ブログ

スクーター その後

実は購入したスクーターは インジェクション、排気バルブ付きで 車検の時など排ガス検査まであるという代物。元々購入時に付いていたのはフルエキゾーストという二本出しの10万円ほどするのが付いていたのだ、作りも良いし、キレイなのでとりあえずそのままで乗っていたが、なにせスクーターは遅い。 どう遅いかというと クラッチ付きのバイクのお乗りの方ならわかると思うが、クラッチ操作で引っ張ったり、色々と運転でパワーをうまく使い切る事が出来るのだが、スクーターは、改造しないと 遅い。
排気バルブ付きの良いところはアイドリング時の音を押さえたりガスを押さえてくれる。ノーマルマフラーの良い部分は重量はそれなりに重いが消音性能、燃費、トルク トータルバランスでとても優れている。ノーマルマフラーで突出した性能を持っているクルマと言えばポルシェ ポルシェで街乗りから高速までノーマルマフラーで十分な性能を味わえる。そこまで良く設計されているのだろう。
スポーツマフラー系統のものを装着すると(もちろん性能がアップするものもあります)低速が犠牲になったり、街乗りはよいが高速でふけなくなったりと問題を抱える事が多い。
だいたい多いのは低速のトルク不足。これになると大きな排気量なら馬力でカバーできるが、排気量が小さなバイクだと発信トルクや、追い越しトルク、はたまたパーシャルでのギクシャク感。
今回のマフラーは60キロ以上にならないと本領を発揮できるスピードにならないのだ、発進トルクは明らかに落ちているばかりか、40キロ以下でのアクセルオフは 「んぅうるせー」
うるさいので開けるのも閉めるのも気を使うのだ。
バイク嫌いなドライバーもたくさんいらっしゃるので、気を遣うのだが、音に敏感な方はもはやアウチ。
ボー といっている事自体 許せないのだ。 ひどい場合に遭遇すると バイクの方をみながら耳をふさぎアクションをわざとらしくするのであった。そんな事されても気分が悪くなるので一度ノーマルに変えて体験してみたかったのである。
排気バルブ付きのバイクは乗った事など無く 装着、車外マフラーからノーマルに換装する事自体不安があったが、なんとか換装終了。(Kくんにお手伝いしてもらいました(^^) )
いざエンジンをかけてみると〜 そこには・・・
続く

無料でお見積もり

電話問い合わせ

受付時間 09:00 – 18:00(水曜日定休) ※土日祝日は電話が繋がりにくいことがあります。

関連記事

-ブログ

© 2020 ガラスコーティング専門店|東京のポリッシュファクトリー