シボレー

シボレー Z06|ガラスコーティング施工事例

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴31年。 「お客様の愛車は、自分の愛車以上の気持ちで接すること」を作業のモットーにしております。

z06883
マッスルカーの伝説 コルベット ブラックボディの幅広ボディ!

z06878
前後異型のサイズ リアは極太でやんす

z06872

エンジンも赤黒のコントラストで 情熱的ですねー

z06875

z06876

511馬力だそうです(オーナーさま談) 読み方は ジーオーシックス だそうです ちなみにわたくしは ぜっとぜろろく と  (苦笑)

z06881

z06869

これでノーマル アクチエーターでV8の野太い音をコントロールし 開けると怒濤の排気音が!!

z06884

z06895

通常は2-3千回転もあれば 街中は 怖いもの無し 4千もまわせば 異次元に

z06893

室内は意外とシック 渋いですねー

z06896

6速マニュアル ぶっといトルクでグイグイと。駐車時はリバースに入れておかないと バッテリが上がります、ご存じでしたか?!

z06899

z06900

ここがいわゆる キーシリンダーのような部分 長押しでエンジンスタート です。かけた気がしません 実は(苦笑)

z06902

シルバーの部分の中の黒いボタンでドアが開きます 力いらずなのですが あけたー って 感じというか 感覚は少ないですね、慣れの問題でしょうかー

z06906

ドアの厚み! みよっ

z06911

広い ラゲッジ おもてみからは想像以上の広さで 小旅行も全然問題なしです。

z06923

では早速

ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入りましたー

z06927

車体は普段お出しになっている洗車屋さんらしいのですが ボディのいたるところに油っぽく マスキングもつかないほど ですが 磨きには必須 なんとか貼りました。

z06947

バリバリ磨くというものではなく 現状の小キズ オーナーさまが気になるレベルをお伺いしたうえで研磨いたします。

z06948

z06950

z06951

z06961

z06988

磨きあがりまして! コーティングも終了いたしました。

z06989

きちんとした下地にコーティングをいたしますと 真っ黒に!本来の艶に。

z06996

z061000

この辺も ピッカピカに!!

z06999

z06978

アルミはどこかの段階で 防錆剤が あちこちに飛んで 固着しておりまして 難儀でございました シクシク

z061009

車談義もおさまらず ワンちゃんがお待ちになられて クンクーン と おねだり いや 立腹か(笑)  遠くから当店を選択いただきまして、お足を運んでいただき恐縮でございました。感謝感謝でございます。

ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了 入魂終了いたしました。

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

-シボレー

© 2021 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー