ホンダ

ホンダ エリシオン[0001]|ガラスコーティング施工事例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。 「お客様の愛車は、自分の愛車以上の気持ちで接すること」を作業のモットーにしております。

DSC_4576a

家族の愛機。このエリシオンではまだ無いそうですが、片道900キロを走破し、お盆を迎えたりされるそうです。凄い! ワタシは100キロで眠い眠い病にかかります。約3年間お乗りの愛機ですが、細部を拝見すればするほど、お大事になさっていた事がわかります! 凄い事です。今後ともどうぞお大事になさってくださいませ。

DSC_4560
きちんとヘッドライトのデザインをしつつも、孤高の雰囲気をかもし出している感じ 特徴的です

 

DSC_4563
グリルはボンネット側と、バンパー側との融合型です。グリルはデザインと機能の両立が必要ですので難しいですねー デザイン。

 

DSC_4564a
純正アルミは結構大柄です。清掃はしやすいものの、ローターが当たり内側の清掃はきついですねー

 

DSC_4567
エンジンは気筒中止がついたすご技エンジン。

 

DSC_4568
室内はホンダ独特の知性感あるデザイン。ホンダ車ってそんな雰囲気感じませんかー

 

DSC_4571a
浮き上がるようなメーターは 若い人向け。ご年配はやはり どーんと アナログが良いのでは・・ わたしゃ やっぱり どんとこいアナログ って感じです。

 

DSC_4572b
インターナビ 結構便利だそうです

 

DSC_4575a
この辺はスッキリとした雰囲気、流石ホンダ流です。この位置のシフトは使いやすそうですねー

 

DSC_4576a
ご子息の特等席はレカロで武装! 将来が楽しみです。

 

DSC_4583a
2列目3列目で兄弟さんの特等席ですね!

 

DSC_4581
V6 3.0は 大きさでもパワーでも十分。ミニバンで2リットルの均衡をぶちやぶったのはどのメーカーだったか?!

 

DSC_4585
車体側面のキズキズ 結構なもんです!

 

DSC_4623a
サー ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP はいります

 

DSC_4622a
オーナー様がおっしゃっていたルーフ! シボシボ 艶ナシ きっときれいにしますょ

 

DSC_4625a
ボンネットはー

 

DSC_4639b
ご覧の通り! ツルン ピロン

 

DSC_4643
Bピラーの傷!

 

DSC_4646a
もちろん きれいになっちゃいますょ

 

DSC_4655a
ボンネットはご覧の通り、オーナー様の思い通りに!

 

DSC_4657a
きれいになっちゃいました!

 

DSC_4691
ほぼ仕上がりまして、これから凌駕最新ガラスコーティングたーーいむ!

 

DSC_4693a
純有機的なナイスバディになりつつあります。あとひと息で流体をまとったガラスボディに!

 

DSC_4714b
コーティング中 中 中

 

DSC_4716a
とっても光かがやく色ですねー 怖いくらいです 昔エステェマの同系色を磨いた時も感動しました!

 

DSC_4720
ひつこく ボンネットの画像!

 

DSC_4723a
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了

 

DSC_4730a
じゃーーーーーーーん

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-ホンダ

© 2021 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー