車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

無料見積/施工予約

車をいたわり長持ちさせる、ボディの塗装面を痛めない知識

みなさん、こんにちは!
車磨きとガラスコーティングのポリッシュファクトリーの及川です。

最新の塗料で出来ている車でも、乱暴な扱い方をしているとすぐにあちこち雨シミや線傷などで痛みます。誰でも自分の車は常に綺麗を維持し、出来るだけ長期間良い塗装面で乗りたいと思う方は多いと思います。

酸性雨の問題やゲリラ豪雨、大気汚染や黄砂、花粉などの車に不必要な負担をかけない環境や、使い方を心掛けてください。

目次

駐車場選びは
車の耐久性を向上させる!

愛車にとっての理想的な駐車場は風雨や直射日光を避けられる屋内の駐車場やガレージなどです。強い日差しは塗装を傷め、室内にも悪影響を及ぼします。紫外線を含む日差しを避けられる環境でなかったら、紫外線、赤外線カットの出来るカーフィルムで保護しましょう。

置き方で変わります

西日などが当たる場合は車の入れる方向を変えるだけで痛み方が変わります。毎日毎日同じ場所に紫外線を当てるよりも交互に当たった方が痛みは半減します、車のコーティングではなくとも車の塗装の耐久性を向上します。

駐車場すなわち車庫の条件次第で車の耐久性が違ってきます、樹木の下での駐車では 樹液や木の実で塗装を傷める大きな原因となりサビにもつながります。

ボディの塗装面
落ち葉や黄砂、花粉はに大敵!

最近の車はサビなどに対してずいぶん強くなりましたが、サビが全く発生しないわけではありません。ボンネットを開けたときに見えるカウルトップに堆積した枯れ葉やドアに挟まった枯れ葉など、またエアコンの外気導入取口に入り込んだ葉が乾いて粉々になるとエアコンが動いているときに細かく粉砕されてしまいます。

また水抜きなどに枯れ葉が詰まりますと上手に水抜きが出来ず常に塗装面が水濡れなどを起こして塗装面が痛んだりしますのでご注意ください。洗車の時にご自身でも点検をされると良いでしょう。

落ち葉の多い時期や黄砂の時期は要注意

落ち葉や黄砂は重いので堆積しやすいので月に1度はボンネットを開けて点検されてください。ガソリンスタンドでの洗車の際なども枯れ葉が詰まっていないか聞かれると良いでしょう。

花粉、黄砂の被害は
拡大の一途をたどっています!

近年の中国大陸からの黄砂や、花粉の時期に異常に飛ぶことで塗装面に堆積をして車の塗装面を痛めることが多くなりました。

屋外駐車の場合はその汚染物を長く堆積させずに早めの洗車でボディの塗装面を綺麗に流した方が良いでしょう。気象庁の花粉や黄砂情報をその時期に見ていただき出来るだけ花粉シミなどの被害に遭わないようにご注意ください。

とにかく積もったら洗車

黄砂の被害を最小限にするのはとにかくボディの塗装面に堆積させないことが一番。色が変わるほどの積もり方に見える場合は洗車で流してください。黄砂情報を見ながら切れる時期を見計らっての洗車が一番お勧めです。

車のボディー塗装
下地が露出している傷、塗装のハガレはすぐに補修を!

車に乗っていれば高速道路での飛び石による塗装のハガレや悪戯よるキズなどは付いてしまうものですが、小さなキズだからといってほおって おくと、サビの原因となってしまいます。

車の塗装面にキズが出来て塗装面を越えて下地が見えてしまった場合は出来るだけ早い補修が必要です。

簡単に出来る補修として、剥がれた箇所に塗装をするタッチアップペイントをすることになります。 カー用品店、自動車ディーラーなどで入手できますので、1本購入されて常備しておきますと安心ですね。

ご自分では知識がなく怖くて出来ないという場合は車の塗装のプロの板金塗装工場にお願いするとか、車の磨きコーティング専門店にお願いされると良いでしょう。

タッチペンのコツ!

1度に盛ることはせずに何度かやられて時間経過と共に痩せてきて「あんなにつけたのに無くなっている?」くらい痩せます。しかし大きく盛るとなかなか痩せずに盛り上がったままになりがちです。何度かに分けてやられた方が成功率は高くなります。

新車を購入
塗装を長く綺麗に保つためにはコーティングはお勧め!

新車の塗装は綺麗、綺麗ですが長期間の保護のためのガラスコーティングは新車にうちがお勧めです。納車されて短い期間は綺麗に見えますがコーティングやWaxなどの保護剤などは施工されていませんと車の塗装はどんどん劣化します。

車の塗装のプロの知識豊富な技能技術者の施工がお勧めです。また新車を長く綺麗に塗装面を守ることが出来るようなコーティング性能がお勧めです。

車の塗装の知識が豊富で磨きコーティング施工経験台数も多い技術者がいるお店が安心して施工出来ます。

車の寿命が長くなった昨今、メカニカル的な部分のメンテナンス同様に車の塗装も長く綺麗にされるためには防汚効果の高い防汚撥水ガラスコーティングがお勧めです。

撥水と親水コーティング

撥水は一時期悪役でしたが現在は主流になりました。親水がもてはやされた時期は15年ほど前の光触媒の時期です。

この時は太陽光に当たることで親水表面になり汚れ共々水まで流し綺麗に維持できるというものでしたが大気中の油分汚れに徐々に犯されていつのまにか撥水傾向に・・・

現在では撥水で保護するガラスコーティング剤が多く見受けられます。しかしながらWaxや溶剤を沢山含んだ市販の撥水ガラスコーティングでは雨シミになる傾向にあります。

プロが選んだ本物の撥水コーティングを御一考ください。

念願の車を購入
中古車、既販車の塗装面を長く綺麗に!

10年10万キロでも十分にまだまだお乗りになることが出来る時代になりました。車の塗装面は途中途中できちんとプロのメンテナンスをされたものは綺麗を保たれておりますが新車時以降一度も車磨きのプロによる施工を受けていない塗装面は荒れています。

1度愛車の塗装面を知識のしっかりとした車磨きのプロによる磨き施工を受けて長く綺麗に保ちましょう。きちんとした下地処理と塗装面を長く綺麗に保てるように最新のガラスコーティングで塗装面を守られてください。

長寿命になったクルマを綺麗に再生

機関などは部品交換やオイルコンディションなどを替えれば生き返ります。ですが車の塗装面は適宜メンテナンスをされてこなかった場合相当痛んでおります、ですのでタイミングを見計らってリセット磨きとコーティングでリフレッシュがお勧め。10年以上の長寿命化した車、大事にすればずっと長持ちします。

現代の車は
長寿命になりましたがメンテナンスは必要!

距離を乗られても乗らなくても一定時期にオイル交換は有効な作業です。タイヤの空気圧も定期的に点検をしませんと減っていて性能を発揮できなくなりますのでご注意ください。

また綺麗な空気を吸い込むためのエアーフィルターも都市部をよく走られる方は汚れますので清掃又は交換が必要です。ブレーキフルードも定期的な点検と交換が必要です。

車は電気で動きますのでバッテリーの点検も怠らないようにされ、性能がきちんと発揮できる状態にされてください。

特に冬場と夏場はエアコンや熱線、シートヒーターなどを多用しますので電気を大量に使いますのでバッテリーの性能点検は季節毎に必須です。

車の塗装面のメンテナンスも汚れを堆積させずに早め早めの洗車をされて汚れを堆積させないように心がけましょう。

バッテリーが無いと車は走りません

バッテリーは日々過酷な状況に置かれていますのでメンテナンスは必須です。専用テスターなどでバッテリーの健康診断をされて良い電圧、良いCCA値で車の調子を整えてください。特に夏場エアコンを使い出したとたん突然調子悪くなるケースは多いので注意が必要です。

車磨き
経験豊富な熟練の技能者がいるお店、専門店が安心!

車磨きはとても緻密な作業です、車の塗装は限られた厚みしか有りませんので出来るだけ無くさずに最高の状態にしなくてはいけません。削りすぎにも注意が必要ですが車のデザインであるキャラクターラインの上を削りすぎることを考えていないの下地処理技術も不安要素になりますので注意が必要です。

一定以上の経験と作業環境があり愛情を注げることが出来る車磨き技能者がいるお店を選びましょう。車の磨きとコーティングの融合により最高の状態をご提供出来ます。

どちらが欠けても良い状態にはなりませんので熟練の技能者がいる専門店が良いでしょう。

車の塗装面に磨きには専用機材が必要

車の塗装面のクリーニングには塗装膜圧を測る膜圧計、必要な照明、密閉された空間などが必要です。密閉された空間で塗装面を良く把握するための照明、状態確認後に磨きとコーティング施工するための数々のマシーンと液剤は必須。

塗装面
クリーンに保つ為のの洗車は手洗い洗車が有効!

車の塗装面にコーティングをしてもWaxをしても洗車はしなくてはいけません。その際に重要なのは出来るだけ塗装面にダメージを与えずに洗車が出来ることです。

固いブラシの洗車機などはお勧めいたしませんが洗車のプロが行う手洗い洗車はお勧めです。

色々なメーカーの塗装の特徴をつかみ専門店などのボディコーティングなどにも理解が有り自社でコーティング作業もされるのであれば塗装面に傷を出来るだけ入れない作業を心がけてくれる知識があるでしょう。毎回同じ方をご指名できるとその洗車は安定した作業の洗車になり安心度が増しますね。

洗車のコツ

ご自分で洗車される場合のコツ。太陽の高い時を選ばずに早朝か夕方の日が当たらない時間がお勧めです。

ボディが大きく洗車に時間がかかる場合はボディ上面から洗車されるのでは無くサイド面からの洗車の方がボディが乾きにくくサイド面から洗い上面に行くことで水分が乾く部分が少なくなり最後は上面の洗車をするので乾いた部分が少なく水跡のリスクが減ります。

アルミホィールコーティング
汚れをこびりつけないのでとても洗車が楽に!

車のアルミホィールは近年では純正で既にアルミホィールが装着されている事が標準化してきました。しかしながらクリア塗装の表面はだいぶ塗装が薄くなかなか綺麗を保てません。

そういう時にはホィールコーティングがお勧め。

車のボディの場合はボディ塗装面、ウィンドーガラス面に対して撥水コーティングを行うガラスコーティング、アルミホィールに対して行うホィールコーティングが大変有効。

新車時に施工するのは最もオススメ、長く綺麗を保てることが出来ます。

ブレーキダストは放置しない方が良い?

ブレーキダストの放置は黒いブツブツが固着して徐々に固着します。洗車が出来ない場合でもホィール表面を軽く拭き上げておくことで固着を半減できます。とにかく放置しないことが大事です。

車のウィンドー
ガラスコーティングは安全運転のための視界を有効にします!

車のウィンドーは名にもしない素のままですと撥水もせず親水にもならず半端な状態に成ります。雨の日の油膜は大変視界が悪く、大雨や対向車のしぶきで一瞬視界を失ったりしますのでウィンドーガラスコーティングは大変有効で安全に繋がります。

プライバシーガラスの場合は色が黒く付いているのでシミになりやすく、フロントウィンドーガラスの下部の黒い部分もシミになりがちな部分です。

それらに対してガラスコーティングにより撥水をさせることによりシミを大きく防ぎ、視界を確保いたしますのでお勧めします。

視界確保のためにはワイパーブレードを撥水コーティング用のものに交換されるなどいたしますと長期間ウィンドーガラスコーティング撥水性能を長期間保てます。洗車の時も拭き取りが楽になります。

ウィンドーガラスを市販品のコーティングをする場合

ウィンドーガラスの汚れを落とすべく油膜取りでウィンドーの汚れや、以前使用していたガラスコーティングを剥がして綺麗に元のガラスの素の面がでるように仕上げます。

その後円を描くようにして丸でムラ無く塗っていき、最後は全部水の流れる方向例えばフロントウィンドーであれば上下に塗り仕上げてください。上下に水の流れの癖を想像されて仕上げてください。

ボディに
ガラスコーティングは長期間に渡り綺麗を維持できます!

Waxなどの油脂分、市販コーティングの溶剤系のコーティングなどは油脂分を持ってして効果を保たてたりします。熱に弱く長期間の効果をあまり望めないので年に何度もかけないといけませんから大変です。

専門店などの車のガラスコーティングはきちんと下地を作りその効果と相乗効果でガラスコーティングの効果を最大限にします、熱で溶け出したりとかはありません。

長期間綺麗を保ちたい方、洗車時間を短くされたい方、車をとても大事にされる方にはお勧めでございます。近年のガラスコーティングは化学から生まれた本物の防汚効果の高い深みのある艶、長期間の効果があります。

最新ガラスコーティングは

黎明期のポリマー加工と呼ばれた時代に比べますと飛躍的に性能が向上しました。ポリマー加工時代から事業をされている業者さんの下地処理と現代の業者さんとの違いは下地処理の方法です。旧来工法では現代のコーティング液剤の下地処理にならないのです、ご注意ください。

車の塗装面
下地を作りガラスコーティングで塗装表面を守ることが出来るのです!

車の塗装の下地処理をする場合は環境がとても大事で、街道沿いの屋外の風の吹きさらしなどの環境はNG。やはりきちんと密閉された環境が必要になります。

照明環境も実は照明数が多ければ良いものでもなく、種類も多ければ多い程良いものとも限りません。適宜と言うことが大事な事です。

ガラスコーティングの際の下地処理で大切なのはガラスコーティング前の下処理ですのでより多くの下地処理の経験と作業に対する造詣が必要となります。

ガラスコーティングに対しての造詣が深く経験台数も必要とします。コーティングそのもの性能ばかりではなくガラスコーティング前の適切な下地処理はとても大事なのです。

下地作りの免許制度は無し

車の免許は資格取得と更新はありますが車磨きとか、コーティングには公的には定められていません。それぞれの独自の方法をとりサービスを提供するのですが、それが実にまちまちです。公的免状制度に出来れば良いのですがこれは現実難しい状況。

色々なガラスコーティングやガラス系コーティングが存在する中それぞれのコーティングの下地処理方法が混在します。やはり経験豊富な現実環境での試験が繰り返されたコーティングの結果を追い続ける業者さんがお勧めでございます。

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

車をいたわり長持ちさせる、ボディの塗装面を痛めない知識 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ