洗車とコーティングに役立つ知識

ホイールコーティングは不要?代替方法とコスパの真実

ホイールコーティングを塗っている画像

1. ホイールコーティングとは

車のホイールコーティングは、ホイールの保護と美観を保つために広く推奨されています。しかし、ホイールコーティングが本当に必要かどうかについては、疑問を持つユーザーも多いのではないでしょうか。ホイールコーティングの必要性について考える際には、そのメリットとデメリットを正しく理解することが重要です。

本記事では、「ホイールコーティング 必要ない」という観点から、コーティングの不要性や代替手段、そして費用対効果について詳しく解説します。また、専門家の意見や実際のユーザーのレビューを基に、ホイールコーティングの真実を探ります。最終的には、ホイールを綺麗に保つための効果的な方法やDIYでできるケア方法についても紹介します。

ホイールコーティングを検討している方、またはすでにコーティングを行っている方にとって、本記事がホイールメンテナンスの最適な選択肢を見つける手助けとなることを願っています。それでは、ホイールコーティングの必要性とその真実について詳しく見ていきましょう。

本記事は1987年創業、カーコーティング専業一筋30余年、新車中古車の施工台数は20,000台超という経験の東京の車コーティング専門店を営む現役施工者である及川が解説いたします。

2. ホイールコーティングの不要性と理由

2-1. ホイールコーティングのデメリット

ホイールコーティングには多くのメリットがあるとされますが、実際にはデメリットも存在します。まず、コーティングには高額な費用がかかることが挙げられます。また、施工後も定期的なメンテナンスが必要であり、その手間とコストが追加で発生します。さらに、コーティングが正しく行われなかった場合、期待する効果が得られず、逆にホイールにダメージを与える可能性もあります。使用中のホイールの汚れを除去する際に誤ったケミカルを使用してホイールを痛めることがあることもしばしばです。

2-2. ホイールコーティングが不要なケース

ホイールコーティングが必ずしも必要ではないケースも存在します。例えば、日常的な使用において過酷な環境にさらされない場合や、定期的に洗車やメンテナンスを行う習慣がある場合です。このような場合、ホイールコーティングを施さなくても十分に美観を保つことが可能です。またホイール形状があシンプルな場合やセラミックブレーキで距離をあまり乗られない場合は簡易的なコーティングで十分というケースもありますが、施工が面倒くさいとか、洗車すらご自身で行わな合い場合はホイールコーティングは必須となります。

2-3. ホイールコーティングの代替手段

ホイールコーティングの代わりに、ホイールの保護と美観を保つための方法として、以下のような代替手段があります。

  1. 定期的な洗車: ホイールの汚れを定期的に落とすことで、汚れの固着を高確率で防ぎます。
  2. ワックスの使用: ホイール専用のワックスを使用することで、汚れを防ぎつつ、光沢を保つことができます。
  3. 防汚スプレー: 簡単に使用できる防汚スプレーを定期的に使用することで、汚れの付着を抑えることができます。こちらには弊害がありまして「コーティング後は触ってはいけない」という縛りがあります。

3. ホイールコーティングの費用対効果

3-1. ホイールコーティングのコスト分析

ホイールコーティングの費用は施工店や使用するコーティング剤によって大きく異なりますが、一般的には数万円から数十万円かかることが多いです。また、施工後のメンテナンス費用も考慮する必要があります。

3-2. ホイールコーティングの効果の真実

ホイールコーティングの効果は一定の条件下で有効ですが、全てのユーザーにとって最適な選択肢ではないことも事実です。特に、定期的なメンテナンスを怠ると効果が薄れるため、十分な手間をかける必要があります。特に定期的な洗浄を行わない場合は効果が薄れることがあります。

3-3. コストパフォーマンスの良い保護方法

コストパフォーマンスを重視する場合、ホイールコーティング以外の方法も検討すべきです。例えば、DIYでのケアや、安価な保護剤の使用が効果的です。また、定期的な洗車やワックスの使用は低コストで効果的な保護方法です。洗車後の綺麗な状態でスプレーシーラントでケアーをするとより一層長持ちをします。

4. 専門家の意見とユーザーの声

4-1. 専門家が語るホイールコーティングの必要性

ホイールコーティングの必要性については、専門家の間でも意見が分かれています。ある専門家は、特定の環境下では必要としない場合が多いと述べています。次の条件下では不要かもしれません。滅多に乗らない、滅多に洗車をしない、湿度の少ない駐車環境を持続できるのであればホイールコーティングは不要かもしれません。

4-2. 実際の使用者のレビュー

多くのユーザーがホイールコーティングの効果についてのレビューを公開しています。コストに見合う効果が得られたとする声もあれば、効果を実感できなかったという意見もあります。

4-3. 口コミと評価の分析

口コミサイトやフォーラムでは、ホイールコーティングに対する評価が様々です。良い評価だけでなく、ネガティブな意見も参考にすることで、より現実的な判断ができます。

5. ホイールのメンテナンス方法

5-1. DIYでできるホイールケア

DIYでホイールケアを行う方法として、定期的な洗車簡単なワックスがけがあります。これらの方法は、費用を抑えながらも効果的にホイールを保護することができます。

5-2. 簡単なホイール洗車の方法

ホイール洗車の際には、専用の洗剤を使用し、柔らかいブラシで汚れを落とすことが重要です。また、定期的に洗車することで汚れの固着を防ぎます。

5-3. 汚れにくいホイールの保ち方

ホイールを汚れにくく保つためには、防汚スプレーワックスの使用が効果的です。これらの方法を定期的に行うことで、ホイールの美観を長期間維持することができます。

6. Q&A

Q1. ホイールコーティングはどのくらいの頻度で行うべきですか?

A: ホイールコーティングの頻度は使用環境によりますが、一般的には半年から1年に一度が推奨されます。頻繁なメンテナンスが必要な場合もありますので、自分の使用状況に合わせて判断してください。

Q2. ホイールコーティングの代わりに使える保護剤はありますか?

A: はい、ホイール専用のワックス防汚スプレーがあります。これらはコストパフォーマンスが高く、手軽に使用できるためおすすめです。

Q3. DIYでホイールコーティングを行う場合の費用はどのくらいですか?

A: DIYでホイールコーティングを行う場合、使用するコーティング剤や道具により費用が異なりますが、おおよそ5,000円から10,000円程度が一般的です。この費用には、コーティング剤、クリーナー、ブラシなどの必要な道具が含まれます。プロに依頼するよりも安価に済ませることができますが、正しい手順を守ることが重要です。硬化系のコーティングは失敗をすると非常に大変なことになりますので自分で「不器用な方」よ思っている方は絶対におすすめしません。固まらない系のスプレーコーティングがおすすめです。

Q4. ホイールの汚れを防ぐ簡単な方法はありますか?

A: ホイールの汚れを防ぐためには、定期的な洗車防汚スプレーの使用が効果的です。また、ホイール専用のワックスを使用することで、汚れが付きにくくなります。これらの方法を定期的に実施することで、ホイールの美観を保つことができます。根本的な問題ですがブレーキキャリパーを低ダストの商品に交換することもおすすめです。

Q5. 冬季にホイールコーティングは必要ですか?

A: 冬季には、塩害や凍結防止剤などによるダメージが考えられるため、ホイールコーティングを行うことが推奨される場合があります。ただし、定期的な洗車防汚スプレーの使用でも十分に保護できることがありますので、自分の使用状況に合わせて選択すると良いでしょう。塩害が多い地域では塩害に強いコーティングをおすすめします。

7. まとめ

ホイールコーティングは一部のユーザーにとって有効な選択肢ですが、必ずしも全ての状況において必要とは限りません。定期的なメンテナンス代替手段を活用することで、コストを抑えつつホイールの美観を保つことが可能です。専門家の意見やユーザーのレビューを参考に、自分に最適なホイールケア方法を見つけましょう。

筆者 及川からの私見

二つの方法をご提案します。

①洗車時に撥水シャンプーで洗い撥水効果を出すととても汚れにくいホイールになります。撥水シャンプーはある特定銘柄になりますが今後機会があればご紹介できれば幸いです。

②新車時にきちんとしたホイールコーティングを専門店で施工してもらうのが賢明です。その後は時々撥水シャンプーメンテナンスで十分な綺麗さを保てます。

Lineでお見積もり

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 08:30 – 18:00(金曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくい場合があります。
  • この記事を書いた人
アバター画像

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴37年。

-洗車とコーティングに役立つ知識

© 2024 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー