ボルボ

ボルボ V70 オーシャンレースリミテッド|ガラスコーティング施工事例

鮮やかな色のスポーツワゴン!

V70



鮮やかな色のワゴンで荷室も余裕


ボルボと言えばワゴンですね〜


オーナー氏の希望は威張らず、控えめな クルマがお好き。


ということで、ギンギラの艶を作り出します〜!


V70


アルミもちとくたびれていますね〜


ザギザギのブレーキダストを


取り去りまして、その後ホィールコーティングを施工!


V70


このバッチが限定車の証


月形に見えるのは ヨットなんですね〜


V70


ボルボのドア周り等のインテリアは


質感高いんですね〜


ふっくらしていて ホームインテリアの感覚を感じます。


そいいえば北欧の家具って 良いらしいですものね〜


V70


いいでしょ インテリア


V70


電動シートは楽ちん


乗る方が複数の場合は必須。


シートポジションはそれぞれですので、メモリー付きは


やはり最高ですね!


V70


メーターの刻みも 繊細そのもの


ただ真上を向いた時のスピードは130キロ付近


ご注意くださいね〜


V70




V70




V70




V70




V70


エンブレムの周りには 水垢の固着があります。


これをほっておくと 将来は大変なことに〜


定期的に取り去りましょう。


洗車のあとにちょっと触っていただくだけで


キレイさを持続できまーす。


V70


割とエンジンらしさを残しておりますね〜


カバーに頼らない雰囲気はgood


V70


これが現在の状態


シボシボして 艶の分散。


線傷の集合体になっております。




V70


これにより本来の色艶では無くなり


全く違った色合いに見えますね〜(泣)


磨き前のマスキング画像です。


V70


磨き後 


とろみ


輪郭


色合い


等々 どんどん良くなります!


V70




V70




V70


如何でしょうか〜 


とろっっとろでーす。


V70


そして


下地完成後


コーティングを多層膜で覆い


V70


高輝度ボディに変わっていくのですね〜


V70




V70




V70




V70


これで雨シミも心配無しですね!


艶を引き出す磨きと


それを守る当社オリジナルコーティング SSSで


安心です。


ヘッドライトも瀕死の重傷でしたが、復活!


クリアーで豊かな光量を確保できました〜


V70


今回のご依頼は


高いクルマはいくらでも購入できる


お仕事上 威張るクルマは乗れなく、がしかし


キレイなクルマは大好きで、妙にキレイな車にならないかとの


ご依頼でございました。


同業他店に行かれたら、「あまり良いコースは必要ないですね〜」と


隠れ蓑で乗るクルマ、がっつりキレイな車にしたいということが


理解できない専業店だったらしく・・・・


貧乏なークルマ乗りとして扱われたそうで、なんともはや


失礼なお話しをされたとか。




当店におきましては、 もちろんすぐに ご理解をいたしまして


とんとん拍子にお話しが進み、お会いしたときには意気投合!(笑) 


仕上がりにもご満足いただきました!!


不覚にも嬉しい出会いとなりました。


数ある施工店より当店をご指名くださり大変ありがとうございました。


感謝感謝でございます。


ボディのパフォーマンスを最適化&入魂&輝度UP、入魂終了いたしました。


専業店の安全なそして確実な施工!


旧態然とした下地調整ではなしえない艶と最新コーティングで


愛車を傷、シミから守ります。


ハイエンドポリッシューコーティング
他オプション多数 ご依頼いただきました。

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

関連記事

-ボルボ

© 2020 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー