車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

新車施工、ディーラーか専門店か?part2

新車コーティングディーラーか専門店か?

車購入時に何も言わなければデフォルトで見積もりに入っているディーラーコーティング。とにかく購入する段階で「オプションのカーコーティングをとりなさーい」 とディーラーの偉い方々から大号令(出ているらしい?!)

実際はどちらがどうなのでしょうか?

自動車屋さんは自動車を売って儲けていた時代と違って、油脂類とかカーコーティング、室内抗菌施工、カーフィルムなど、あらら?な方向になってしまったのだった。これも時代の流れか。

ディーラーなどに一生懸命売る商社が売りつけているのかメーカー販社購買が「儲かるらしいからやろっか」なのかはいまだ不明。

と言うことで表題の通り「新車時のコーティングはディーラーか専門店か?」どちらが良いか。早く結果を知りたい方はこちら「結果を知りたーぃ」

コーティング性能と料金の傾向

近年のコーティング液剤は無機、有機の材料含めお安くない原材料になり、作業の手間もかかるようになりました。大昔の塗って拭いておしまいのような時代とは訳が違います。

現在増えているのが「長く綺麗が維持できるコーティング」ディーラーでもロングライフで高価格のコーティングに傾注している傾向です。

有機の安い材料ではロングライフはなかなか望めず、結果的にコーティングの効果の持続を長期間求めるようになると高価な材料になり手間も暇もかかるようになりました。

結果的にとても施工が難しく施工環境や機械設備が整っていないと施工出来なくなりました。大きく分けると

効果の持続期間が長い(3年以上)=高価 

効果の持続期間が普通(1-2年程度)=普通 

効果の持続期間低い(1年以内)=安価だがメンテナンスが定期的に必要

ちょっと前までは専業店の平均値段をすっぱ抜くようなディーラーの値段設定だったが最近は高級コーティングをディーラーも採用し値段は専業店のディーラーも殆ど変わらず、むしろ内容からしたら高いように思えるのは私だけでしょうか。

作業設備は整ってるのか?

ディーラーのコーティングの場合当社で行っているような赤外線乾燥機での温度処理は時間的にも場所的にも難しいので殆どの場合はそういった手の込んだ施工は多くの場合望めません。残念ながら見たことがありません。

また下地処理にかける時間も制約があり作業時間をかけられない場合が殆どだとも聞く。ディーラーの支店では採算ベースを割るようなことはされないでしょうから、下地作業もどなたでも行えるような機械での簡便な処理になります。

その機械は塗装の特性や痛み具合、塗装の状態により同じ車種でも施工方法が変わりベストな施工があるのです。ルーティンワークではなしえない作業があるのです。

当社のような専業店では一年中同じ環境で施工が出来る完全密閉環境と厳選されたコーティングのマッチングで最上級のコーティングが出来るのです。

施工者のスキル?

専業店もディーラーも大きく分かれるのは作業に対する経験台数と情熱。きちんとした作業を納得いくまで追求完成出来るのは概ね専業店。

それは何故か?専業店(専門店)はまずその仕事が生業であります。しくじることは出来ないのでもの凄く丁寧に、時間をかけます、人ごとではなく自分の車のように考えます。

磨きとコーティング専門店での施工はそれぞれお店により特徴がありますが、多くの場合適切な作業をされています。

少し注意が必要なのは作業スキルの低いお店がないわけではないのでお店選びは簡単ではありません。(修理も電装関係も、足回りのチューニングショップも同様)

その場合は車のコーティング専門店の選び方1などをお読みになると良いでしょう、連続もので現在はその3までありますのでお時間のある方はどうぞ。

ディーラー施工の内製化の多くは、必然的に作業性と効率を追い求めた作業が多くなるでしょう。しかも常駐で外注スタッフがいる工場でのコーティング作業は多くの場合ルーティン作業になると当事者から聞いたことがあります。

実際に某外車ディーラーで5年以上の長い間常駐スタッフで経験された方の生の声を聞きますとビックリするような作業時間で仕上げるのです、とうてい専門店での作業者では不可能な作業時間です。もはやスーパーマンの作業です。

しかしながらディーラーと作業者の派遣会社の折り合う方針でしょうからどうすることも出来ないのが実情なのかもしれません。

コーティング料金はそれぞれどのくらい違うか?

実際の料金はどのくらい違うのか、 代表的な車でトヨタクラウンとアルファードで調べたところ

世の中には有名なコーティングメーカーさんがありまして、ソフト99G’zoxハイモース、ダブルG、QMIセンチュリオンコート、クォーツガラスコーティング、CPCプレミアムコーティング などなど沢山有ります。

下記に例を挙げます。

某トヨタディーラーの高級コーティング
クラウン:140,000円
エスティマ:150,000円

某有名メーカー最上級コーティング
クラウン:178,500円
エスティマ:210,000円

当社デラックスコーティング(他社同クラス性能)
クラウン:146,000円
エスティマ:180,000円

如何でしょうか。

当社のように専門店はディーラーなどと同価格帯でそれ以上のクオリティでコーティングの施工が出来ます。しかも性能に関しても、作業環境も作業にかける時間も次元が違います。

当社のコーティングは3種類あります。それぞれのコーティングの特徴がありますのでどうぞお読み下さい。 ポリッシュファクトリーの独自開発技術のコーティングと丁寧な施工は専業店ならではの内容です。

所有する年数で考えて見る

何年所有するかでお問い合わせ頂く時もございます。新車で購入後3年間で買い換えをされる事が前提でお話しになる方の多くは

「すぐ売っちゃうから 必要ないかな〜」という方もおられますが、むしろ3年という期間を汚れを固着しないようにし簡単に綺麗に出来て売却時にはキレイなので有利な条件が出る事が多いと聞きます。

また10年は乗るから綺麗を維持できると嬉しいという方は3〜5年に1度程度で綺麗を維持できます。ワックスなどは必要が無く時間の無駄にもなりません。

1年以内での売却を考えている場合はグレードの低いコーティングで十分です。2〜3年程度での売却の場合は中間グレードのコーティングでも十二分の性能を発揮できます。

メンテナンスについては?

当社のコーティング、基本は水洗いで長期間白い車は白く、赤い車は赤くキレイな状態で保てるのです。しかし洗車をしなくても良いと言うものではなく基本は洗車をしていただきます。

メンテナンスについてはディーラーの場合は新車時の施工のみと大きくうたっております、しかも年次の有料点検が有る場合も有りますし、面倒なメンテナンスキットまでついています。

ここからはクルマ好きとして及川個人の印象です

どこのコーティングを選ぶのか?悩ましいことですが、私が考える選択基準は

  1. 駐車環境は 屋外 屋内 密閉ガレージ?
  2. 使用頻度は 少ない 多い
  3. その車の塗装が強いか弱いか(メーカーにより変わりますので)
  4. 何年乗る予定か? 短期間 長期間
  5. 車が好きか?

上記の状況により変わると思います。

こちらでは自分の環境ではどういう施工が適切か占いが出来ます、私は38点 プレミアムコーティングが適すると出ました。「最適コーティング診断」是非やられてみて下さい。

もちろん選ぶコーティングは自社の最上級コーティングをフルオプションで施工します。間違ってもディーラーコーティングはしません。

ではどんなコーティング内容でするか?

新車購入時は必ずやる事は、ボディコーティング、ウィンドウ撥水コーティング、アルミホイールコーティング、黒樹脂部があればその部分は丁寧に丁寧にコーティング。

エンジンルームなどの水がかかりそうな部分、ドアの内側などの塗装部分もコーティング。特にその車の形状による汚れの堆積しそうな部分は丁寧に施工します。

ボディコーティングのチョイスはその時点で一番良いコーティング。普段の施工と同じにていねいにいたします。何年もかけて成熟しているコーティングを選びます。

ウインドー撥水コーティングについては施工後に撥水ガラス用のブレードに替えるのがオススメと言いながら、機会を逸して交換を怠っていたりします。

特にナンバープレートも汚れることに抵抗があるので、何層にも施工します。

その新車の塗装品質より作業方法は変わりますが(特に下地処理)塗装膜圧が薄目の場合や、ソリッドの場合とか諸条件により削る量や、マシーンなども適切にチョイスし慎重に行います。

購入後いつも行う施工内容はこれ!

  • ボディコーティングは最上級!こちらが最強です。
  • ウィンドウ撥水コーティングは全面(ワイパーブレードを撥水ガラス用のガラコやPIAAなど)
  • アルミホイールコーティング
  • 未塗装の黒樹脂部コーティングも全部やります。
  • エンジンルームも樹脂部、塗装部もコーティング
  • 室内シートが皮の場合はコーティング
  • 全面透明断熱フィルム(1度貼ったらもうやめられません)
  • タイヤ空気圧は5〜10パーセントほど高め
  • バッテリーは導電グリス増し(最近はサボっています)
  • 子供(孫)が乗り降りで蹴りそうな部分にはカーボンシートもしくは養生テープ
  • 室内の埃をサッと拭けるようなクロスは常備
  • 洗車タオルとスプレーボトルに詰めた純水もしくは精製水(高速走行後の虫対策)
  • その車の特有の匂いがする場合は抗菌ナノスプレー塗布
  • ドアヒンジなど無駄に多いグリスは一旦除去をして良いグリスに換装

などなど

結構しつこいですね・・・(笑) 

結局どちらを選べば良いの?!

少なくとも自分の知人友人や親兄弟の車で「ディーラー施工と専門店どっちが良いの」と聞かれたら知識と経験の豊富なお店すなわち専門店であれば「ィィね」とお伝えします。

大きな声では言えません、内緒にしてくださいね。

ココまでお読みいただきありがとうございます。

最後にポリッシュファクトリーのコーティングの説明を

プレミアムコーティングの特徴

ポリッシュファクトリーの3つのラインアップの中で現在全ての性能で最高級の撥水コーティングです。施工には下地作りから始まりコーティング施行も合わせますととても手間と時間がかかるコーティングです。その効果は一級品。洗車クロスで擦るくらいではびくともしません、動画でどうぞ。(テストのために撮った動画です、決して真似はされないでください)

デラックスコーティングの特徴

ポリッシュファクトリー取り扱いのコーティングで2番目に良いコーティング。こちらもおすすめです。撥水コーティングで水垢にもびくともしない簡単な洗車で綺麗を維持できます。こちらも手間と時間のかかるコーティングですのでその効果は折り紙付き。

スタンダードコーティングの特徴

リーズナブルな金額で金額以上の性能を発揮します。撥水型のコーティング、簡単洗車で綺麗を維持できます。硬化型樹脂タイプのコーティングですので艶も文句なし。

新車コーティングやるならディーラーか専門店か?part③はもっと踏み込んだ内容でお話ししますね!お楽しみに〜

 

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

新車施工、ディーラーか専門店か?part2 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ