車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

雑学、知っていた方がお得?!賢い諸兄はご存じの方も多いでしょうが〜

アルミホィールとタイヤについた赤やら緑やら黄色のマーク(総じてユニフォミティマークと呼ぶのだそうです)

何が何やら・・・(賢い諸兄はご存じの方が殆どでしょうが、おさらいも含めて)

_MG_5498

WRXのホィール。画像右側には赤いマークがあります。これはタイヤの周上で車軸方向からの高さが一番高い位置赤色のペイントなのだそうです。呼称はハイポイントマーク 赤です。

_MG_5499

ココがハイポイントマーク部分です。

_MG_5497

ローポイントマーク(緑とか白とか、緑の丸いステッカーなどもあります)

ホイールのリムの周上で車軸方向からの高さが一番低い位置に白や緑ペイントで表示するのだそうです。その部分とタイヤの外周のハイポイント部分を合致させることで、回転中のタイヤの振れや振動が最小になるようにするために合わせるのですが、最終的にはホイールバランサーで重量のアンバランス量を測定し、バランスウエイトの装着で振れを最小するのですね〜

 

_MG_5500

こちらは違うメーカーの新車のアルミホィール。ユニフォミティマーク(ハイポイントやらローポイントやら)の整合はなく、アルミホィールにタイヤをつけてバランスをとっているのでしょうか。ユニフォミティマークがせっかくついている意味が無い模様です。このアルミで50グラム程度のバランスウェイトがついておりました。

_MG_5502

このアルミホィールは軽点マークとエアバルブの位置が合致、バランスウェイトは20グラム程度で立派でした〜

_MG_5504

ALPINAはホィールの中心にエアーバルブがありまして中空スポークを介して外周に空気を吐き出す方式。スポークまでもエアーが入っているのですね。 中心にエアーバルブがあると言うことは振れの原因の重量物が中心に来ているのでその分バランスも良くなるのでしょうね〜(憶測です)

正式なタイヤ合わせマークはどうされるのか、何度も組み直して調整されているのかわかりませんが、アルピナに乗る方が口々に言われるのは、ヒタヒタ走る。これにつきるのではないでしょうか〜

_MG_5503

こんな事を考えていると4輪もついて20インチなどが普通に履いている時代、真円に近いものが動いているときのバランスはとても大事だと身にしみます。

余談ですが〜

トイレでトイレットペーパーをひいたときに ペーパーの芯の真円度が高くひいた力以上に慣性モーメントで出てきたときは気持ちよく拭けています。ペーパーそのものの巻き方はそれほど関係ないのかもしれませんが 中心に入れる専用径のパイプアタチッチメントがあれば購入し(社外アルミホィール装着時につけるカラーの如く) 気持ちよくひきたいと思いますー(笑) 

温水洗浄し拭かなくても良い省エネ時代が来るのはいつか?!

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

雑学、知っていた方がお得?!賢い諸兄はご存じの方も多いでしょうが〜 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ