車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

車コーティング専門店の選び方3

 コラム, 2016/09/04

最近の中古車は寿命が大幅に伸び、3年や5年程度ではそれほど痛まず、エンジンや内装、外装含めて古びて見えなくなりました。

20年ほど前の当時の中古車は内装は痛み、エンジンルームなどもひどく痛んだものでした。しかも運転者の癖が駆動系につき、運転も何となく前所有車の癖がなかなか治らず、ついに手放すという事もありました。

最近のクルマの寿命は約10〜11年といわれております。査定落ち(登録日より約6年で査定は〇円になるという、昔の風習、買い取り屋さん等に有利ですが、ユーザー側にはとっても不利です。

しかし税金面では6年もすると登録する際の税金は安くなるというメリットがあります。どっちもどっちですが全体的に見直すべき事だと思いますが)した途端に買い取りは安くなり、しかしながら寿命は伸びているし、その時に魅力的なクルマがないのでこのまま乗るか〜っと。

その場合には以前のユーザーの匂いやら雰囲気を払拭すべく磨き屋さんとか、フィイルム屋さんが活躍。一気に前オーナーさまの雰囲気が無くなり新車以上になり、自分のクルマになり満足出来るレベルで所有出来ます。

それらはひとえに自動車メーカーさんもそうですが、その下請けさんの部品メーカーさんの必死の努力のたまもの。素材を厳選、安くて良いものを提供し続けた部品メーカーさんの努力の証ですね!
材料や生産コストを下げ、しかも長持ちが出来しかも変色や、素材の崩れをなくして結果10年も長持ちするクルマに仕上がりました。

しかし、10年も乗ると元々の素材が良くても傷むもの。その痛みを我々ディテーリング業者が復活をさせるのですが、その復活具合も20年前とは違い、一時的な復活ではなく何年もきれいな、ユーザーさんの希望に則して、車検二回の4年はきれいに乗りたいとか、昔のクルマのクォリティが大好きでこのクルマに少なくとも10年は乗りたい〜っと、その方々の好みでディテーリングを施す時代になりました。

旧態然として磨く側、施工者側の理由を先に述べて、主導に回る時代に合った方々の施工方法論と、現代の方法論では大きな開きがあり、なるべく持たせる、現状の状態を長い間持たせる方向に移り変わっている事は明らかです。ですのでリサイクル的な発想で、クルマを所有する事自体リサイクルとかを考えた上での所有になる時代になりました。

ボディの塗装面を磨くという事についても、その塗装を生かしながらきれいに出来る最大限の事を、最低限の研磨量で見せる方法をとらなくてはいけないという事、ユーザーさんの目でも見える塗装面について、耳を傾けてくださる施工店さんが必要になって参りました。なるべく現状を生かす。

機械擦動面もそうですね〜ピストンとシリンダーも、デフも、ギアがあるところは最低のミューで減らさず、減摩をして長持ちさせる事。現代ではタイヤだって石油外天然資源比率97%の、新世代エコタイヤなんてものだってあります。

これからはリサイクルと素材革命でどんどん改革が起きると思います。もちろん塗装本質だって変わりつつあります。今後はどんな塗装が出来てくるか楽しみです。

ですので中古車磨きはユーザーさんの好みや乗り方、駐車環境等色々ご相談なさってお話が出来る磨き屋さん、年々改良をして前進しているお店(作業環境しかり、作業材料しかり、お客様に対する対応、単純に液剤の進化だけが進化ではなく地球環境レベルでお考えのお店などもgood)

とうことで、そろそろ施工店選びの本質に。
まず作業環境がしっかりしているところ、照明がしっかりしている、屋外での作業はちょっと…
これみよがしに通りから作業が見えて、作業を中断してお話をしている状況が安易に想像出来るところはちょっと…

作業者の服装で、ボディを傷つけそうなファスナー等の露出、腕時計、腕輪、はちょっと…
床が汚い、ザスザスしている状況がはっきりとわかるところ。

カーセキュリティショップにも同様ですが、大きく露出しているお店はどうかと… ナンバー等をチェックして現在証明をとれば登録場所もわかりますので(2013年時点では取れないと思います)本来はあまり露出してないほうが良いと思います。

磨き屋さんはお店や看板を露出していてももちろんOKですが、私たちはちょっと気が進みません。

その日限りのお預かりでの洗車施工などは大丈夫だと思いますが、最近見られるセ○ム導入店と謳っているところは、実際にどういうことになっているかご存知無いようで、現場に駆けつけた係は何も出来ないという事をご存知なのでしょうか。現場には到着しますが彼らは何も法的には出来ない事を。
ですのでできる限り目立たず、看板も少々での営業店が増えている事もうなずけます。
だからといって盗難とかのいたずらが完全に防げるかといったらそうとも限りません。

それから施工者とお話が出来て、質問にきちんと答えてくださるお店はよりベターかと思います。
きちんとお話が出来て、きちんとお店がきれいで、当たり前な方が社長さんでしたら問題は非常に少ないと思います。

願わくば○×○の液剤を使っているから凄い!とか、何年保証とかそんなうたい文句に惑わされずに、どんな方がどんなことを出来るか、お話されてみて決めてみては如何でしょうか。

あとは磨き歴、開業後何年で何台を磨いた経験があるか? 率直に伺っても何も躊躇せずに嫌がらずお答え出来るお店でしたら安心度も高くなります。

経験年数が短く、台数が少なく、週間の磨き台数が極端に少ないところは注意が必要ではないかと考えます。普通に台数を重ね、粛々と作業をこなされて地道なショップは安心材料になります。

いつも革新的な事をうたい文句にしたり、お客様のためだけにがんばりますとか、妙なうたい文句のところも注意が必要かもしれません。まあ3年や5年で達人とか匠とか究極のなんちゃらとかは無理ですから…。達人は自分の事を達人とは呼ばないかと。

さて要約します。
ショップのご主人が実際に磨ける方で施工環境がきれいで、お客様と対話が出来て少しぐらい長くメールでの対応を迫っても文句を言わずきちんと対応が出来ていれば安心。

うたい文句が多いところ、特許がどうだとか、画像で照明や施工環境ばかり謳っているお店もどうかと。これ見よがしにちょめちょめを使うと凄い艶?! だとかブログで語りが多いのもちょっと…?です。(これは私の主観です、誹謗批評ではありません悪しからず)

よく施工者とお話をされて見てください。
施工店選びは非常に難しく、選びで失敗したご自身を認められにくく、お金を損した気分になるので非常にナーバスになるかもしれませんが、最後はやはり「人」。

ひととなりをよくみられて作業は出来て当たり前、きちんとしたお話が出来て、楽しくお乗りになる事が出来れば正解。クルマは楽しくなければと思います。

長い人生でお乗りになるクルマの台数は普通は限られています。どうぞ楽しく良い思い出になるように施工点をお選びくださることをお祈り致します。

まとまりの悪い文になってしまいましたが、雰囲気はつかめましたでしょうか。
どうぞ今後とも宜しくお願い致します。ほとんどのお店はよい方ばかりです。

楽しく愛機にお乗りになるために出来る事を第一に、お店のひととなりを感じられておつきあいをどうぞ。ご家族、またはお連れの方とカーライフを楽しまれてください。

えっ当店はどうかって?!サイトを是非閲覧されまして、ご判断ください。
その上でご相談くださればうれしいです。
人の身になって考えられるうちは、ず〜っとお店を開けてがんばりたいと思います。

※古い記事です、また近年の事情に合わせて更新する予定です。

 コラム

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

車コーティング専門店の選び方3 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ