ボルボ

ボルボ V50-T|ガラスコーティング施工事例

投稿日:2009/05/27 更新日:

DSC_2686
新車時よりお世話になっております、今回ではや3回目でございます。全権ご信頼を得て作業をさせていただきまして本当にありがとうございます、今回はキレイさの維持と全体リフレッシュ、新液凌駕ガラスコーティングのご依頼での施工となります。ご家族も増えてにぎやかで楽しいと思いますが、おクルマはお任せ下さいませ!!

DSC_2655a
アルミホィールはやや痛みがち

DSC_2657
ダストも ちょっと多めでしたー

DSC_2665
VWと相通ずるきざみかた 控えめな姿勢ですねー 前回の走行距離からは結構伸びましたねー

DSC_2670a
ハンドルのテカリ感も落とします。

DSC_2673
前回施工時にも書いております。何度も書きますがシートはホントに丈夫ですね、いまだに新品のようです。

DSC_2669a
ココのデザインもいまだに斬新ですしー

DSC_2666
これは必需品 イタチごっこグッズ。いっそのことECU連動で 車速まで落としてくれる プリ捕まらないセーフティ 機能なんかいかがだろうか。

DSC_2675
ココが 生後半年のかわいこちゃんの特等席

DSC_2677
ここには選ばれた、ベビーカーが積んでありました。ラゲッジも確保ですねー

DSC_2680a
リアハッチのダンパーの根本付近の汚れの 溜まり。これをほっとくと 危険でーす

DSC_2690
エンジンルームも汚れました、変に手を入れずほったらかし。これも立派なメンテナンスかもです。下手なケミカルを使うと へたこいたー の可能性もありますので 中途半端な 途中で時間がなかったのでやめるとかの 作業は 注意が必要です。このようにほっておく事も立派な守りかもです。

DSC_2689a
これは皆さんもお悩みの部分。はがそうと思っても はしっこの剥がれ具合で 「ヤバッ」 と感じて 断念するパターンはとても多いのです(笑)キレイにはがしてガラスコーティングをいたします。

DSC_2650a

エンジンルームの隅に集まる枯れ葉や汚れ。気がついたら取り去りましょう!これが砕けてエアコンの匂いに影響がある事もないではないです。以前レガシィワゴンに乗っている時は 枯れ葉が粉砕して入っていましたのでびっくりした事があります。
これより洗車、細部洗浄、ボディ洗浄に入ります。
鉄粉等に汚染物はやや多め。取り去りまして次のステップに参ります。

DSC_2714

DSC_2718

DSC_2713

準備出来ました。
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入ります。

DSC_2731

DSC_2738a
チュピチュピ ツルツルの ナイスバディにー

DSC_2734

DSC_2739
レンズも ツルンツルンでーす。

DSC_2726
こんな傷が あちこちに あったりするんです。これらをジミにサクサクと取り去り、全体の調整をして参りまーす。

DSC_2747

DSC_2748a
っと こんな感じで ツルンコ ツルンコ になり 「ニヤッ」と笑えるボディーに成長します。

DSC_2776
磨き上がりましてー

DSC_2788a

DSC_2809a
エンジンルームも ご依頼いただいておりますので この通りに スッキリと!

DSC_2812
細部までー! もちろん手作業ですので 腰パンパンです(笑)

DSC_2816

DSC_2818a
ガラスコーティング凌駕も終了いたしました。

DSC_2819a
樹脂部も 当店オリジナルケミカルで 守ります。

DSC_2821
アルミホィールも きっちりとクリーニング と コーティング。

DSC_2824a

DSC_2828a
完成いたしました!

前回に引き続きご指名いただきまして感謝感謝です。できる限りの事をしご満足いただきますように・・ 今後とも宜しくお願いいたします。今回もありがとうございました。 かわいい娘さんのためにもきれいにいたしました!(^_-)-☆

お見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

おすすめの記事

-ボルボ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.