ブログ

混沌としたキャリア

更新日:

何十年と使用してきたdocomoとさようならをした。
最初はショルダーフォンだった。そして携帯はTZ-803型だったか
その後ムーバになり 続々と新商品が出てくる docomoがステータスだった。
まだ街では携帯などほとんど見かけることなどないときに使っていたので
時々ごく希ではあったが、緊急でお願いされることもあった。
その時代からのドコモを辞めた理由は簡単
変化がなくなったからだ。当たり前とおもわせるような 
お客をありがたく思うような雰囲気などが感じなくなったからだ。
今どき300円の総菜を購入したって感謝を本気でされる時代だ。
わたしとてそうだ 仏頂面をしている割にはとても感謝をしているから
この何十年お越しいただいたお客様の顔など忘れることなどない、
南半球の何処かでお会いしても、お世話になりますっと 一礼が出来ると自負する。
docomoにはその姿勢を感じなくなり何年かが経とうとしていた。そこで決心をし
キャリアを変更しようとしたときに選ぶ基準、それは ひたむきな姿勢。
auだった。
そのauも最近はちょっと調子が悪いのだがそんなこたどうでも良いこと。
それを乗り越えてこそ本物だと思う。頑張って欲しい。
そんな一途なお客がいることを感じて欲しい。
少しでもダメなら すぐに気移りするユーザーではないのだ。
人だって ものだって 調子悪いときはいつだってある
そこを どう切り抜けるかが問題。
キツキツしすぎな世の中で、少しゆるくても良いかと思う今日この頃。
店主

あなたにおすすめの記事

-ブログ

Copyright© ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー , 2018 All Rights Reserved.