車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

お問い合せフォームメール

東京都練馬区春日町4-5-4 1F 営業10-19時

無料見積/施工予約

作業工程/施工環境

作業工程どのように作業は進んでいくのか画像付きでご説明します。

車磨きやガラスコーティングの詳しい施工内容がよくわからない、どんな施工内容で?!にお答えして細部まで画像つきで説明いたします。

※経年車の一例です、状態により作業内容は変化いたします。

傷み具合・愛車の状態で適宜施工内容は変わりますが、概ねは下記内容で進みます。

空調で管理された完全室内作業です。洗車から磨き、納車まで完全に密閉室内での一貫した施工となりますので安心です。隅々まで毎日きれいに清掃をされた室内で粛々と作業はされて参ります。

まずはご入庫

足マット、ハンドルカバー、シフトカバー等を装着します。

毎回毎回常に新品を使用いたします。何度も使えるものは使用せずに毎回フレッシュに!

傷などをチェックします

カルテにはユーザー様の詳しい情報を入れて作業に反映します。

脱着が必要なものははずします

車種により効率を考えて作業します。この段階で頭を充分に使い、方向性を考えながら進めます。

まずは足回りから洗浄

プロの真骨頂は足回りを驚くほどきれいにすること。ユーザー様でもプロ並の方はおられますが、それはごく一部。皆様の悩みの種はこびりついたダスト等でしょう。

こういう場所も

フェンダーライナー部分は汚れが取れにくいし、あまり通常は触られないかわいそうな部分ですので、触れる限り一生懸命触ります。

泡洗浄で綺麗にいたします

様子を見ながらきれいにして参ります。これは各種様々な溶剤や道具を使用しつつ、種々様々な症状にあわせて進めます。

しっかりと見ながら洗浄

汚れをドンドン落としていきます。アルミホイール、フェンダーライナー、ショック等々キレイにいたします。

早めの洗車で綺麗を保てます

こびりつきを早めに取り去る事により、食い込みを防止いたします。

マフラーエンドなども綺麗に

リアフェンダーの下側部分等もすっかり汚れておりますので、洗浄段階でキレイにいたします。そこで取れない部分は別な方法で更にキレイにいたします。

立体エンブレムは・・・

本当に汚れます。ですが普段のお手入れではキレイにできませんね!ここももちろんキレイにいたします。洗車段階でも洗浄いたします。年数の経過したお車で必要な場合は、この段階でほとんどキレイに仕上げたりもいたします。適宜と言う部分です。

奥深い部分の汚れは

このような細かい部分も洗浄段階で取り去る事が多く、それでもなおかつ取り去る事ができない場合は、数段階での作業となります。洗浄後はオプションのナンバープレートコーティングがお勧めです。

普段見ることのない部分

おざなりになりがちな部分。ここをキレイにいたしておきますと、ガソリンスタンドでの対応が丁寧になったりもしますし、やはりキレイですと気持ちの良い部分です。

ここも触ろうと思ってもあまり・・・

ここも、やろうやろう、キレイにしようと思いつつも、オーナー様はやはりでき難い部分。もちろんここも、みっちしキレイにいたします。ドアの内側全体を全てキレイにいたします。

ルーフモール部分も

フロントウィンドウのモール部分についた水垢の黒帯もキレイにいたします。くぼんだ部分には必ず水垢が潜みます。

ナンバーの樹脂の台座

台をはずし、ナンバーそのものもキレイにいたします。案外とキレイの対象にされなく、痛みがちなのがナンバー、実はかわいそうだったりします。

リアハッチのヒンジ部分

もしくはトランク周辺の清掃。ここもかなりなおざりにされる部分です。

各社のシンボル

もちろんですがキレイにいたします。汚れがたまる構造なのですが依然としてその構造は変わりませんので、依然としてキレイにしなくてはいけない部分でございます。

ペダルも普段見られない部分

泥汚れなどがついている部分。滑らないように仕上げ、キレイにいたします。

洗浄後の

ドアヒンジ、ウツクスィ

補機類の樹脂部

ほかエンジンオイルレベルゲージ等の赤や黄色の色つきの物をキレイにいたす事で、見違えるようにキレイになります!(オプションでエンジンルーム清掃ご依頼がある場合)

カウルトップ付近は

ゴムでしきられておりますが、昔ほど水を嫌うものでもなくなったらしく、今どきのディーラーでは高圧洗車機で洗い流しますから、防水性は純分なのだと思います。シビアなメーカーももちろんあります。この辺は経験則によります!(オプションのエンジンルーム清掃をご依頼された場合には、綿密に洗浄いたします。通常はフェンダー合わせ面と、カウルトップ周辺のみとなります。)

リアハッチのある場合

水がこぼれたりする可能性がありますので、覆いましての作業となります。

給油口は

普段はあまり見ない部分です。形状で汚れが溜まりやすくできていますので、洗浄します。

エンジンルーム洗浄の

ご依頼があった場合は、ボンネットの裏側も洗浄いたします。下側部分の養生ももちろん忘れません(通常はエンジンフードの洗浄はいたしません)。

ヒンジ部分の洗浄

ここも機能部品ですので綺麗にされないで生涯を終える車もあるのです。(オプションでエンジンルーム清掃ご依頼がある場合)

マフラーエンド周辺

ここも普段はあまり手の入らない部分、きちんと見て作業いたします。

ドアハンドル部分の

洗車時にドアハンドルの細かな部分も、特殊洗浄剤で清掃をいたします。

ご存知かと思いますが

この部分も汚れがよくたまる場所ですので、きっちりと洗浄いたします。

水きり部分

内側に溜まった汚れを流し出します。中には苔が生えている場合も見受けられます。なにより間にはまった小砂でウィンドウの開閉をする時に、「ギィーーッツ」とガラスをする不快な部分の元凶だったりもいたします。

ナンバーの台座裏も

このように汚れまくり、跡がつきまくります。普段は見る事がない部分です。(台座が外れる場合のみの作業です)

シャンプー洗浄

泡泡で洗浄、濃密クッションではないのですが、すべる事で傷つきは確実に減ります。

鉄粉除去剤により鉄粉を除去

鉄粉の場合はこの作業で除去、それ以外の汚染物の場合は他の方法で除去します。

赤く反応するのが

鉄粉の証。除去せずに磨くと永遠にに取れなくなり埋没します。(クリアー塗装の下に埋没します)

じっくりと

鉄粉の反応を見ながらにらめっこをします。

とりきれない鉄粉とか

汚染物を除去いたします。トラップ粘土で取り去ります。ここで丁寧に作業をいたしませんと傷をつけてしまうことになりますので、慎重に進めます。もちろんですが全ての作業を屋内での作業となりますので、埃などの心配はございません。

各種汚染を除去後は

ドライヤー付きのコンプレッサーから出る乾燥した圧搾空気での、水滴除去と乾燥作業になります。

足回りも乾燥

乾燥した段階で鉄粉やら何やら見えてきます。醜い場合は再度洗浄いたします。

エンブレムの隙間

その後の作業に差し支えの無いように備えます。高圧洗車機で洗車をされている方のお車は、汚れの出方が少ないですが、自宅での流水洗車が主な方は、泥や埃がナンバーの裏とかエンブレムに潜みますので、圧水で流し出します。

洗浄を完璧に済ませますと

その下側は汚れてんこ盛りで、足回りからの汚れを垣間見られます。「こんなに汚れって溜まるのか?!」っと言うくらいに出ます、汚れ。

洗車乾燥後は入念なチェック!

傷のありか、凹みのありかを探し出します。再塗装部も見逃しません。様々な状態を把握します。

傷などのチェック

傷観察、大事な作業です。このカルテが先々とても役に立ちます。

ボディ下部も

良く拝見します。場合によってはキレイにしている床面ですので、寝ころびながら拝見する事もしばしば。キレイな作業環境ならではですね。

ボディサイド面も

特殊照明を当てて良い状況を作ったのちに、きちんとチェックいたします。

ルーフアンテナも外し

外せるものはどんどん外します。無駄にやたらと外すことはもちろんいたしません。

覆える部分は覆いつくします

経年車、貴重なおクルマの場合は適宜考え、経験と応用でマスキング作業をいたします。マスキングをせずに磨くことはしません。

効率のよい作業を

きちんと物により分別化して効率化いたします。これが結構大事だったりもいたします。テープ類は環境を考え作業効率を考えた物を使いますが、あえてでしゃばったりはしません。

多方向に置いてある時計

どの方向に見て作業をしていても時間は把握できますので、無駄の少ない作業ができます。時間経過の意識も生まれます。長い間の作業が良い事はあまりなく、効率の良い作業が1番仕上がりが良いです。時間のかかる作業をうたい文句にしておる施工店の仕上がりは・・・

壁にあしらったロゴ

色々な想いをはせながら作業に向き合う事ができます。いつまでもメーカーが変わらないように、がんばっていただきたいと想い願います。

マスキングは

経験のみです。貼った分だけ早く上手になります。むやみに時間をかけても全く意味がないばかりか、限られた作業時間を無駄に使ってしまいますので、お客様には迷惑な話。スムースで正確な作業を求められます。

完全武装のマスキング

何かを待っているようですねー。デザインも良く見えて来ます。

きちんと全体に

くまなく張り巡らします。大切な愛車のために。

色々なことを想定しつつ下地に

磨き状況を考慮して入ります。過去のカルテを見たり、データーベースを適宜考慮いたします。

オーナー様のご要望と

時期の状態により、適宜作業方法、作業材料は変化し、対応して参ります。各コースにより作業内容、回数等仕上がりまで変わります。詳しくは仕上がりのご希望により変わりますので、適宜という事になります。

色々な照明を駆使し

これは感性にもよりますし、それぞれの特徴や体力、そして何より磨く人の性格が前面に出る部分です。出過ぎては行けませんし、力不足ではご満足していただけませんので、バランスが大切です。

こういう部分も!

体力も根気も使いますが、全てはオーナー様のため。

もちろんこういう部分も

ナンバーの周辺は磨きづらく、後付けのバックアイなどがあり注意が必要です。

大事な愛車にひざまずき

下からのぞき、向き合います。

いつも使うタオル類も整理整頓

使いやすいクロスを丁寧に使います。汚れに気がついたらすぐに洗い仕上げ、古くなりましたら、新しいものと交換します。とても気を使います。

洗濯物のいれもの

リサイクルでマスキング等に使われた箱を再使用します。環境保護の一助になればという思いです。

濃厚な艶

この艶を得られます。色々な工程や材料、時として想像しがたい工程を踏む事ですらあります。

最終仕上げ工程を経て

仕上げ工程を一心不乱に施工いたします。

機械施工は終了

機械磨きはここまででほとんど終了いたしました。この後は手作業であります。

マスキングを丁寧に剥がします

ビリッといきなりはやらないのです。ここも丁寧に。やらない理由は経験則有りだからです。

細部の汚れを点検

マスキング類を剥がしながら点検も含めて、二重に作業ができます。

言葉が出なくなり押し黙ったまま黙々と、時として半日や1日かけて細かな部分のcleaningをいたします。

汚れだまりの代表部分

ドアミラー周辺。キレイにいたしますと全くもって汚れの出かたまで変わります。施工後の洗車にも関係してきますので、大事な作業でございます。

下部の見えにくい部分も

機械磨きのできない部分を手作業で行い、隅々までキレイにいたします。もちろん首、腰のチカラをふんだんに使用しますので、体力を消耗し、人間の頭の重さを十二分に感じる事ができます。その後、3時の休憩が恋しくなります。

どんな車にもついている

ドアハンドルもさらにキレイに仕上げます。細部に入り込んだコンパウンドの粉なども、しっかりと取り除きます。

コーティング前の細部点検

Aピラー周辺、水切りモール部、ドアミラー、サイドモール、サイドマーカー、ヘッドライト周辺、前後バンパー、等々。

脱脂洗浄後

コーティングを施工いたします。充分な下地処理の後に注意深く進めます。結構神経質な場面ですがとても大事な部分、気を抜く暇はありません。

コーティング作業

ボディの皮膜はかくして真剣に作られます。適宜バージョンアップもしますし、大幅なバージョンアップもいたしますので、どうぞご期待ください。年改は適宜ございます。

作業途中で

キレイに清掃しつつ埃を避けて、作業をスムースに続けるために、面倒くさがらずにまめに清掃します。あたりまえのことですが!

コーティング終了後

簡単そうで難しい作業。キレイに拭ける事が、こんなにもガラスが透明かと思うほどです。

窓の仕上げは難しい

きちんと見て磨く事と、そっぽを向いて磨く事では仕上がりが全く違います。おのおのが責任を持って磨きます。

室内清掃

慣れた作業と侮らず、真剣にいたします。

シートの目地

これを感じますと、オーナー様が気持ちが良いのはいうまでもありません。基本コースで普通にバキューム清掃を行います。

エンジンルーム

作業にあたります。腰を曲げての作業ですので、適宜休憩をとりつつ、志気を高めての作業になります。連続ですと不機嫌この上ない作業になり、仕上がりに反映しますので、時として珈琲ブレイクも入れたりもします。(エンジンルームはオプションの別途作業となります)

アルミホイールコーティング

タイヤ保護、フェンダーライナー等々、スプリングなどもひどく汚れている場合でもキレイにいたします。アルミホイールはオプション施工を選択された場合は洗浄、コーティング、オプション施工をお選びでない場合は洗浄までとなります。

細部仕上げ

グリル、ライト周り、バンパー下部等々、やる事は沢山ありますが、きちんと拝見しつつ作業を進めます。オプションで樹脂類のコーティング作業も承ります。

キモの部分

キレイに戻します。この周辺はあまり手の入らない部分、痛みがちですがキレイにならないと、何となく締まりません。(黒樹脂部はオプション作業となります)

綺麗になった足回り

足回りが綺麗ですと、全体が引き締まって見えますね。大事な部分です。

ドアミラーなどの細部も

きっちりとキレイに仕上げます。上下左右から点検施工いたします。

この辺の仕上げも怠りません

グリル、ヘッドライト周辺、バンパー、下部等々、汚れは見逃しません。

点検を怠らず!

この角度から見るだけでも色々な点検部がありますので、抜かりなく拝見いたしつつ仕上げます。

数度点検をします

ここに限らず何度も拝見いたします。照明の違い、拝見する方向により、見えなかった部分が見えてくる事がございます。

この周辺も

点検、点検!

要チェック

ここも重ねてチェック。

給油口

やはり数回点検いたします。あまり見ない部分ですが、見た時に汚れているとがっかりいたしますので、手抜かりはありません。

ドアハンドルは個数分全部点検

点検中何かありましたら修正いたします。回数を重ねると良く見えてくるものです。

ゴムも塗装部も

ゴム部等々ぐるりと点検。何かありましたら修正いたします。

開けまくる、そして点検修正

最後まで手抜かりはありません。全てはご依頼いただきましたオーナー様のためです。

ところで、洗車は

整然とした場所での作業は、余計な事が起きる事が少なくなりますので安心です。もちろんですが、太陽光の当たる水滴の乾燥を促すような場所ではありません。

内側もとても大事です

ナンバーの台も

ナンバーそのものも綺麗に仕上げます。オプションでコーティングもできます。

エンジンルーム

エンジンルーム清掃はオプションですが、綺麗ですと開けたくなりますね!

カウルトップ

カウルトップはとても傷みがちな部分。オプションコーティングで守ってあげてください。

最終点検を

仕上がり確認をいたします。床に寝ころんでもキレイな状態を保っておりますので、下部もしくは下部より見上げた部分も点検いたしまして、終了に向かいます。

仕上がりを丁寧に何度も点検し

どこからみても隙のない仕上がり。

入魂作業そして仕上がり

ご納車まで、全て完全密閉室内でお引き受けいたしますので安心です。どうぞこのクォリティを味わいくださいませ。温度管理、時間ごとの適宜床清掃等々、管理の行き届いた施工は万全です。施工機械類の管理、清掃、バフやクロスの管理、清掃、保護、全て人の手で考えて、行き届いた管理下での作業でお迎え、お送りいたします。

最新技術とコーティング

適宜更新追加いたします。当社オリジナル施工のガラスコーティングを体感できるのは、ポリッシュファクトリーだけです。年を追うごとに更なる進化を遂行できますように努力いたします。

洗車から仕上がりそして納車

塗装本来の性能を発揮し綺麗に保てますように作業を完了。お客様の普段の洗車も大事なメンテナンスになります。

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

車磨きとコーティング作業工程 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー,2016 All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ