洗車とコーティングに役立つ知識

ホイールコーティングの効果は?汚れは本当に落ちやすくなるのか?

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。

新車で買ったばかりだからボディー用コーティングだけでなく、ホイールも綺麗を維持したいけど、ホイールのガラスコーティングって効果あるんだろうか?

DIYでやる場合と、専門店に依頼する場合で効果に違いがあるのだろうか。価格はどれくらいするんだろう。

人間と同じで、車も足回りがキレイだとグッと引き締まってかっこよく見えますよね。

しかし、ホイールは、ブレーキダストの汚れが発生しやすい車種が人気のドイツ車に多いということもり、特に汚れが付着しやすいパーツです。そのため、コーティング検討される方が多い部位の一つと言えるかと思います。
本記事では、ホイールコーティング検討者の方々向けに、ホイールコーティングの効果や、施工する場所のメリットデメリットなどを、創業1991年の東京の車コーティング専門店ポリッシュファクトリーを営む及川が說明していきたいと思います。

ポリッシュファクトリーのホイールコーティング料金表はこちら

ホイールはなぜ汚れやすいのか

そもそもホイールはなぜ汚れやすいのでしょうか?

ホイールは地面に近いパーツということもあり、普通に走っていれば地面の小石が巻き上げられて傷がつき、水たまりを踏めば、汚れている水がホイールに付着することもあるため、日常的に汚れてしまう部位になります。

また、ブレーキの効きが良いBMWやメルセデスベンツ、アウディなどのドイツ車は、ブレーキダストが発生しやすく、汚れが付着して真っ黒になりやすいです。

日常ユースで汚れやすい部位であるからこそ足回りが綺麗であればカッコよく映えるものの、一番汚れが目立ちやすく苦労される部位でしょう。

ホイールコーティングの効果とは

では、コーティングをするとどうなるでしょうか?

ホイールコーティングをすると、ボディーコーティングと同様、コーティング皮膜を形成することで汚れが落ちやすく、小キズから守ることが可能です。コーティング皮膜は犠牲膜となり、平滑であるため汚れが落ちやすく、また飛んできた小石なども皮膜が犠牲となり、ホイール自体に傷がつくことから守る作用が働きます。

ホイールコーティングの効果をまとめると、下記になります。

  • 皮膜が平滑なため、汚れがつきにくく、落ちやすい
  • 皮膜が犠牲となるため、ホイールを小キズから保護
  • 長期間に渡って、耐久性を発揮(※お店ごとによって耐久期間は違う)

日常使用で汚れやすく、傷が付きやすい部位であるからこそ、ホイールのコーティングはおすすめです。

ホイールコーティングを施工する場所は

ホイールコーティングはDIYで施工、専門店で施工される場合によって、メリット・デメリットがそれぞれあるかと思います。

DIYでホイールコーティングする場合

DIYでホイールコーティングを施工される場合、メリットとしては、価格がやすいこと、そして自分で施工することによって、車に愛着がさらに湧くことでしょうか。

触れば触るほど、新たな気づきが有り、車への思いが深まりますよね。

一方でデメリットは、市販のコーティング剤の場合専門店で使用されるコーティング剤に比べ性能が劣るため、小キズから守る性能や、汚れのつきにくさ、耐久性が弱くなってしまうのが一般的です。

市販品の中には、高性能なものも最近ではあります。ただし、屋外で晴れている日など乾燥し始める部位もあるため施工が難しかったり、完全乾燥まで時間がかかるなど、施工難易度が高いの難点になります。

もしどうしてもご自身で!ということでしたらチャレンジしてみるのもよいかもしれません。

市販品でおすすめのホイールコーティング剤はこちら

ガラスコーティング専門店で施工する場合

専門店で施工する場合のメリットは、施工に適した環境下で、優れた液剤、経験豊富なスタッフよる施工ができるため、性能に優れ、安心できるかと思います。お店によっては、耐久性が3年というところもあります。

一方でデメリットは、市販品でDIYする場合よりも、高価になるということかと思います。また、お店によっては、施工性を重視し、裏側をやらないなどもあったりするようなので、事前に確認するのがよいでしょう。

コーティング施工後のメンテナンス

ホイールコーティングを施工した後のメンテナンスは、基本汚れたらなるべく早くボディと一緒に洗車する、ということができれば問題ないかと思いますが、特に注意すべき点は下記になります。

  • コーティング皮膜を傷つける可能性があるため、毛先の硬いホイール用ブラシは使わない
  • 被膜に悪影響のある、強酸性/アルカリ性のクリーナーは使用しない (※弱酸性などは、施工されるお店、液剤メーカーにご確認ください)
  • ボディ洗車の基本同様、洗剤成分はしっかりと水で洗い流す。

まとめ

以上、ホイールコーティングについて、効果や施工される場合の注意点などについて說明させていただきました。

汚れやすい構造であるホイールは、汚れや傷から守るためにもコーティングをしたほうがよいと思います。

DIYで施工されるのか、お店で施工をお願いするのかは、予算や車への価値観によって人それぞれ判断が違うかと思います。

自分に合ったコーティングを施工することで、満足の行くカーライフが送れることを祈っています!

 

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-洗車とコーティングに役立つ知識
-,

© 2021 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー