車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

マツダ アテンザワゴン[0008]|施工事例

 マツダ, 2008/11/05

DSC_9178

今回でアテンザは2回目の施工となります。ここのところの不景気でフォードがMAZDAの株を売りに出すとか。MAZDAにして見たら良い方向性になるのかグローバルデザインになり、車種構成も広がり、とても良いメーカーだと思います、今後の動きは楽しみです。実際カッコよいですから。オーナー様とはすでに6-7年のお付き合いをさせていただいております、長くお付き合いをさせていただければいただくほどプレッシャ-がかかります、今回ももちろんプレッシャ-かけて良い仕事を致したいと思います。

DSC_9180
アルミホィールは似ているのですが買い替えをされたそうです。スッキリ系はやはりアテンザにはお似合いですね!

 

DSC_9182a
ヨコハマ です。

 

DSC_9185a
フロアマットは 汚れておりますので 今回は 洗い流します!

 

DSC_9187
シックな室内。ハンドルも汚れは溜まっている雰囲気 取り去りまーす。

 

DSC_9189
走行は三万三千キロほど 結構ハイペースです。

 

DSC_9191a
インパネも整然とならび キレイです。

 

DSC_9193a
オーディオのつまみを重厚感のあるアルミ製のものに交換。秋葉原で購入だそうです。ちょっとした 良い改良ですね!!

 

DSC_9194b
音で選んだ結果(低音はあまり好きじゃないそうです)MAZDAスピードに シッ しかーっし 位置が低すぎて 当たる時があるそうです。さてどうしましょ。

 

DSC_9196a
出口はシンプルな形です。

 

DSC_9202a
ワイパーは交換換装済み。とあるメーカーの 純正品だそうです。素晴らしい改良です。さてどこの物でしょうか?!

 

DSC_9201
下回りのクロスバーで補強 3ヶ所でかなり良くなったそうな! これも目立たない改良ですが、体感出来るそうです。静電気で「ばちっ」と来る事が多いので自宅駐車場に合わせたアースを外観からはわからないように 渋っ

 

DSC_9205
ボンネットのアーシング、これは欧州車には(BMW)ついております、もちろん純正で。ここの効果は 雑音防止でしょうかねー

 

DSC_9207a

アーシングとバッテリー延命器ノビー太 効果は!!

数値でのちほどご紹介致します。

 

DSC_9209

 

DSC_9212
スッキリ系の ライトデザイン 良く出来ております。

 

DSC_9213
グリルも 大型で キレイなデザインですねー 好みです。やや メルセデスにも通ずるものが(笑)

 

DSC_9221a
マスキングもきちんと 磨きに入ります。

 

DSC_9219
とても良い色ですので、発色が楽しみながら磨けますねー

 

DSC_9218a
ちなみに「バッテリーはビンビンだぜ」っと!(笑)

 

DSC_9279a
さーって いよいよ 本領の艶に!

 

DSC_9277
自己発光してるかの如く ツヤツヤー

 

DSC_9284
エアコンの吹き出し口に装着のリング アクセントですねー ダイヤでも埋めちゃいますか(笑)。黒アルマイトでもカッコ良さそうですねー

 

DSC_9407
如何ですかー オーナー様 このモコモコ感 マッタリ感でておりますぉ

 

DSC_9413a
ボンネットは 直線基調のしゃっきり感で シャープな感じです。

 

DSC_9416a
現在の MAZDA顔 これです。

 

DSC_9422
フロントバンパーからフェンダーまでの流れ キレイです。つながり感がちゃんとありますから。

 

DSC_9424

 

DSC_9429a
マフラーの出口も!

 

DSC_9438
ボディのパフォーマンスを最適化&入魂 & 輝度UP 終了です。

 

DSC_9435

フロアマットは きちんと洗いました。バキュームでは限界がありますので。気持ちよく 暖房をいれてください。フロアーからの埃の巻き上げは現在はないですので 気持ちよく、暖まりまーす。

オゾン脱臭は如何致しますか?! オーナー様、ご指示くださーい。

 マツダ

おすすめ記事

前の記事
出鱈目
次の記事
リフレッシュ

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

マツダ アテンザワゴン[0008]|施工事例 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ