車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー

新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

無料見積/施工予約

スクーター いや〜調子ええわい

 ブログ, 2010/09/21

マフラー換装後
期待が高まる中、いよいよノーマルの味見。
その前に排気バルブのお話。
昔のバイクなどにはそんなものなど無く、音やガスはじゃじゃ漏れ。社外品に変えているときゃ〜 臭いわ、音でけーはで 気が引けること 引けること。
今回のシルバーウィングは純正で排気バルブが付いておいるので、始動時は 中間のパイプの部分でバタフライのようなものが閉じており、排気を妨げてくれるので、音も静か、早朝や深夜なども迷惑一つかけないでgood。
そんなもの二輪では、ましてやスクーターでは見ていなかったので、装着に手間取りました。
フェラーリなどは手元のスイッチで排気バルブのバタフライの開け閉めが出来て暖機運転とかを快適に出来る社外マフラーもあるので良いとわかっていたが、果たしてバイクはどうなのだろうと思ったら、やはり重宝する。
もちろんだが始動後はアクセルをひねるとバルブが前回になり、すいすいと加速をし音も若干だが大きくなるも、静か。
社外品の音のでかいマフラーは市街地での混んでいる場所とか、裏道では 音で自車をアピール出来るので安全と言えば安全。こちらを否が応でも認知してくれるので、安全この上なし。iPodなどのプレーヤーをカナル型で聞いている輩には音でのアピールはないので注意が必要。近づいてもわからないのだ。
そんなときには大排気量のツインなどは 効果てきめん。身体に振動で感じるのだ。
そういった骨伝導タイプの音 低周波というのか そういうのをプリウスとかにつけても良かったのではと思ったりもする。多少耳が遠くても身体で感じるので安心かと。
やがて自分も そうなるときは来るであろうから、やや シュミレーションをしたりもする(苦笑)迫り来る車に気がつかなかったときの事。大きな音では迷惑だし、小さいと聞こえにくいし。でもしかしコレも色々と問題があるのでしょうね。
ということで マフラーをノーマルに戻し、いざ出陣。
アイドリングは超静か。 まるでかかっていないか、ストールしそうな感じである。
だが鼓動は強く、しっかりしている。
またがり左右確認後 アクセルオン!
「おおおぅ ナチュラルだーーーー」
爽快爽快 私の知っているバイクの快感の部分は これです。
握ったアクセルを 廻したときのリニアな感じと ニュートラルな戻し具合。
これがないと、右折左折も、旋回もギクシャクする、意のままに動いてくれないのだ。
動いてくれたとしても、底力が違うのである。ややもすると旋回中は旋回どころか失速感がありアクセルを廻しても追いつかない感覚に襲われるのである。
この感覚的な部分、ヒョイと廻したときに アクセルのつきが良かったり、 コーナーで 寝かせる感じの癖がつかめていると 気持ちよくなる まさに人馬一体という感覚なのである。これが 大きくても小さくても このフィーリングが大事で、またいでシックリ感、ひねってシックリ感、止まって安心感。これとても大事であります。
ノーマルマフラー戻したのは大正解、というか ほとんどの社外マフラーで乗りやすくなることは少ないので(最高速重視とか、中速重視とかではなくトータルバランス的に見て)ノーマルは好きである。 重い部分をクリアしていただくと更にうれしいが、そんなノーマルマフラーは見たこと無し、しかも純正部品は 数が出ている割には バカ高い。
ということでしばらくはノーマルマフラーで ナチュラルな感覚を味わいつつ、 今度は タイヤ交換で悩んでみたいと思います。 さてさて ・・ その次は マロッシか輸出用の24g前後の (笑) 

 ブログ

おすすめ記事

無料見積/施工予約

無料見積/施工予約

スクーター いや〜調子ええわい 新車におすすめ!徹底した洗車・下地処理・磨きとカーコーティング。

Copyright©車コーティング専門店東京ポリッシュファクトリー, All Rights Reserved.

▲ページ先頭へ