車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

無料見積/施工予約

iPhone故障?!マナーモード切換えボタンが壊れた時の対処法

iPhoneの故障|マナーモードボタンが壊れた?!

iPhoneのマナーモード切換えボタンが壊れた!かも・・・

iPhoneの故障でよく聞くのは左サイドに付いているマナーモードにしたり着信音を出す為の切り替えボタン。会議などの時にはマナーにしてバイブで知らせたり、無音にしたり出来るワンタッチのボタンですね。

着信音を出して良いときにはワンタッチでマナーモードを解除できるとても便利なボタンです。便利なのでとても良いのですが時として壊れるようですね。

その症状は何もしていないのに勝手にマナーモードになったり、音が出る状態になったりを繰り返すいわゆる怪奇現象か、iPhoneがもう大きな故障を抱えて何か暴発寸前なのか、恐い現象です。

その症状はある日突然起きます。マナーモードに使用と思ってそのボタンをさわっても反応がなくスイッチそのものが反応しなくなります。通常はスイッチをさわると下記の画像のように表示が出ますが、その表示も出なくなります。

今回の故障の場合は着信音が出るようにしても出なくなり、ずっとマナーモードに突入してしまい、肌身離さずの状態にして置かないと着信やメールやラインがわからなくなる現象です。

使える事は使えるのですが肌身離さずずっとなんて、神経が疲れますので着信音が出ても良い環境ならば音は出したいものです。

通常はこの手の故障は本体交換らしく(着信モード切り替えスイッチとか着信音量調整のプラスマイナスボタンの故障も本体交換になるらしいです)

まぁ壊れたのならしゃーないと思い諦めかかったときに良くよく考えたのは

「スイッチ類の故障は殆どが物理的故障だな!」

と考えたのでした。昭和の世代が考える電化製品の故障の場合の直し方。「最後は叩く」なのである。そのやり方は何故なのか、入っていてはいけないところにホコリが入り接触不良などを起こした場合には「叩く」イコール、振動を与えることなのだ。

振動が与えられることにより物理的な故障が直ることがあるのだった。その一撃で何十年も正常に動くことだってあるし、短期間で壊れることもある。昭和はそんな時代だったんです。

なので今回はソフト的な故障ではなく(ソフト的な故障の場合も有りますのでググってみて下さい、それで音が出ない、バイブにならないなどの故障が解消出来る場合があります)ハード的な故障なのだと思った訳です。

そこで登場するのは顕微鏡レベルのスコープ。

左側から順番にマナーモード切替スイッチ、着信音量調整ボタン プラス マイナスボタン。ここを覗く事から始めました。

マイクロスコープも仕事柄持っているので(車のコーティングをする際に汚れの原因とかダメージの特定をするために使用します)見たのですが

なっ なんと ゴミだらけ!!

50倍くらいのスコープで見たらゴミが沢山詰まっています。普段からカバンの中やポケットの中などのホコリの巣窟に置かれている可哀想なスマホや携帯、ゴミは凄く付着しますね〜

「きっとこれが引っかかってボタンの機能をスポイルしているんだぁ」と思い、これまた職業柄、清掃は得意分野なのであの手この手で掃除をしてみました。

iPhoneの故障|マナーモードボタンが壊れた?!

上手に清掃が出来るとボタン機能が復活!!

何事もなかったように動き出しました。これで新機種を買わずに済みました、今どき購入すると10万円とかかかるので儲かった気になってしまいましたが2017/9月にはiPhone8が出るという噂もありますので出たら予約して購入したいと思います。

まとめ

iPhoneがサイレントにしてないのに、勝手にサイレントになったり、元に戻ったりして、それが画面に表示されるのですごくうっとうしいです…とか

iPhoneで、スイッチをいじっていないのに急にサイレントモードになり、すぐなおるるということがたまにあります・・・

などの症状が出たときは以下を行って下さい。(サイレントモード切替スイッチ自体がガタガタで「カチッ」とした節度のある切り替えのスイッチの状態じゃないと効果はありません)

虫眼鏡などの拡大鏡とお子様用の歯ブラシ、それとエアーダスターを用意して下さい。その後それぞれのスイッチの外周部分を拡大してみていただきゴミ、汚れの付着を確認してみて下さい。

この段階で汚れがそれほどでもないという場合は清掃をするという方法では治らないかもしれません。ゴミが沢山詰まっている場合は直る可能性がとても高いので期待できます!

やり方は簡単たったのこれだけ!

  • スイッチをカチカチとよく動かす。切り替えボタンと着信音量ボタンそれぞれ
  • 歯ブラシで(出来れば先細が望ましい)その隙間の汚れを取るようにマッサージ、まさしく歯周ポケットの掃除の如く行って下さい。ガシガシではなく優しくです。ココに時間を一番使ってください!
  • 出来ればスイッチを下側に向けて汚れを下に落とすような向きで行って下さい。
  • 大体汚れが目視できなくなったらエアーダスターで汚れホコリを飛ばしながらスイッチをカシャカシャしてみて下さい。

如何でしたか?!直りましたか!!このような症状の場合大抵はホコリがつまりスイッチの位置が正常ではなくなるハード的な故障と言う事が多いかと思います。

振動の出る(電動シェーバー等)ものをスイッチ付近につけて振動を与えると稀に直ると言う記事も見受けられますがそれは固着の少ない汚れの場合その振動でたまたま汚れが取れて正常になるといった事ですね(笑) 

何万円もかけて交換する必要も無く資源を無駄に使うこともなく、ちょっとした作業で直る場合があります。修理店でもAppleもこういう症状は認識(きっと)していると思いますが会社を存続するためにはこういうことのサービスはしないのでしょうなぁ〜

そうそう車もiPhoneも同じですが、普段使わないハード的なスイッチの類いは(車の場合はリアガラスのパワーウィンドースイッチなど)使わなくても時々電気を通して下さい。

つまりスイッチをつかって動かして下さいと言うこと。何故か?!固着したりすることがあるからです。モノはいつかは壊れます、しかしながら壊れないようにする延命のための動作は出来るのです。普段からまんべんなく時々スイッチを入れて動かして下さい。これがモノを長く使うためには最も良い事です。

最後に!

iPhoneユーザー様には是非お財布にもお得で、交換するときに煩わしさと無駄な時間を過ごさない人を増やすために拡散して下さい〜!!ィィねボタンなど押して下さったり、Twitterなどで拡散できればお役に立てるかもしれません。

以上 iPhoneのサイレントモードスイッチ着信音量ボタンの不具合の簡単対処方法でした〜 (作業は自己責任で行ってね)

 

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

iPhone故障?!マナーモード切換えボタンが壊れた時の対処法 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ