スバル

スバル インプレッサ STi[0005]|ガラスコーティング施工事例

更新日:

DSC_8332

レガシィワゴン 3台新車で乗り継ぎ いよいよ インプに。

DSC_8328
真正面の顔も インプレッサと即わかるレイアウト。カーボンのアイラインが付くと更に 濃い顔になるんでしょうねー

 

DSC_8335
4本出しのマフラーエンドは スポーツの証。音も良いです。どうせならディフユーザーもカーボンに して欲しかったりします。

 

DSC_8336b
三鷹の証 赤エンブレム 国産車の誇りですね、海外ではばか高、イギリスなどでは超高級スポーツカーですものねー

 

DSC_8338
赤いSTiエンブレムと メッキの インプレッサ そして高輝度ランプ類を包んだスケルトンレンズ。

 

DSC_8341a
室内はレガシィに比べてとてもシック。とはオーナーさまの弁。わたしもそう思いますが、それが魅力でもあります。買おうかなー ではなく 買っちまったよ が 男の行動力であります。

 

DSC_8343a
強そうなアルミホィールと、頑固なダスト 絶妙なバランスですねースバルの純正アルミはとてもバランスが宜しいです、どなたのデザインなのでしょうかねー

 

DSC_8345a
シンプルなメーター

 

DSC_8357
最近のスバル車の特徴、メーターのスターティングアップ

 

DSC_8356

 

DSC_8358
最後はこのように 点灯して 情熱のSTi赤色になります。

 

DSC_8350a
STiのは特別にして欲しかったです。ねーーん。

 

DSC_8351a
こう なんだか 男の 操作系は アルカンターラ、黒革、そしてシルバー かっけーーっ

 

DSC_8359
アベレージ 燃費は 9.6km/L なかなかですねー

 

DSC_8362a
後輪の空気圧は1.9 低いんですねー

 

DSC_8363a
レカロ/STiスバルシート ガッチガチではなく 良い感じです。

 

DSC_8365a

 

DSC_8367
ぎっしりのエンジンルーム 308馬力

 

DSC_8370
タワーバーの 青は何を意味するんでしょう? ゴールドか もしくはピンクならわかるのですがー

 

DSC_8371a
ゴルフバックを積んだ状態です。お2人でバビューンといくのには良いですねー ゴルフexpressですね!

 

DSC_8373b
マスキングも終了 ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入ります!

 

DSC_8381
傷の画像を撮るまでもなく 東村山は 傷多め。オーナーがこうるさくないので こういった感じで納めるのでしょうか。きちんとしてちょ 営業所!

 

DSC_8386
磨き中 磨き中

 

DSC_8388

 

DSC_8389a

 

DSC_8393a
テールレンズの意匠が変わりそうな気がします。羽根ももっと大きくても良いかもですねー

 

DSC_8394a
もっこりモコモコ

 

DSC_8396
デザインは サイコー とても個性的です。

 

DSC_8400

 

DSC_8404a
マスキングをすると、デザインがよく見えてきます。っとなると フォグランプももう少しつり目になると一体感のあるデザインになるかも(笑)

 

DSC_8406a
孤高の戦士 という感じでしょうかー 国産車の中ではやはり インプとランエボ 良い個性ですねー しかし 苦戦中ですねー 現行インプとランエボ並べて磨きたいでーす

 

DSC_8424
磨き上がりましたー

 

DSC_8426

 

DSC_8456

 

DSC_8498

 

DSC_8502a
エンジンルームも キレイに仕上げております。

 

DSC_8506a
光り輝きますと、よりいっそう 攻撃的になりますねー

 

DSC_8509

仕上がりです! ゴルフ場の駐車場でも一発でわかりますねー!

今回は出来るだけ早くお納め出来ますようにがんばりましての作業です、愛機も早く御手元に帰りたいと 言ったような気が(笑)

 

DSC_8511

カッコよいですねー

ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了
ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事

-スバル

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.