ブログ

コンタクトでびゅー

更新日:

コンタクトをいよいよ装着いたしました。
眼鏡の可能性を残しつつまずは慣れが必要かもしれないし、全く無理かもしれないので トライアルを。限りなく自由になる時間の少ない私のなかで どーしても とらなきゃない時間は、 「健康上のため」、と言うくくりに入る行動ならばなんとか罪悪感もなく動ける感じがしますので、 いざ 眼科さんへ!
ということで 某日午前中朝一番で行ってまいりました。一通りの診断を終えて レンズ選びをし(見て下さった女性の経験で選ぶ) 装着と取り外しの練習をし 装着したまま 「ありがとうございました、お気を付けて」ってな 感じで 1時間ほどで終了。
(何が凄いかって 人の目玉にレンズをさっくりと入れる事が出来るのだ 凄い)
装着感は 違和感と呼べるほどではなかったものの、目そのものが慣れているわけではなく、眼鏡からコンタクトなので 見え方の差異は微妙に脳で勝手に感じているらしく、脳で理解出来ていない状況。そのまま即運転で会社に戻り、作業を! 
それほど違和感もなく 順風満帆デビュー。さ〜 そこからが物語の始まりで当日は6時間ほどではずし休息。翌日は8時間くらい装着しました。 何が大変かって はずす時。 うまく外れず取れてこないのだ、目玉を触る習慣などなく、 ターミネーターの気分だ。 何度もトライして、やっとで取れて 洗いつつ、保存ケースに入れて 終了。
この行為を毎日かと思うとぞっとするのだが、眼鏡フレームの中に自分を強制的に入れてそこから眺める小さな自分と フレームの邪魔がない裸眼のような矯正をするのはどちらが気分的にも実際的にも良いかと言うと 現在は コンタクトが優勢。 しっ しか〜し そこには 第2の試練が 待ち受けていました・・・  続く

あなたにおすすめの記事

-ブログ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2018 All Rights Reserved.