日産

日産 R35 GT-R|ガラスコーティング施工事例

DSC_2961
ずっとスカイラインGT-Rのユーザーでらっしゃいます。34までのそれとは違った、別次元の車と評されるオーナー様。乗っていればこその深い言葉。色は職人仕上げ、30万円高のシルバー(アルティメイトシルバー4M)。凌駕仕上げ、筋肉モリモリ仕上げで、ますますきれいに!

DSC_2792a
空力を考えるとこの形状になるのでしょうか。空気の流れはどういう風になるんでしょか。

DSC_2794
やっぱ Cピラー 日産さん 良くご存じでー(笑)

DSC_2847c
レイズ鍛造、ダーククロームカラーで武装!

DSC_2801
ドアハンドルも毎回乗る時には使いますし、空力を考えてでしょうか、この形状。ハンドルを放した時の音がドキドキです。

DSC_2802b
インプレッサもここは開いていますね! 必須アイテムか。

DSC_2805
このエンブレムは永遠か。水戸のご老公の 紋所に近いですねー

DSC_2806a
まっ とにかく凄い馬力ですね、凄い。

DSC_2809b
ここの黒い部分は カーボンにして欲しかったですねー ドライカーボン

DSC_2815
にらまれた感じで やっぱり威嚇されますねー 高速道路でつかれたらどいちゃいますね

DSC_2821a
基本的にGT-R路線を踏襲 やはり 男のクルマですね!

DSC_2824b
欧州車ティスト色、ハデさは控えてますが、男のGTRは不滅ですねー

DSC_2827
スピードは340キロまで刻んであります。1周したら400キロオーバーですねー

DSC_2830b
操作パネルもなれれば良いのでしょう。いっぱいあるとコックピットのようで雰囲気あります。

DSC_2837a
かわいいー5歳の男の子の指定席でーす

DSC_2841
この形状で覚えがあるのはマセラッティ。 苦労した記憶が(苦笑)

DSC_2907
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入りましたー

DSC_2909a
おおぅ このピラー 気持ちよいです ハイ。

DSC_2875
最近のトレンド形状丸と、直線の融合デザインですねー

DSC_2897
結構威嚇されますねー 獲物を狙ってるようですねー

DSC_2881a
30万円アップの特殊塗装の醍醐味、この見え方が 新しいです。

DSC_2872
車高でご心配な方 この通り問題ありません、15センチ以上ありまーす

DSC_2879a
んにゃー やられる この角度 きれいです。Cピラーは 美しい!!

DSC_2945a
後方にこの顔が見えたらよけちゃいますねー ど迫力ざんす

DSC_2955
最近の車は一頃に比べて 口が開くタイプが多くなってきたような、バンパーは一様に開口部が大きなデザインになりましたねー 大きなデザインの変遷ですねー

DSC_2961
この角度も美しいです

DSC_2987a
アルミホィールの大きさはなんと 20インチ空気圧は2.0なんですねー

DSC_2989
照明が変わるだけでこんなにも表情が変わります。アルティメイトシルバー4Mが持つ力ですねー

DSC_2990
これなら後塵を浴びても文句ないですね! 世界のスポーツカーに対抗出来ますもんね。仕上がりましたー

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

関連記事

-日産

© 2020 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー