車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

無料見積/施工予約

原因別ダメージ画像集

 コラム, 2016/09/05

色々な塗装の痛みを画像で説明、まずはご覧ください。shomigaki_vg



痛みにも色々と原因があります。その原因を出来るだけ少なくし、新車からがっちりと本物のコーティングをし大切にどうぞ!!

各種汚染によるいろいろなダメージ画像

鳥糞によるダメージ

深く侵食してしまった場合は修復不可。浅いうち、早めの修復をされてください。

damage01_vg

 

洗車機による線傷

修復可能。

damage02_vg

 

飛び石による塗装の欠け

下地を突破してしまった場合は早めの防錆処理が必要、その後タッチペンでおおよその修復可能。

damage03_vg

 

線傷

間違ってコンパウンド入りのワックスで長年傷つけてしまった人為的な傷。
おおむねの場合は修復可能。

damage04_vg

 

線傷

洗剤や水道水のカルキによる複合的なシミ。
軽微なうちのメンテナンスシャンプーで手当てをされて修復できる場合もあります。
それでも取れにくい場合はプロ作業が必要。

damage05_vg

 

線傷

サンルーフに固着した雨シミ。
市販クリーナーでは取れにくいのでプロ作業が必要。
浴室の鏡のうろこ取りは絶対にやらないでください。
大幅に傷が付いて処置が出来なくなります。

damage06_vg

 

塗装に付いた中程度雨シミ

中程度の雨シミは修復可能です。

damage07_vg

 

鉄粉の痛み

赤く反応する液で見ると凄い事になります。
固着する前にまめな洗車で固着は半分程度まで抑えられます。
鉄粉をとらずに機械磨きをしますと、塗装面に食い込み二度と取れなくなりますのでご注意ください。

damage08_vg

 

チョーキング

塗装表面クリアー部のひび割れ。90年代の車に多く見られました。
一時的にワックスなどの油分で消えるも、油分がなくなるとヒビは復活。
修復率は10パーセント前後。

damage09_vg

 

中程度の雨シミ

おおむねの場合は修復可能。やわらかい塗装に出来る傾向です。

damage10_vg

 

再塗装による塗装の縮み

クリアー塗装がある場合の表面の縮みや、ペーパー傷は多くの場合修復可能。

damage11_vg

 

鉄粉付着

多くの場合は取り去ることが可能。
鉄粉が付いたまま機械磨きなどの熱処理をされた場合は修復不可。
塗装の中にもぐりこんで取り去ることは出来ません。
磨き作業をご依頼する再はご注意ください。

damage12_vg

 

ピンホール

再塗装後に出来る、塗装部の下にある部分に油分などがあり、弾いてしまい出来る現象。

damage13_vg

 

多くの場合の拭き傷はこのように見えます

何度下地処理をやっても消えない引っ張り傷が出る場合、修復率は低い。
原因は不明ながら難易度は高く、非常に神経を使います。

damage14_vg

 

機械磨きの跡

いわゆるオーロラという現象で、機械磨きによって出来る傷。多くの場合は修復可能。

damage15_vg

 

枯葉等の長期付着により出来るしみなどの現象

駐車場周辺に木などがある場合に出来る可能性が高い。
さらに小さいこのような現象が起きた場合は、蜂の害によることもあります。
さらに小さい場合はトンボの被害もあります。

damage16_vg

 

チョーキング、深い傷、洗車機の傷など複合汚染

かなり厳しい修復になりますが、この系統の場合は実際に部分施工をしてみませんとわかりません。

damage17_vg

 

汚れた指

拡大してよく見ると、汚れはシボに入り込んでおります。
手洗いはとても大事なことです。

damage18_vg

残念な事に当社の画像を無断使用している会社が数社あります。この画像は当社代表及川が警察官に職務質問を受けながら撮った大切な画像です。誠に残念です。

 コラム

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

原因別ダメージ画像集 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ