アルファロメオ

ALFA ROMEO GIULIA GTAm|磨きガラスコーティング施工例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴32年。

新車アルファジュリアGTAmに磨きプレミアムコーティングいたしました

東京都渋谷区よりお越し頂きました!ありがとうございます

いつもお世話になり、ありがとうございます。Y様の愛機のご入庫でございます。

世界限定500台の貴重なおクルマ、そのお値段なぁ なんと 21,980,000円(車両代金)

しかも〜 4人乗りと思いきや リアシート部分にはロールゲージがはいっておりまして・・・・誰1人乗れないのです。

納車後に奥さんがリアドアを開けてビックリ 「なに〜 これ 乗れないじゃん、なにこの鉄棒」・・・・

以下施工内容抜粋です。

  • プレミアムコーティング
  • ホイールコーティング
  • 下地調整磨き
  • ウインドウ撥水コーティング
  • 黒樹脂部コーティング
  • ナンバープレートコーティング

早速 ボディーのパフォーマンスを最適化&入魂&輝度UP、入りました〜

キレイに見えるものの・・・

その新車の塗装の状態は   あらら   ガクッ

メーカーでスペサルカーだから言うことでガッツリと磨いてくれるのは良いことですが〜 ペーパー目まで入れてくれておりますのでこれらを全身除去しなくてはいけないのです〜

長い旅だぜぇ〜♪♪(矢沢永吉風)

こういう膨らんだ部分にペーパー目がガッツリトはいっているということはその分だけ極端に削れていると言うことです。

この状態だと太陽光の火では メランメランのオーロラだらけですのよ・・

きちんと下地調整をして、安全が磨きを行うことでご覧のような良い状態になります。艶ボケの戻りもなくずっとこのままです。

ココもメーパー目とバフ目のオンパレードですねぇ〜

こちらもきれいさっぱりときれいにこちらもキレイさっぱりとキレイに下地調整を完了しております。

なぁなんと カーボンウィングもペーパー目のオンパレード・・・
結局 全身 ペーパー目のオンパレードです。

インポーターは気がつかないわけは無いのですがね〜

まさかの 手抜き??

カーボンボンネットの裏側も(マット状態)こちらにも汚れの固着を防ぐ事が出来るようにコーティングをいたします。

このクローバー シールではなく ペイントなんですねぇ〜

クルマに全く興味の無い方には ご老人のマークとか若葉マークとかに見える???(笑) 

BMWと同じ雰囲気ですねぇ〜 アカステッチ 基本です(笑) 

ベンツSLかPORSCHEボクスターあたりから始まったメーターの雰囲気  望遠鏡ぽいというか潜望鏡ぽいというか〜

リアドアを開けた瞬間目に飛び込んでくる この ロールバー!

何が大変って  リアガラス清掃  身体悪くするからぁ〜〜〜〜(笑) 

ブラックバッチシリーズならぬ ブラックアルファ!!

純正でAKRAPOVIC | アクラポビッチマフラーがついております。ヨーロッパ最大のエグゾーストメーカーなんですね〜

レーシング部門を担ったとされるアウトデルタ  今回もどうからんでいるのでしょうかね〜

これはステッカーではなくきちんと1番外側にクリア塗装をされております。

かっこいいなぁ〜 2500万とか言われると  萎縮しますが、磨いてコーティングを自分の車と思ってさわらせて頂く喜び 駆け抜ける喜びならぬ ヌルテカにする喜び??  (笑) 

今回はご入庫大変ありがとうございました。

今後ともどうぞお大事になさって下さいませ。

 

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-アルファロメオ
-,

© 2022 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー