車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

自動車の楽しさ

 ブログ, 2010/10/28

それぞれ 色々な人生があるように 自動車の楽しみ方も色々とあると思います。
音にこだわる方
足にこだわる方
色にこだわる方
室内にこだわる方
特定の車種にこだわる方
新しいモノにこだわる方
色々ですね。
今回は色のお話
以前シンガポールに渡り、ペナン島に行ったときに感じたこと。
車の色が、原色というか何というか、日本人の好みの白 純白な色はほとんど走っておらず、緑の濃いのや、赤いメタリックとかの濃い色 しかもどぎつい系が多いのには驚いたものである。
たぶんテレビで見る限りタイなんかもそうなのだと思う。
日本人は白パールとかスーパーホワイトが好きな方は多いのだと思うが タイとかシンガポールなどの暖かい国は何故が白がお嫌いなようで どうにも気になり、色々と聞いてみた。
するとどうだ 白は 色じゃないと口をそろえていうのだ。
どういう事かというと 白は最終の塗装ではないというのだ。下地の色、仕上がりではなく塗装の途中の色であって最終形ではないと思っているらしく。
何故日本では白が多いと不思議だといっていた。
なので下地の白に 上から濃い色のメタリックとか塗ると高級なのだそうだ。
一時期日本で輸出をしていた外人なんかも、色つきじゃないと売れないんだよ とこぼしていたのだ、ようするに白い車は安っぽい車なのだそうで、色がみっちりと入って濃い色だと高級に見えるそうで国民性の違い、気候風土の違いかと。
なので白いクラウンなど 不人気 古めのW124グリーンメタリックなど大人気だとか。
世界って広いですね〜(笑) 

 ブログ

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

自動車の楽しさ 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ