サーブ

サーブ 9-3|ガラスコーティング施工事例

更新日:

DSC_6549a
サーブ 一頃は多く見る事が出来た特長のあるデザインと音。リア周りのデザインは、好みの分かれるところ。性能は? 充分な高速性能と居住性、全く問題ないとのオーナー談。この93以外にもサーブを所有されております! 恐れ入りまーす。

DSC_6546
この辺のデザインも日本人の理解を超えたところですね。

DSC_6535
室内は割とあっさり目に見えますがー

DSC_6537
センターに キーがあったり

DSC_6541
ダッシュボードは 飛行機みたいですので 個性はありありですねー

DSC_6542
枠のない 割とシンプルなメーター。この辺の大事な部分は 奇をてらわない いわゆる質実剛健 なのですかねー

DSC_6533a
純正でエアロパーツのついた 珍しいモデル。だそうです。

DSC_6552a
リアスポイラーの 塗装のウキ これは 怖いです コワッ

DSC_6530

DSC_6516
これは 特長的なデザイン ブラバスものブロックの逆デザイン的ですねー

DSC_6519
ダストは バッチリ 固着モードでございます。

DSC_6515a

DSC_6526
ヒンジ類は 水垢大将 状態です。

DSC_6510a
次女さんの 登場です。かわいんですよー 5歳です

DSC_6595a

早速 内装。
ハンドルは テカリをおとりいたします。右半分が取り去ったあとです。左側が テカリまくりでーす。

DSC_6596

そして早速ですが 内装
じゃーーーーーーーーんと 真っ黒の 汚水が 見てわかりますように 室内は こんなにも ってなぐあいに 汚れておりましたー(苦笑)

DSC_6640a

DSC_6642

DSC_6643

まずは洗車の段階で 水垢ビームで やられましたー
カラータイマー ピポンピポン 状態です (@o@)

DSC_6660a

早速 マスキングを慎重にし つつ
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入りました

DSC_6664

DSC_6665

DSC_6685

DSC_6670a

現状は カサカサ パサパサ 潤いのない かわいそうな状態っす
みっちりと かつ 慎重に つるんぴかに 仕上げたいと思いますが、以前のどこかでの磨きで 塗装の状態が危ないところが多数あり、ますます慎重に 参りたいと思います。

DSC_6701

DSC_6709

DSC_6711

DSC_6717a

DSC_6727
だいぶきれいになってきましたー チュピンチュピン です。

DSC_6736a
リアガラス窓枠 ドアガラスの黒樹脂部 サイドモール 黒々しくなりましたー 対比して ボディーは ツルンツルンのピカピカに!

DSC_6737

DSC_6739

DSC_6753a
純白のボディーに200馬力オーバー154馬力のエンジンで 疾走。しかもキレイな純白ボディーは気持ちよく走れまーす。

DSC_6756a

DSC_6757
完成です。

DSC_6783

DSC_6787

DSC_6790
何度となくご依頼くださりましてありがとうございます。今回は中古車の宿命である内外装のリフレッシュ。乗り込む瞬間に 「ニヤッ」と出来ますようにやらさせていただきました。今後ともどうぞお大事になさってくださいませ。

今回もご依頼ありがとうございました。感謝感謝でございます。

あなたにおすすめの記事

-サーブ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2018 All Rights Reserved.