ガラスコーティング専門店ポリッシュファクトリー

ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー

 03-6225-0040

東京都練馬区春日町4-5-4 1F[地図]営業9-18時(水曜定休)

洗車とコーティングに役立つ知識

【コーティングの耐久性】塗装との密着度がキモ!専門店が行う耐久性の秘訣

更新日:

コーティングプライマー

車専門店のコーティングの強さ?鍵は塗装面との密着度にあり

車のコーティングとはボディ塗装面に対していかにコート剤などを密着させるかによりコーティング寿命が決まります。

コーティングが施工上の問題により剥離してしまいムラが起きる事もあるのです。コーティングの耐久性は塗装面との密着度をいかにあげるかが第一の理由。

コーティングの為に行う塗装面の下地調整がキモになるのです。専門店での下地処理はとても重要なことですが各社さまざまで経験と結果に基づいて行われるものです。

密着させる=プライマー関連作業はとても大事なのです。

そもそもコーティングはどんな工程で行われるか?

ワックスはコーティングと違い下地処理工程はいわゆる洗車と鉄粉除去程度ですね。更にやるとしても水垢を取り塗装面を裸にしてワクシングという工程程度になります。

専門店でのコーティングは塗装面とコーティングをより密着させるためにプライマーというものが存在します。

塗装面のクリーニングをして密着を高めるプライミング処理をされた液剤での処理をして最終的には温熱処理とかの工程を経て完了になるのです。

コーティングは化学?

ワックスはお手軽で簡単ですが溝にワックスが詰まって白くなったりと施工には若干の慣れが必要で炎天下などでは出来ないので施工環境も重要なファクターとなります。

最新コーティングは化学的な結合により塗装面と密着するので専門店での綿密な施工の仕上がりはとても素晴らしくワックスとは違った硬質な仕上がりになるのですね。

コーティングの厚みは?

専門店でのコーティングの厚みはほんの数ミクロンから数十ミクロンと謳われているものまで種々様々です。その効果は厚みに関係なく薄膜ながら雨やホコリなどの汚れからボディを保護してくれるのです。

ワックスの難点は?

ワックスは分類ではロウになりますが、ロウの配合量により塗布のしやすさや耐久性が変わります。

ワックスの難点は「熱に弱く汚れを呼びやすい」ですが最近では品質改良をされて塗布しやすく汚れにも強くなってきているらしいです。

その効果はやはり専門のコーティング液剤の方に軍配が上がります。

コーティングを厚塗りするのは善?悪?

コーティング液剤は色々な種類がありますので一概ではありませんが厚塗りと言った重ね塗りの方が効果がありそうですね。ですがこれには色々な危険が潜むのです。

例えば層同士の密着不良。これは層を沢山重ねると良いと謳われているコーティング液剤の場合に容易に想像出来ますね。

しかしいくら重ねても層同士で剥離が起きた場合は元も子もないと言うことなのです。

コーティングは厚塗りは出来ないのか?

コーティングの層はそれほど厚くない数ミクロンの世界と言う事になると「そんなに薄い皮膜で大丈夫なのか」になりますね。コーティングのもともとの狙う効果はボディ塗装面表層の改良です。

いかに汚れにくて万が一汚れても簡単に除去出来るための膜と言っても良いほどなのです。厚いだけでは効果の真髄を発揮出来るわけではないのです。表層の特性の問題が重要になってくるのです。

コーティングに溶剤が入ってるので心配?

ガラスコーティング黎明期には溶媒としてキシレンなど強い溶媒が使われていて(現在でも一部使用されている?)塗装に影響が有る場合も多く有ります。

それ以外には無溶剤のコーティングもありますし、低溶剤のコーティングも開発されて世界的には地球にも人にも優しいコーティングが開発されています。

溶剤が入ると2層目は溶けるのでは?

2層でのコーティングを謳っているお店の場合、2回目の溶剤が最初の層を破壊してしまうのではないかと心配になるという方がおられます。

あるコーティングの場合は1層目が乾き切る前に塗ってしまい1層目を破壊してしまう場合があります。

また違う液剤の場合は1層目のコーティング表面がタックフリー(指触乾燥)になった状態で再塗布をされる場合は密着性的にNGということも。

また表面がタックフリー後に一定の時間内で(不規則)の再塗布は問題が無いと言うことも確認されています。その際は多くのコーティング施工時間を要します。

コーティングの上にワックスは問題ないの?

コーティングが完了して納車後に有機であるワックスかけることはどうなんでしょうか?という質問を受けることが多く有ります。

せっかく汚れを呼びずらいコーティング専門店での施工をされたのに上からワックスを塗るという行為はNGです。

塗るのであれば水性のメンテナンス液でガラスコーティングと同等の表面構造を持ったものが最適です。施工店さんでこの液剤のご用意が出来ているお店であれば安心ですね。

良いプライマーとコーティング液剤の融合がベスト

より良い光沢と耐久性を求められる方のほとんどが重ね塗りが良いと思われていますが、重ね塗りには液剤の選択と施工方法の吟味がとても重要になります。

何でもかんでも液剤を選ばずに重ね塗りをすれば良いものではありません。

当社がオススメするのは3回から上限では5回としています。但し多くの時間と綿密な作業と施工環境が必要になりますのでお店を選ばなくてはいけませんね。

コーティングを塗装面に接着させる役目のプライマーを大事にされているお店はオススメ出来ます。

 

無料お見積もり

電話で問い合わせる

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

あなたにおすすめの記事

-洗車とコーティングに役立つ知識
-

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.