アウディ

アウディ A3[0001]|ガラスコーティング施工事例

DSC_9103

アウディA3 純白のボディーに小気味よい加速、日本の道路事情にはあっていると思います。内外装ともに質感も有り、このセグメントは今後も売れていくと思います。ということで、気合いを入れて作業をいたしたいと思いまーす。

DSC_9085
アルミはBBSで決まり!!

 

DSC_9089
ダストが出ておりますが、いつか コストが安くなれば カーボンブレーキになる事を願います、だって ダストが非常に少ないんですもの。現状のブレーキですと ボディーも汚れる、大気も汚れる、何一つ良い事はないですからー

 

DSC_9086
洗車さんなのかオーナー様なのか、飛ぶタイやWAXを 使用。ボディーに飛び散ると言う事は 後続車にもとんでいるんですよねーシクシク

 

DSC_9094

 

DSC_9102
ブラックアウトされたグリル カッコよいですねー しまりが違います!

 

DSC_9107

 

DSC_9110

 

DSC_9117
おとなしめで清楚な メーター 好きです。

 

DSC_9120

 

DSC_9135
フルカバーではなく エンジンらしさも残したエンジンルーム カーボンのワンポイントとか アルミの素材を使用したポイントがあっても良いかと!

 

DSC_9131

 

DSC_9136
おおぅ D&Gのような 感じ でしょうか リモコンの電池はスペアを お忘れなーく

 

DSC_9114
ヒンジの汚れは ご覧の通り

 

DSC_9098
おおぅ はいつくばっておりますねー

 

DSC_9204
鉄粉は 大盛り で ござーる。

 

DSC_9082
室内も 汚れておりましたー 窓を開放して走行されるオーナー様ですね きっと。

 

DSC_9211
マスキングをし(自家製塗装部を慎重に扱いまして)ー

 

DSC_9215

いざ 磨きへ
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入りました
 

DSC_9220
輝度の落ちたちょっとボソボソの感じ

 

DSC_9238
まずはボンネットから!

 

DSC_9239

チュリンコンに 仕上がりは もちろん キュピキュピにー お楽しみにされて下さいませー
合わせて 脱臭も行なわせていただきまーす。
しばしお時間くださいませー
 

DSC_9244

 

DSC_9250

 

DSC_9253
いよいよ チュルンピカンにー

 

DSC_9255

 

DSC_9279

 

DSC_9281

 

DSC_9286

 

DSC_9290

 

DSC_9290

 

DSC_9298
ツルピカに相成りましたー!

 

DSC_9303

 

DSC_9307
白黒のコントラストもはっきりとし。

 

DSC_9349
アルミもピッカピカでーす

 

DSC_9357

 

DSC_9358
良い感じで光り輝いておりますー

 

DSC_9359

 

DSC_9362

 

DSC_9372
このアングル如何でしょうか オーナー様。

 

DSC_9374

 

DSC_9351
エンジンルームも ピッカリンコンと

 

DSC_9356

完全終了となしました、白黒のコントラストも鮮やかになりまして、キュピキュピのバイスバディに! どうぞ今後ともお大事になさって下さいませ。数ある磨き屋さんの中よりお選びいただきまして大変ありがとうございました。

感謝感謝でございます。
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

関連記事

-アウディ

© 2020 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー