車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

お問い合せフォームメール

東京都練馬区春日町4-5-4 1F 営業10-19時

無料見積/施工予約

何故ディーラーは

 コラム, 2016/09/05

何故ディーラーさんでは新車のガラスコーティングはお勧めするがshomigaki_vg

古い車は出来ないと言う所が多いの?

古い経年車も大きな会社のディーラーさん施工が安心なのでは…

それは利益率に大いに関係していまして、新車の綺麗な状態よりも大幅に手間のかかる経年車を施工すると時間もかかりますし利益率も悪く、割と仕上がりに対してクレーム率も高いからなのです。

もちろん悪い事だなんて一言も申し上げておりません。企業活動として規模の大きな会社は常に利益率などを計算されて、半ば強制的といっても良いほど利益率には目を向けなくては存続ですら危ぶまれますから… ですので利益効率の良いと見える新車を囲うことは極めて当たり前だと思います。

当社の考え方はまず新車の塗膜を守ること、そこから始まりますので、採算度外視でのコーティング作りや試験などを繰り返して、納得のいくまで進めてサービスといたしておるのです。規模は全くもって小さいながらも向いている方向が違いますね。

では何故クレームが多くなるか、それは経年車は新車と違いオーナー様は愛車の気になる部分を良くご存知です。新車の場合は多くの場合は「新車はキレイで当たり前」

それが経年車の場合は汚い部分や傷のある部分をオーナーがご存知であります。その部分がキレイになっていないと不満となりクレームとなります。

ですので時間換算での利益率ということになりますと、新車の扱いを増やしなさいという結果になるのですね。(大きな会社の宿命で個々に向き合った作業が出来ず利益優先となります。実際は全員はそういうお気持ちではないと思います…)

多くの場合ディーラーでの施工は、整備士さんが講習を受けて納車前に施工をするだとか、納車センターで一括をして施工をし、各営業所に送り届けて納車をしたりとかさまざまな形態をとっています。

がしかし多くの場合は専業者ではなく二束わらじの整備士さんが多いとも聞きます。お抱えの板金塗装屋さんが業務拡張でコーティングをしたりとかで、塗装の専業店がそうでない状態になっている事も事実です。

では専業店さんとの大きな違いは?! 賢い方ならもうお分かりですね。ディーラーコーティングの多くの場合は下地処理方法から違いますし、名前の有名な商品で低い仕入れ率のコーティングを選ぶ事になるのはもうお分かりですね。

性能はどうであれ有名な商品を選ぶか、何らかの縛りがある商品を使っていることが多くあると聞きます。

しかしながらその液剤を生かすべく下地処理をしているかどうかは不明ながら、やはりコーティング処理後の実車を(当店に入庫された方のお車)を何度も拝見させていただいておりますが・・

? と感じる仕上がるも散見出来ます。つまり面倒な作業は儲からないのでやりたくないという事なのでしょうか…? ディーラーさんでの内製化実はサイクルがあり好景気の時は外注、不景気の時は内製、これは昔からそれを繰り返しています。

専業店でも同様で有名で高単価の商品に群がってアピールしますが、コーティングの性能を生かせずに施工している場合も多く散見しております。当社のコーティングはオリジナル、下地、コーティングも最高の性能を生かすべく日々研鑽しております。

以下総括いたしますと

ディーラーさんのような大きな会社は
  • 新車ボディコートはディーラーで利益率が高いので率先して受注を取る方向。
  • 経年車の利益率は低いので受けないほう方向性?。
  • 経年車は外注へ。その場合でも利益優先、外注さんは低コストを強いられる?
  • 新車の場合は黒系車は受注は出来るだけ避けるように勧められている?
当社が考える新車のコーティングは
  • 作業者自身が車が好きで洗車が好き。つまり作業者がユーザーでもあります。
  • 儲けありきの作業ではなくユーザー様の愛車が喜ぶコーティングを目指します。
  • コスト重視ではない性能ありきのコーティング液剤を使用しております。
  • 長く綺麗に簡単に維持できるコーティングを! が目標であります。

ディーラー様には他意はございません、あしからずご了承ください。

 コラム

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

何故ディーラーは 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ