ブログ

USB-Cにつなげる多機能ハブをMacBook Proで試してみました

投稿日:

MacBook ProにおすすめのUSB-Cハブ 2個試してみました

2012年製のMacBook Pro15を長らく使用しておりました、その時の最新の外部接続端子はThunderboltの初期TypeとUSB端子、ヘッドフォン端子、それからSDカードの挿入口がありとても良い機種でした。ですので特に接続用のハブなどの必要性はありませんでした。

しかしそれから7年経過・・・

すっかり浦島太郎状態になったわたくしはUSB-C端子の存在を知らず MacBook Pro15最新のを購入するも2016年モデル以降のMacBook ProにはUSB-Cしか外部接続端子がない事を知らずに購入。

ひぇ〜〜〜〜〜!いつの間に変わったんだぁ!!何にも機器が繋がらないじゃないか。

しかもMacの常識であった起動音「ジャァァ〜〜〜〜ン」がしなくなったのである、サイレントなのである。実際壊れているかと思いました(笑) 

ということで強制的にハブを購入しなくてはいけない事になり選びに選んで購入するもひとつではやはり不安なので種類の違う2個を購入!

大きく分けると

ケーブルがついているタイプ

最初に購入したのはアンカー この世界では有名なメーカーで安心して購入出来ますね!

アンカーのハブの主な製品仕様:
重さ:約52g
入力: USB-C ポート
出力: USB3.0ポート x 3、HDMIポート x 1、イーサネットポートx1

使用感は全く問題なくUSB3.0も使えますし、Wi-Fiルーターが壊れていざというときにイーサーケーブル直差しも考えての購入です。しかもHDMIで大型モニターとの接続も出来ます、しかもしかもこのハブ、HDMI接続の場合4K60Hzで出力できるというのだ(実際に繋げたことはないですというかモニターを所有しておりません(T-T))

Mac本体と一体型になるタイプ

次に購入したのはこちら

USB Type-C ハブ PD機能 Thunderbolt hub 2016 2017 MacBook Pro専用 USB3.0 Thunderbolt3 5Kビディオ SD MicroSD

こちらはMac本体のUSB-C いわゆるサンダーボルト2個に直差しで使用出来るスタイリッシュ且つ、USB-C給電機能(100W)で充電アダプターのケーブルを差せて充電が可能、さらにデーターのためのUSB-Cがもう一つついていて、USB3.0の口が2個、そしてSDカードとマイクロSDカードを挿せるものが安価でつかえるかどうか試したかったので購入してみました。

製品仕様
・Thunderbolt 3 *1
・USB-Cスロット*1
・3.0USBスロット*2
・SDカードリーダースロット*1
・micro SDカードリーダースロット*1
SD/Micro SD/SDHC/SDXC/TF カードリーダー対応。

給電はもちろんOK!USB3.0も難なく繋げてクリア。SDメモリーカード(80MB/s)もすらすら読み込んでOK、ちなみにUSB端子に繋ぐカードリーダーで読むと(たぶんUSB2.0)激遅でしたが、3.0はやはり爆速いです!!

おそらく7in1とか9in1恐ろしく多機能Typeも沢山有りますがお値段が6,000~9,000円もするのですが不要な機能もあったりで使いたい機能を絞って購入された方が良いと思います。

またMacに詳しい方からの情報では「ハブは有線で繋げるタイプがいいよ!」とご教授いただいたり「いや端子に一体型の方が良いよ!」とご教授いただいたのでアンカー有線タイプとそうで無い直差しタイプのハブを購入してみましたら、両方良いとわかりました。どのような使用環境かによっての使い分けが一番良いですね!

usb-3.0端子をUCB-C端子に変換する変換コネクター

こちらはusb3.0をusb-cに変換するコネクター。自宅、会社、カバンにひとつづつあっても良いという商品。何かと便利です。

まとめると

直差しタイプのハブの注意点。

接続はマック本体の2個のUSB-Cを使うタイプ1択です。1個の端子で繋げるタイプは絶対におすすめしません。万が一ハブにひねり系の力がかかった場合はマック側の端子が壊れることが想定されるからです。

ケーブルで繋げるタイプのハブの注意点

機能をどこまで絞るかに寄ると思います。給電できるPD給電タイプの(15インチは87W使います)USB-Cが良いです。イーサー接続が必要かどうか。USB3.0の端子の数、カードリーダーの有り無しになるでしょう。

下記画像の真ん中のハブです。

両方のハブに言える注意点

一番の気になる問題はハブ本体の「熱」がどの程度持つかではないでしょうか。

「ちょっと暖かいね」くらいなら問題なく、直差しタイプハブの場合は熱を沢山持つとMac本体に熱が伝導するので良くありません。ですので口コミなどで「熱が凄く持つ」「あちぃよ」などの書き込みがある場合は避けた方が良いでしょう。

わたしが使ったリアルな熱温度画像が下記画像です。この記事を書いている時のものですのでリアルガチです(笑) 

こちらがMac本体部分の温度、赤いLEDがあたっている部分の温度です。

 

こちらの画像がハブの温度を測っている状態。

負荷があまりかかっていない状態ではありますが本体よりも温度は低いですね!

ということで私が購入して使ってみた感想です。

久々のMacネタでした。(特別Macに詳しいわけではありませんが私のパソコン歴の始まりが漢字トーク6だったと言うだけです)

余談ですが実はこれもオススメ!!

上記画像の映り込んでいるペンシル これまためちゃくちゃオススメなんです。

えっ なんでかって? 機構が素晴らしいからです。

最近まで使用していたのは「書いても書いても自動で芯が尖っていき書き心地が変わらないと」いうのを使っていました。

これがそれぞれの書き心地を比べると「天と地の差」なのです、

その一番の購入動機はノック機構 通常のペンシルの芯を送り出す部分はプラスティックなのですが、なんとこのご紹介したペンシルは金属で出来ているのです。なのでペンシルの先っちょの金冠部分を芯の遊びがなくぐらつきがないので書いた瞬間から虜になります。

是非!書いてみてください。このペンシルの開発者は車やバイクが相当好きなんだと思う!!

贈答用にはこちらがオススメ

メーカーの説明ページは下記画像をクリックしてください。

 

変更や追加などあれば追記していきますね。

お見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

おすすめの記事

-ブログ
-, , , ,

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2019 All Rights Reserved.