ランドローバー

ランドローバー・ディフェンダー 90オートバイオグラフィ・エディション |磨きコーティング施工例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴32年。

ランドローバー・ディフェンダー90オートバイオグラフィ・エディション
右ハンドル AT 4人乗りにプレミアムコーティングいたしました

東京都よりお越し頂きました!ありがとうございます

クラシック・ディフェンダーの最終の限定モデル。

とっても貴重な車両ですね。

世界限定でたったの100台しかないといわれている「オートバイオグラフィ・エディション」

しかもMTからATに換装されているというさらに貴重なモデルのご入庫です。

ゲレンデにはない特殊なオーラは他を圧倒します!!

この車両を丁寧に丁寧に、塗装の厚みを良く力減らさない下地処理でツルピカに且つコーティングをいたします!!

こういった貴重な車両は今後減りはしても増えないのでますます貴重になりますね。ロードスター、アルファジュリアGTM,911,内燃機関のゲレンデ、ランクル、ハイエース、GT-R,RX-7,ランエボ、インプ、S660,S2000等々値上がり必至なクルマは沢山有りますね〜

以下施工内容抜粋です。

  • プレミアムコーティング
  • ホイールコーティング
  • ウインドウ撥水コーティング
  • 黒樹脂部コーティング
  • 細部徹底清掃
  • エンジンルーム清掃
  • ナンバープレートコーティング

ややこしい形状(セダンとかに比べると)のSUV系はマスキングにとても時間がかかります。

塗装も脆弱な部分があったりすることもしばしばですので見定めてからのマスキングをいたします。

早速 ボディーのパフォーマンスを最適化&入魂&輝度UP、入りました1

元々の状態は このような状態です。

ボンネットはご覧のように モソモソ シクシクな状態です。

バサバサ という表現がピッタリですね。

ルノーカングーを彷彿させる窓ウインドー。

その周りにはゴムでガラスをとめているのでマスキングも時間がかかるんですね〜

この部分は結構傷が深い場所でした。

何度か丁寧に恐る恐る、ミクロン単位で測れる膜圧計を片手にしながらの下地調整作業です。

順調に 黒々しくなり、テロンテロンに!!

磨き下地調整も完了をし次のステップは エンジンルームなども清掃とお化粧をいたします!!

熱がかかる部分のエンジンルーム 将来長く所有するためには、樹脂製品(リザーブタンク等々)と、メインハーネス関連だけスペアパーツをもっていれば安心ですね。

室内も通常清掃と皮クリーニング等々隅々までキレイにいたします。

シルバー部分がオートバイオグラフィ特有のパーツなのだそうです。

 こちらの給油口のふたも特別仕上げですね。

昼あんどんのようなフィラメントではなく「LED」に換装されていますね!

ヘッドライトなどもLED化されていて充分に現代の形になっております!!

ココの後端部はきっちりと直線なので清々しい気持ちになります(笑) 

サイドステップやマフラー、フロントアンダーカバーもとてつもなく汚れておりましたので対応いたしました!!もはや体力勝負です(笑) 

エンブレムからフロントグリルまで、清掃に時間をかけて清掃クリアー後にコーティングを施工いたします。

ランドローバー系は立体エンブレムなので何度キレイにしても汚れが堆積するので汚れるんですね〜ぇ〜

コーティングも完了いたしました!

プルンプルンです。

今回はご入庫大変ありがとうございました。

Y様、今後ともどうぞお大事になさって下さいませ。(お身体も!!)

 

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-ランドローバー
-, , ,

© 2022 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー