ポルシェ

ポルシェ 996 C4S|ガラスコーティング施工事例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。 「お客様の愛車は、自分の愛車以上の気持ちで接すること」を作業のモットーにしております。

P2240012
風の強い日の振られ具合は、レガシィの方が上。っと、オーナさまは実感されておるとの事。実際に乗り比べてのお話ですので貴重なお話です。アライメントで走りが断然変わるというPorscheも、また実際のお話し。奥が深いです、クルマ。

P2250025
きちんと足回りを洗車し、アルミホィールをきちんと洗い、コーティングに備えます。

P2250027
独特のリアスタイル、もはや永遠ですねー 走り去る後ろ姿がさまになる車は、そうそうありません。

P2250030
内装は黒革。あんがいナーバスですので、きちんとカバーをいたします。特にハンドルはきちんと。

P2250032
4Sって、NAエンジンでターボフェンダー。賢い選択だと思います。

P2250034
どんとセンターには、タコメーターが!

P2250035
レイアウトも良くかつシック。ドイツ車ならでは。

P2250038
996の特徴とも言えるヘッドライト。ちょっとだけ物悲しい感じが哀愁的感覚に。997になり明るくなった感じがします。

P2250036
ハンドルのセンターについているポルシェのバッジ。

エンブレムの由来:ポルシェ社設立の地であるシュトゥットガルト市と、バーデンビュルテンベルク州の紋章の組み合わせ。赤い縞は知を、金の地色は麦の色にちなんで豊かさを意味する。真ん中の跳ね馬は、シュトゥットガルト市の模様に使われているもの。フェラーリの跳ね馬もここから来ている。
だそうです。ご存知でしたか?!

P2260025
Oさま、お元気でしょうかー Hさまがいつもご心配なさっておりますよ! 良いですねー師弟関係。心配してくださる他人はとっても大事です。おおぅ、すみません。当人同士しかわからないお話をいたしてしまいました。私自身Oさまとは普段は交流がもてませんので、こういう形で応援するしか方法がないもので。人の財産、お大事に!!

さー ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 準備完了!

P2260030
今後の事も考え、磨きマージンを残しつつ、きれいに見える最良の磨きを考えて、施工をさせていただきます。有り難い事です。施工前に感謝しつつ、入魂、入魂。

P2270004

P2270001

P2270005
今回の主眼は、延命艶と保護。いつも完璧な艶で、心と身体をリフレッシュする愛機です。ツルントュルンになるように、工法を変えています。

P2270018
ギミック艶ではなく、リアルグロスで真っ向勝負です。

P2280003

P2280005

P2280015
磨きは終了いたしまして、コーティングを施工致しました。

P2280017
どうです、この艶。前回との違い、ご納車時にご堪能出来ますので、お楽しみにどうぞ!!

P2290003

P2290005

P2290008

P2290010

P2290015
黒いところは黒く、艶の調整をいたして。完成です!!

ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP
mーm 今年の艶は ー (●^_^●)

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-ポルシェ

© 2022 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー