フォルクスワーゲン

VW ポロ[0001]|ガラスコーティング施工事例

更新日:

DSC_6625

キュートなお顔で愛らしい目つきです、優しい車です。現行の顔つきとは似て非なり、飽きの来ないデザインは安心感のある不変のスタイルですねー 今回は広島から大阪経由 そして東京 800キロオーバーの走行でお越しいただきました! ありがたやありがたや。

DSC_6629a
グリルは横一直線の黒樹脂。これまたきれいに出来ますのでおたのしみにどうぞ!

 

DSC_6609
メーターは シンプルなデザインと照明でとても見やすいですねー

 

DSC_6607
ドライバーズシートは 汗がこもるのと汚れ防止のためにカバーをされておりました、確かに汚したくないですものねー わかりますわかりますそのお気持ち!

 

DSC_6612a
DVDナビがインダッシュで、きれいにまとまり感のあるダッシュボードです。

 

DSC_6617

フロントウィンドーの フィルムアンテナ。
親戚のおばはん「これなんやの これー」
オーナー「あー それ テレビのアンテナや さわらんといてや」
おばはん カリカリっと つめで はがし ・・・
オーナー「なにしとん」
おばはん「なんやこれー」
むちゃくちゃや  (笑)
 

DSC_6600

 

DSC_6623a
ホィールキャップの裏側はこんな状態 これはリアですので フロントはもっと来ていると思います。きれいになれば とっても気持ちよいですよぉー

 

DSC_6605
フロントフェンダーの先っちょ 防錆剤がはみだしておりまーす。

 

DSC_6598

 

DSC_6621a

現行型はダンパーが廃止され 棒 がついたそうです。
大幅なコスト削減ですねー
 

DSC_6633
まずは洗車! 足周りからはじめ、 手の入りにくいところ、そして 鉄粉とかの ざらざらー

 

DSC_6796

マスキングも終了いたしまして
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入りました!
 

DSC_6795

 

DSC_6802
ルーフの雨シミは 今後の事も考えまして 最小の削りの磨きをいたしまして見えにくい状態にいたしたいと思います。

 

DSC_6804a
いざー 磨き!

 

DSC_6811a

 

DSC_6815

 

DSC_6818

 

DSC_6819
磨きは順調でございます!

 

DSC_6822

 

DSC_6826a

 

DSC_6829
ツルンツルンの マッタリとした艶に 変換中でございます。

 

DSC_6830a

 

DSC_6832

 

DSC_6833

 

DSC_6834
シルバー系の淡色でも、艶の差ははっきりと出るものです、愛機の状態を良くご存じのオーナー様は この差は よくおわかりだと思いますがー (笑)

 

DSC_6835

 

DSC_6836a

 

DSC_6840a
室内は経年劣化はおきているかと思いきや 年数からは考えにくいほどキレイな状態だと思いました。座席カバーをはずしまして元のシートを清掃いたしました。

 

DSC_6838
少ない方ではありますが、やはり汚れるのですねー でもとてもきれいな方です。凄いです。

 

DSC_6844
比較的防錆剤の多めについたVW等の欧州車は 経年でドロンドロンに出てきます。コレラを防ぐには 削除するしか方法はありません、もちろん余剰分を取り去るだけです。

 

DSC_6846

 

DSC_6850a

 

DSC_6851

 

DSC_6854

新車をご購入されて 早6年。6年ぐらいじゃ びくともしない性能ですので内外ともにリフレッシュをし今後も長くお乗りになる事を決意されまして施工依頼を。そのご決断に沿いますように一生懸命施工をさせていただきました、また来年の施工依頼もいただきまして恐縮です。オーナー様は今回6キロお痩せになられましてお越しになりました、私は来年の施工時には「スラッと」してお会い出来れば お食事でもご一緒にと思います。

今回もご依頼ありがとうございました、感謝感謝でございます。

あなたにおすすめの記事

-フォルクスワーゲン

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2018 All Rights Reserved.