車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

ダウンサイジング?!

 ブログ, 2010/10/06

最近よく耳にする ダウンサイジング
車は特にデケーのは流行らず 大馬力 大排気量主義の時代ではなくなったと、ささやかれて久しい。
だが どうだろう、極端に大きいのはおいていても、標準サイズ(むかしならサニー 大きくてもマーク2クラス)ならばもはや大きいとは言わないだろう。 
燃費が悪いことが巨悪で、満タン法でリッター10キロ前後も走れば「燃費悪い」とは言われにくいと思います。
ところがだ リッター5キロとか の一ケタの中くらいが 極端に蔑視される。
何故か? プリウスとかが平気で20キロとか走るからだろう。
その場合どうしたらよいか、5リッターV8でも燃費が良ければ 悪者扱いされるだろうか。
大きさはE46クラスのセダン程度以下の大きさでいままでは7キロとかだったのを3倍のリッター20キロクラスに仕立てて、クゥオ〜〜〜〜〜ン と唸ったら 楽しいのでは。
今の技術で出来ないのだろうか。
マツダの凄いのでは?! といわれているエンジン技術 本当ならば スポーツカーにフィードバックして、トヨタのハイブリッド技術の融合でおもしろくインタレスティングなエキサイティングなクルマが出来そう。
普通車を小さくして小振りな小粋なクルマよりも インプレッサのような4ドアでスポーツから実用までカバーするような売り方の方が親しみやすいのでは、現在は車種が多すぎるとも感じます。
税金ももっと排気量とか使用都市とか色々な枠を決めて負担の公平性も考えて欲しいような・・
田舎でクルマ需要で必要が明らかな地域では税金は設定を変えればよいだろうに。
思い切った色々な自動車の税金とか、枠組みを変えていないと 自動車はいよいよ下駄になり 最後は 現在のバイクのように現象一方なりゃしないかと心配です。
一頃のバイク人口から比べて現在は 相当寂しい限り。
デパートが困窮し、色々な業態が変わり どんどん変化してますが、クルマは適正サイズで「夢」のあるモノでいて欲しいです。

 ブログ

おすすめ記事

前の記事
オフィスフォーMac2011
次の記事
期待大

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

ダウンサイジング?! 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ