アウディ

アウディ A6 アバント 3.2 FSI クワトロ|ガラスコーティング施工事例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。 「お客様の愛車は、自分の愛車以上の気持ちで接すること」を作業のモットーにしております。

イケメン、長身、スタイル抜群 残念なほど言うこと無し

A6アバント

感性のお仕事をされていて、仕事にも使え、フォーマルにも使え


安全に移動できるクァトロシステムはアウディならでは。


A6アバント


9本スポークの端正なデザイン。


センターキャップもかこいいですね


A6アバント


何となく躍動感のあるデザインで


色使いも上手に見えるです。

(私は評論家では無いし専門知識はないでーす)


A6アバント


黒で 皮で シルバーのアクセント



良いですね〜!


A6アバント


Sラインの皮シート


高級感バリバリです。


包み込み感でサポート。


A6アバント




A6アバント




A6アバント


290キロまで刻んだスピードメーターは


真上を向くと 日本の法定速度。


安全ですね〜!!


A6アバント


こう見ると華やかさも持っているので




A6アバント


頭の良い知的なユーザーの心をつかんだのは


この部分も大いに関係しますね〜


操る感があり、


そう 高級オーディオの


感覚もあるのでしょうかね〜


A6アバント


左下側のスイッチは


車検証などが入っているコンソールの開閉SW。


気がつかないと 


このクルマは きぅっと開かないんだ・・・


と勝手に決めつける方もいるかも(笑) 



A6アバント


ドアヒンジには 他店の前回の磨き(約1年前と思われる)


コンパウンドの粉がこびりついております。




A6アバント


2.4でも十分


3.2ならトルクフル


その上ならなおトルキーです。


A6アバント


近年のアウディに見られたアルミモールのシミ


これは1年前に作業をしていただいたそうですが


すでにシミに・・・


A6アバント


これは結構大変な作業になりました〜


前回の作業(柳瀬)の時に取り切れていないシミが多数


今回はそれらを取り去る作業に〜


しみつへいき(秘密兵器)の登場でだいぶ楽にはなりましたが


やはり時間はそれなりにかかります。




A6アバント


何度も申しますが


1年前に柳瀬作業をしているはずですが


こーーーーーーーーーーーーんなに 鉄粉等で


ザランザラン


A6アバント


早速 マスキング後


ボディのパフォーマンスを最適化&入魂&輝度UP、入りました〜


A6アバント


この竜巻のような見えるのが 磨き傷(機械磨きの跡)


A6アバント


この磨き傷があるために


全体の色艶感がスポイルされて


本来の色に見えないのでした。


A6アバント




A6アバント


だんだんと それらの磨き傷も取り去り〜


トロントロンに^


A6アバント


シャキ〜ンと 映り込みもはえ。


A6アバント




A6アバント


下地も完了いたしまして。


数種の工程を経て


コーティング作業に入ります。


A6アバント




A6アバント




A6アバント


複層皮膜の頑丈なコーティングを


完成させまして。


ボディの膨らみも強調されて凛と!


A6アバント





A6アバント




A6アバント




A6アバント




A6アバント




A6アバント




A6アバント



下地調整も工数を経て


トロ〜ンとした表面になりまして。


艶も色濃く


コーティングの効果も相まって ツヤツヤボディに。


数ある施工店よりお選びくださりまして大変ありがとうございます、


感謝感謝でございます。


どうぞ今後ともお大事になさって下さいませ。


ハイエンドポリッシュ-SSSコーティング完成いたしました。


ボディのパフォーマンスを最適化&入魂&輝度UP、入魂終了いたしました。

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-アウディ

© 2022 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー