ブログ

「RAV4」のプラグインハイブリッド車「RAV4プライム」について

投稿日:

トヨタがいよいよPHVに舵を切ってきた!

PHVに舵を切ってきたと言う事はEVがほぼ確立できてきたとうことなのだろうか。

PHVの若頭 RAV4プライムの0-96km/h加速のタイムは5.8秒 おそらく0-100km/hは6秒くらいか?!

0-100km/hが6秒くらいのクルマはというと

トヨタGRスープラSZ・・・6.5秒(2019)

VWゴルフGTI・・・6.4秒(2016)

レクサスRX450h・・・6.7秒(2016)

レクサスRC350・・5.8秒(2016)

などをみると名だたるクルマよりも速いのである。(GRスープラよりRAV4が早くて良いのか?!)

しかも電気だけで60キロ程度走るらしく、通勤などの世の中の平均はおおむね往復で20ー30キロ程度なので全く問題ないと言うことらしい。

長距離移動もガソリンさえあれば問題なく移動できるので最高ですね。

みんなが困らず便利になる方法

エンジンを急になくしEVになると関連会社が総倒れになるのでそんな事は出来ないですね。

エンジンなどの内燃機関を一気に無くすのではなくPHVであればエンジンなどのパーツが残るのでエンジン関連のサプライヤーさんも変わらずに営業が出来るので良い事だと思います。

EV関連のサプライラーさんも徐々に増えていくので急激な業態変更もすることはないですしこれまた良い事になるかと。

石油の恩恵は世界中いたるところの分野に使用されているのでなくなる事はないでしょうし、全世界中仲良く出来れば良いことかと。

大排気量に頼らないパワー

いままでは多気筒、大排気量主義で、排気量に勝るパワーアップはなしといわれた時代ですね。

ですが現代、今後は電気がからんできますので排気量だけではなく、どんな電池で最大限の効率を得られて、いかに安価でリサイクルが出来る方法かを考えれば世界中で良い循環が起きるのではないでしょうか。

内燃機関は残しつつ更なるブラッシュアップで燃焼効率を極限まで上げた内燃機関は脚光を浴びそうですし、ガソリンスタンドも、ガソリンやディーゼルなどの燃料と電気スタンド併設で極端な閉鎖はなくなるでしょうし。

官民一体の方向感が必要

安全装備に関してもいつまでも海外勢にイニシアチブを握られたままにせずに国と民間企業が一体となって頑張って欲しいですね!!

自動車産業はいまだに一国の一大産業ですので、内燃機関含めPHVやEVなど良い循環になるように、自動車メーカーと国交省などが一体となって頑張って欲しいですね〜

RAV4プライムの売れ行き

これ次第で大きく舵が切られるかもしれませんね。

燃費が良くパワーもそこそこあり(選択出来る)安全なクルマが早く出そろってきて欲しいですね!!

軽自動車でのPHVで100馬力が出せて、最新の安全装備が付く(税金は普通の軽自動車とは別枠)なんてクルマも売れるのではないでしょうか。

いわゆる現行の軽自動車と普通車の最低ラインの税金の中間層のプレミアム軽自動車税になれば面白くなりますね。

RAV4プライム 7人乗りが出たら!?

わたし・・・購入してしまうかも

でも真ん中のドアはラウムのようなスライドドアが良いとおもいます。あっTESLAモデルXのような跳ね上げ式でも興味津々です!

クルマには夢がないとねぇ〜

あ^ あのクルマに乗りたい!

このクルマの加速性能は良いねぇ!

このクルマとても静かだね!

内装がとても良いね!

ボディスタイルがとても良いね!

 

などなど 

夢のある、楽しいクルマをどんどん作って下さい。

まずはクルマを作る人たちがクルマを好きになって下さいね〜!!

シニア夫婦、シニアお一人の安全なクルマを作る事も急務ですね!!

以上 ポリッシュファクトリー及川の妄想でした。

お見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

おすすめの記事

-ブログ
-, ,

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.