ブログ

新車の汚れこんなにも?!

更新日:

新車でのコーティングでお預かりした愛機。ボディコーティングをご依頼され下地作りを!

まだ納車後8日間でこんなにも汚れがついているのかと思うほどついておりました。
一見するとそれほどでもない汚れに見えるのですが・・・

DSC_4868

これでボンネットの約半分の汚れです。これほどについているという事は下手するとこの上から
コーティング剤を塗ってしまうとアララ〜ンな事になるのはもうおわかりですね〜

DSC_4869
右側がキレイな状態、左側はボンネット約半分程度の下地作りの汚れ・・・
エーーーーっ そんなに?!と思われるかもしれませんが、決してやらせではありません。
もちろん全部が全部ではありません、時々こういうのに当たるのです。

色々な条件が重なり汚れが堆積して固着した状態で納車されることもあるのではないかと思いま
す。輸入車なども色々な状況下において汚れの堆積や傷つきも考えられます。

今回はガラスコーティング施工前の新車下地状態でこのようなこともありますという事例の
ご紹介でございました。出来るだけ良い下地を作り(ここが肝心それぞれの会社により方法
や方法論が変わります)適切なコーティングが出来ればと思います。

新車のコーティング、適切な下地がとっても大事というお話でした。

 

補足:下地処理とは磨けば良いと言うものではありません、色々な道具と材料を適切に使って
初めて良いコーティング前の下地が出来ると言うことです。gloss Boosterは大事なファクターです。

あなたにおすすめの記事

-ブログ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.