗な状態を目指すならヘッドライトプロテクションフィルムがおすすめです。

Lineでお見積もり

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 08:30 – 18:00(金曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくい場合があります。
  • この記事を書いた人
アバター画像

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴37年。

-洗車とコーティングに役立つ知識

© 2024 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー