ブログ

切れなくなった爪切りを研いでみた!

投稿日:

車磨きとコーティングの専門店、東京ポリッシュファクトリーの及川です。

「切れなくなった爪切りは捨てる?」

爪切りは皆さん多くの方はご自分でやられると思いますが

新品の時の切れ味がだんだん損なわれて「切れる」というよりも「押し切る」という感覚になると買い換えに頃だと思われていませんでしょうか。私も普段より塗装を磨いたり、モールを磨いたりと 一年中磨いたり、研いだりしております(笑) 

私が使用してる爪切りは高価なものでも無く、大きさが丁度良く(刃先のRが丁度良い)爪の両端が切れやすいので好んで使用しています。それがだんだんと切れなくなってきて、あと少し切りたいというときに言う事を聞いてくれなくなったときに買い換えなどをしております。

ですがやはり愛着があるので捨てるに捨てられず何となく捨てずに棚の上でホコリをかぶりますね。

どうせ捨てるなら研いでみよう!

いつか捨てるのならば研いでみて切れ味が少しでも戻るのなら!という期待の元やってみました。

今回はネットでは一切検索はせずに自己流に考えて見ました(笑) 

使ったのは以下の画像のものだけです。

ペンシルは大きさの比較で並べただけです。

用意したのは

  1. 使い古しの爪切り
  2. マスキングテープ(代用品で輪ゴムも使えます)
  3. サンドペーパー#1500(手元に切ったものがあったので)

やり方は

爪切りを使う状態にします。そして使うとの閉じた状態に輪ゴムで結ぶか、マスキングテープで動かないようにします。

上記の画像は使う状態の画像にマスキングテープで戻らないように止めました。

手前にあるのが紙やすりです(#1500番)

刃に当てるときは上記画像のようにペーパーの幅を適当に切り爪切りの刃先にUの字にあたるようにします。

爪切りの下刃から上にペーパーを移動して研ぎます。下から上だけに研いだ方が良いでしょう。ようは下刃をキレイにするという感覚で良いと思います。

結果は10~15回くらい研ぐと切れ味は戻り、普通に使えるようになるはずです。

是非お試し下さい。(もちろんですが自己責任の下で試して下さい)

愛着のある道具は長く使いたいですね〜

愛車も同じ 長く愛着をもって 愛して下さい〜♡♡♡

お見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

おすすめの記事

-ブログ
-, ,

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.