洗車とコーティングに役立つ知識

泡洗車の全て:メリット・デメリットから方法まで徹底解説

泡フォーム洗車の画像

1. 泡洗車とは

車の美観を保つためには、定期的な洗車が欠かせません。その中でも泡洗車は、車の塗装を守り、より長く美しい状態を保つための効果的な方法として注目されています。泡洗車とは、専用のカーシャンプーを使って泡を生成し、その泡で車を洗う方法です。泡が汚れを包み込み、浮かせることで、車の表面に傷をつけずに汚れを除去することができます。

泡洗車のメリットは、何と言ってもその傷防止効果です。従来の洗車方法では、スポンジやクロスが直接塗装面に触れるため、微細な傷がつくリスクがあります。しかし、泡洗車では泡がクッションの役割を果たし、塗装面を守りながら洗浄が可能です。また、泡が汚れを浮かせることで、しっかりとした洗浄効果が得られます。

さらに、泡洗車は洗車の手間を軽減する効果もあります。泡をかけて洗い流すだけで大部分の汚れを落とすことができるため、洗車の時間を短縮することができます。特に忙しい日常を送る方にとって、短時間で効果的に車をきれいに保つことができる泡洗車は、非常に魅力的な方法です。

本記事では、泡洗車の基本とその重要性、具体的な方法や手順、適切な頻度やタイミング、さらに泡洗車に関するよくある質問まで、詳しく解説します。泡洗車に興味を持った方、または既に実践している方にとって、有益な情報を提供いたします。これから、泡洗車の魅力や実践方法について詳しく見ていきましょう。

本記事では「泡洗車とは?」という疑問に対して、適切な洗車の頻度や方法について、1987年創業「車のコーティング専門店ポリッシュファクトリー」の及川が解説します。

2. 泡洗車の基本とその重要性

2-1. 泡洗車とは?

泡洗車は、専用のフォームシャンプーを泡立てて車を洗う方法です。泡が車の表面に付着した汚れを包み込み、浮かせてくれるため、効果的に汚れを除去できます。特に高圧洗浄機フォームガンを使用することで、泡をしっかりと車全体に包み込み行き渡らせることができます。

2-2. 泡洗車のメリット

泡洗車には多くのメリットがありますが、特に注目すべき点は以下の通りです:

  • 傷防止効果: 泡がクッションとなり、スポンジやクロスが直接塗装面に触れるのを防ぎます。
  • 汚れの効果的な除去: 泡が汚れを浮かせるため、洗浄力が高く、頑固な汚れもしっかりと落とせます。
  • 時短と簡単: 泡をかけて流すだけで洗車が完了するため、短時間で車をきれいに保つことができます。(こちらに関しては中性シャンプーでは泡をかけて流すだけでは落ちない汚れがあります、アルカリ性のフォームシャンプーはPHにより強い汚れ落とし効果があります)
  • コーティング効果の維持: 泡洗車は、撥水コーティングやガラスコーティングの効果を長持ちさせるのにも適しています。

2-3. 泡洗車のデメリットと注意点

泡洗車には多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットや注意点もあります:

  • コスト: 泡洗車用の専用道具(フォームガンや高圧洗浄機等)や洗剤が必要なため、初期投資がかかります。
  • 水の使用量: 泡を生成し、洗い流す際に多くの水を使用するため、節水には向いていません。
  • 道具のメンテナンス: フォームガンや高圧洗浄機は定期的なメンテナンスが必要で、手入れを怠ると性能が低下する可能性があります。
  • 使用環境の制約: 高圧洗浄機などを使用する場合、広いスペースや水道設備や電気設備コンセントが整った場所が必要です。

3. 泡洗車の方法と手順

3-1. 必要な道具と洗剤

泡洗車を始めるには、以下の道具と洗剤を準備します:

  • フォームガン: 泡を作り出すための専用のガン(安価なものから高価で有名なものまであります)
  • 高圧洗浄機: 泡を車全体に行き渡らせ、洗い流すための機械(一般的にはケルヒャーが有名です)
  • カーシャンプー: 泡立ちが良く、車の塗装に優しいもの(中性タイプとアルカリ性があります、おすすめは中性タイプ)
  • ムートングローブや洗車スポンジ: 泡を使って車を優しく洗うための道具
  • 拭き上げ用クロス: 洗車後に水滴を拭き取るためのクロス(おすすめは大判の両面織のマイクロファイバークロス)

3-2. 泡洗車の具体的な手順

  1. 洗車前の準備

    • 車を日陰に移動し、ボディが冷えていることを確認します。
    • 大きな汚れやゴミを取り除きます。
  2. 泡を作る

    • カーシャンプーをフォームガンにセットし、高圧洗浄機で泡を作ります。
  3. 泡を車にかける

    • 車全体に泡を均等にかけます。
  4. 泡で汚れを浮かせる

    • 泡が汚れを浮かせるまで数分待ちます。特に汚れのひどい部分は手洗いをします。
  5. 泡を洗い流す

    • 高圧洗浄機で泡を洗い流します。
  6. 拭き上げる

    • 拭き上げ用クロスで車を拭き上げて仕上げます。

3-3. フォームガンの使い方

フォームガンは、泡を車全体に行き渡らせ、洗い流すために重要な道具です。以下のポイントに注意して使用します:

  • 安全性の確認: 使用前に高圧洗浄機の取扱説明書をよく読み、安全に使用できるように準備します。
  • 適切なノズル設定: 適切な吐出量と吹き幅を設定します。
  • 均等な泡の散布: 泡が車全体に均等に行き渡るように、フォームガンを動かしながら散布します。

4. 泡洗車の頻度とタイミング

4-1. 適切な頻度

泡洗車は月に1回程度が目安です。汚れが目立つときや、特に長距離を走行した後は、適宜泡洗車を行うと良いでしょう。

4-2. 季節や天候によるタイミングの違い

季節や天候によって洗車のタイミングは変わります。例えば、春や秋の花粉が多い時期や、冬の塩害対策としても泡洗車は効果的です。直射日光が強い日よりも曇りの日や早朝、夕方に行うのが理想です。

4-3. 長期的なメンテナンスのコツ

泡洗車を定期的に行うことで、車の美観を長期間にわたって維持することができます。定期的なメンテナンスを行い、車の塗装面を保護しましょう。

5. 泡洗車に関するQ&A

泡洗車についてのよくある質問にお答えします:

  • 泡洗車は必要ですか?

    • はい、泡洗車は車の塗装を傷つけずに効果的に汚れを落とすために非常に有効です。
  • フォームガンで洗車するメリットは?

    • フォームガンを使用することで、泡を均等に散布でき、効率的に汚れを浮かせることができます。
  • 泡洗車で汚れは落ちますか?

    • はい、泡洗車は汚れを包み込んで浮かせるため、効果的に汚れを落とすことができます。特にアルカリ性のフォームシャンプーは汚れに効果的に働きます。
  • 洗車に泡を作るには?

    • 専用のカーシャンプーをフォームガンにセットし、高圧洗浄機を使用して泡を作ります。濃度調整をきちんと行うことがコツとなります。

6. まとめ

泡洗車は、車の美観を保ち、塗装面を傷つけずに効果的に汚れを除去するための優れた方法です。

適切な道具と洗剤を使用し、定期的に泡洗車を行うことで、車の美しさを長期間にわたって維持することができます。

この記事を参考にして、泡洗車の魅力や実践方法を理解し、愛車をいつでもピカピカに保ちましょう。

筆者 及川からの私見

フォームガンでの洗車はとても傷がつきにくく良い洗車方法だと思います。アルカリ性とか酸性、中性タイプを利用して効率の良い洗車を楽しまれてください。

フォームガンも数万円のものから数千円で購入できるものがありますが、筆者の経験では価格ほどの大差はありませんでした。

高圧洗浄機に関してはコードレスでしかもパワーがあり、長い時間使用ができるタイプがあればそれが一番良いと思います。

環境が許すのであれば 高圧洗車機でアワアワのフォームガンで色々な汚れに対応した液剤で洗車をすることで運転以外でも車は楽しめるのです。

海外製品はラインナップも多く匂いも良くとても良い製品があります。

車好きのご年配や、これからご年配になる方も洗車を楽しまれ、健康のために洗車に勤しまれてくださいませ〜

Lineでお見積もり

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 08:30 – 18:00(金曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくい場合があります。
  • この記事を書いた人
アバター画像

及川勝一

車コーティング専門店『ポリッシュファクトリー』で、施工歴37年。

-洗車とコーティングに役立つ知識

© 2024 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー