メルセデス・ベンツ

メルセデス・ベンツ 190E 2.6|ガラスコーティング施工事例

投稿日:2009/05/22 更新日:

DSC_2018
190E 2.6 スポーツライン。1991年で高品質をうたわれた190E 製造から18年経過し、いまだにファンも多く、根強い人気があります。コンパクトなサイズに2.6エンジンをインストール。元気に走ります。今回のご依頼は、ピカッとし、やれ感を出来るだけなくす事。承知いたしました!お任せ下さいませ。

DSC_2019
ファブリックのシート この頃の欧州車には良く見られたファブリックシート。皮が嫌いな方も多かったような気がします。

DSC_2023

DSC_2027
スポーツラインエンブレム 車高が適度に落ちていて良かったグレードでしたねー

DSC_1965a
固着した水垢、ドアミラーの根本付近に 固着して、増殖していきます。

DSC_1968

DSC_1962a
この辺も ドンドン堆積していきます。水垢。

DSC_1959
早速アルミも洗浄中です!

DSC_1955

DSC_1953
エンブレム 清掃前

DSC_2026

清掃後。完全にスッキリとします。
ボディーの現状はといいますとー 鉄粉でザラザラ状態です。ですが それはそれ お任せ下さいませ、ドンドン作業は進めたいと思います。洗車の段階が時間がかかると思います。

DSC_2089

鉄粉と、ほか ザラザラを落し 細部洗浄をし、乾燥。
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入ります

DSC_2093a

DSC_2098a
曇り具合は グッド!

DSC_2123

この年代のベンツは これが当たり前の 曇り方です。
ですが適宜 研磨いたしますと。がぜん甦ります。

DSC_2111

DSC_2141

DSC_2143a

DSC_2156a

順調に磨きは進みまして。ツルンコ ツルンコ 状態になりつつあります。
オーナー様のご希望は ペロンとキレイで 洗車が楽。そして長持ち。がってんです。

DSC_2159a

DSC_2164a

DSC_2169
磨きは順調に進みましてー

DSC_2177
これより マスキングをはずしまして、細部清掃に入魂いたします。

DSC_2183
磨き完成いたしまして、コーティング 室内清掃等々 アルミホィールコーティング、ウィンドーコーティングもご依頼ですので作業に入ります。

DSC_2208a

DSC_2204

DSC_2210a

DSC_2214a
フロントバンパーのフェイスは この通りシットリと仕上げます。

DSC_2217

DSC_2245a
アルミホィールもコーティングいたしました!

DSC_2254a
この年代のメルセデス 見やすいメーターは 不変のスタイルです。

DSC_2257a
このシフトスタイルも ベンツはいち早く導入。ベンツと言えばこれでした。

DSC_2258

落ち着いた室内の色合い。ファブリックは滑らないので良いですね。
室内は念入りにオゾン脱臭と、除菌いたしました。

DSC_2230

DSC_2243a
仕上がりでございます。今後ともどうぞお大事になさってくださいませ。

今回はご依頼大変ありがとうございました、今後ともご贔屓にお願いいたします。
ご依頼、感謝感謝でございます。

お見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

おすすめの記事

-メルセデス・ベンツ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.