車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

メルセデス・ベンツ W124 500E[0001]|施工事例

 メルセデス・ベンツ, 2008/11/06

DSC_9169

1999年のくるまにあ(自動車雑誌)で当社を知り、いつかは磨くぞ! っと。オーナー様談

DSC_9077
管轄が変わらなかった奇跡的なナンバー 同一館内で 現在のオーナーで3オーナー目。封印は現在ではシーラカンスクラスの 珍しい封印。この世代よりすでに3回も変わっております。封印もモデルチェンジするんですよねー

 

DSC_9078
あっちのスタンドこっちのスタンドで 貼られまくった ステッカー類。しかも汚い。スタンドでは拭いてくれないのでしょうか。5秒でキレイになりますのに・・

 

DSC_9080
アルミは8穴に! うれしー 15穴は 死にます でもしかし、ひどいこびりつきです。

 

DSC_9083
タイヤは2007年の5月くらいに製造されたもの、BSですねー

 

DSC_9084
この辺についたステッカー、貼った側は良いのですが、貼られた側はこのように永遠に残りますので、汚くなります。不要な(純正以外は)ものは取り去ります。

 

DSC_9086a
電動ファンも周辺も汚れますねー ここはキレイですと 気持ちよいですので、みっちりと!っいうかこの周辺がきれいですと 幸せな気分になります。

 

DSC_9090
このカバーには深いわけがありまして、今回は一切手を触れません。詳細はのちほど。

 

DSC_9095
ボンネットはグァバっと 開きます。整備性を良くするためだと言う事です。

 

DSC_9097
真横から見ると 92度くらいでしょうか(笑)

 

DSC_9099a
室内は ご覧の通り、定番の 見慣れたレイアウト。良いです!

 

DSC_9101
リアガラスの熱線も定番の ウキ。いつか機会がありましたら換える事も視野に。ならないためには、使わない事が一番良いそうです。(噂です)

 

DSC_9103a
トランクのストッパーと言うかダンパーと言うか トランク側とボディ側についておりますが、必ず逝く部品です。安いので換えましょう!!

 

DSC_9109
開けた瞬間に「ボロッ」と おちてきました。

 

DSC_9112
トランク内のランプ

 

DSC_9147
ココでついたり消えたりします、オスのではなく 引くと パチンと音がして ルームランプのオフ状態に出来ます。

 

DSC_9116
ヒンジは 定番 汚れまくりでーす。

 

DSC_9118
シートベルトの 穴部分も 汚れが つきまくり もちろんキレイに致します。

 

DSC_9119
次回のオイル交換はー 昔懐かし「ダイモ」ですねー これいいんですけど はがす時に 爪の肉に入り込み 刺さるんです これがまた いてーのなんの(笑)

 

DSC_9127
ここも キモ ドア下のサッコパネルの内側と ボディ側のゴム部分の汚れ これ取らないと 始まりませんね!!

 

DSC_9128a
見慣れたメーターは 色抜けもそれほどなく まずまずの状態。タコメーターの色が濃いので もしかしますと一度くらい変えているかも知れませんねー 走行は 実走でもうすぐ18万キロ どのくらいかと言いますと、日本とハワイを15往復 凄い距離です。

 

DSC_9134a
運転席のドアのゴムが裂けておりました、マスキングをすると裂けますのでこの部分は良く考えて磨きまーす。

 

DSC_9137
ルーフの状態 モッサリです。

 

DSC_9138
Cピラーも モッサリ。

 

DSC_9113
トランクの この部分はしっかりと汚れが溜まる場所。一番の原因は塗装が荒いため。ココがツルツルだと汚れの溜まりは軽減出来るはずですが。

 

DSC_9149
トランクの内装の下側部分

 

DSC_9152a
特に左側が

 

DSC_9155a
ボディ側のゴムにあたり、擦れております、しめる時に毎回「ゥッジャク」と うなりをあげておりますので 毎回 心が 痛みます。削りましょうかー

 

DSC_9156
ここも汚れの巣窟 良く溜まる場所です。

 

DSC_9158a
ヘッドライトは比較的キレイでした、右側はパッキン交換をしませんと防水がうまく出来てない状態ですので、曇ります、洗車時は水を避けての洗車を致します。

 

DSC_9161
この辺の汚れが キレイに一掃出来ますと だいぶ キレイになった感が出ますねー

 

DSC_9163
グリルのココも 積年の汚れ

 

DSC_9167
スリーポイントも くすんでおります。ょー

 

DSC_9231
鉄粉を取りさり、細部の汚れを流し、生まれ変わる準備をしております

 

DSC_9235a
マスキングも きちんと致しませんと、生まれて16年経過しておりますので、お肌は敏感ですし、グリルなども弱いのでカバーリングします。

 

DSC_9239b
トランクの傷、再塗装でしたので、肌がシボシボ感が出ておりまして、すっきりしておりませんでしたー しかも傷は多めのほうですね!

 

DSC_9271b

 

DSC_9258a
トランクの磨く前の状態(フリスクは時々気合いを入れる時に口に放り込みます、もちろん撮影のために静かに置きますのでご安心ください)

 

DSC_9259
磨くと トロントロンです。色も変わるのですねー これが本来の塗色です。更に 魂注入タイムに 継続中でーす

 

DSC_9288
フェンダー モッコリ スキスキー

 

DSC_9291

 

DSC_9296a

 

DSC_9298b
どうでしょうか、このこぼれ落ちるような艶

 

DSC_9301a
やばー とっても良い艶にー

 

DSC_9305
トランクも! ビンビン ピチピチ いやー 気持ちが盛り上がって参りましたー

 

DSC_9456a
オーナーさま、何も言わずニヤニヤしながら 画像を拝見されて下さい。ワクワクですねー

 

DSC_9459

 

DSC_9461b

 

DSC_9463a

 

DSC_9482
モッコリフェンダー 500のモッコリは永遠です。

 

DSC_9488
この後コーティング、細部仕上げ、エンジンルーム、アルミホィールコーティング、室内等々 続きます!! 週末は きっと 興奮の嵐です 16年前の憧れであった愛機が、今甦ります。

 

DSC_9518a
内装の汚れです あちゃー(笑)

 

DSC_9526a
鮮やかな色に 変身 気持ちよいコックピットになりました。

 

DSC_9524
アルミホィールもできうる限りきれいにいたしました!

 

DSC_9512a
エンジンルームも、ご指示通りに!! 完成です。

おすすめ記事

前の記事
リフレッシュ
次の記事
メガネケアー

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

メルセデス・ベンツ W124 500E[0001]|施工事例 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ