車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

日産 フェアレディZ Z32|施工事例

 日産, 2008/09/04

DSC_5816a
1990 フェアレディZ

DSC_5807a
サイドマーカーはLED で 良ーく拝見すると 凝った形状ですねー

DSC_5865a
ココのエンブレムも新車状態か、劣化が少ないです すごっ

DSC_5822b
32オーナーならわかる変更、わたしは一部しかわかりませんでした(恐れ入りました)

DSC_5826b
内装も張り替え! キレイに決まっておりますねー 純正のようです。床にはカロが!

DSC_5836
タワーバーもキレイに装着されております。拘りですねー

DSC_5843
メーター照明も明るく LEDに 換装されておりまして明るいですょ

DSC_5848
オーディオは静かに控えめに。ざわめいた室内はお嫌いなのでしょうねー シンプルな目に付かない視界がお好みなのでしょうか。

DSC_5855
ここには アルミ板のような不思議な物体が!(笑)

DSC_5827a
ここの下部も張り替えです、ステッチもきちんと!

DSC_5803a
アルミは横浜で形にこだわり、タイヤはピーゼロ!

DSC_5859
新車のようなエンジンルーム、コーティングはもちろん承りました。

DSC_5810a
さらにエンジンルームをもう一度 キレイですねー

DSC_5823
もちろんシートはレカロで決まり! 革、アルカンターラです

DSC_5831
ここも 後期モデルの流用で新しい新鮮な感覚です!

DSC_5840a
マフラーは フジツボ。安心ですね。

DSC_5847b
エアコンの操作部のメカニカルな感じは コックピットのようですねー

DSC_5850
リアシート部も張り替えです。革とアルカンターラで武装!

DSC_5871a
線傷はこのような感じですが調整しながら磨き上げます! 今後10年は御乗りになられますからー

DSC_5878
さー 少なかった鉄粉やザラザラを取り去り、滑らかにして。マスキングを施し、ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 入ります

DSC_5883a
マスキング完了!

DSC_5896a
この頃の塗装は素直な塗装が多いです。立ったりしゃがんだりと色々な角度で見ながら、第一工程を磨き上げます。この段階で首痛が程よい感じで始まります。

DSC_5900
この辺を磨くに当たっては、だんだん無口になり、真剣になっている自分に「カッコワルっ」と思いつつ進めます。しゃがんで磨くとそのクルマに支配されつつ磨き上げる、召使いのような感覚に襲われたりもします(笑)

DSC_5880
孤高の雰囲気が漂う この顔つきは この頃の日産車にはありましたねー 何となくインターセプターを連想するのはわたしだけでしょうか。さらにさらに 磨きに専念します。減らさず、艶を出し、トロトロに。

DSC_5920a
だいぶ熟して参りましたー

DSC_5921
トロトロ感は画像で伝わっておりますでしょうかー

DSC_5927
この辺の艶感も上々でーす。

DSC_5932
この辺なんかは マッタリとした感じを強調。えっさ ほいさ と 入魂します。

DSC_5935a
さーて いよいよ終盤に。そろそろマスキングもはずしに。

DSC_5938a
いよいよ チュルンチュルンに!

DSC_5940a
どうでしょうかー この感じ。

DSC_5943a
ピラー グー です。

DSC_5944
この辺から見える風景は だいぶ改善しました!

DSC_5947
さて いよいよ仕上がりに 最終の細部攻撃に入ります。

DSC_6013a

DSC_6020
ポジションランプの白さも とても良いアイテムですーっ

DSC_6021
中央部がHIDフォグランプ、サイコーです!

DSC_6023
中央に見えるのがHIDヘッドランプ。フォグランプと相まってサイコーの輝きですねー

DSC_6018a
入魂完了、完成です。ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了!

 日産

おすすめ記事

前の記事
省エネ
次の記事
病は気から

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

日産 フェアレディZ Z32|施工事例 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ